1. トップ
  2. 燻製ベーコンや照り焼きケバブも!大阪・阿波座「ジューシーズラボラトリー」の極厚サンド18種類全部見せ!

燻製ベーコンや照り焼きケバブも!大阪・阿波座「ジューシーズラボラトリー」の極厚サンド18種類全部見せ!

  • 2019.10.28
  • 895 views

東京の有名サンドイッチ店で腕を磨いた斎藤慶子さんとケバブの移動屋台をしていた斎藤友樹さん夫婦が営む専門店「Juicy’s Laboratory」。「サンドイッチを主食に!」をコンセプトに、たっぷりの野菜とこだわりの具材を組み合わせたサンドが豊富にそろう。極厚サンド18種類メニューをすべて公開!<※情報は関西ウォーカー(2019年19号)より>

【写真を見る】2.カリーチキンサラダサンドイッチ(850円)/Juicy’s Laboratory

極厚×味のバリエーションで人気急増!「Juicy’s Laboratory」

「自家製コンビーフなど家ではなかなか作れない具材のサンドをそろえています。電話予約なら確実にお渡しできますよ」とサンドイッチ担当の斎藤慶子さん。

1.クラブハウスサンドイッチ(900円)/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA

グリルドベーコン、卵焼き、チキンケバブ、ロースハム、シャキッとした歯応えの野菜をはさんだ贅沢サンド。味の決め手は酸味の効いた粒マスタード。肉の旨味を引き出し、具材をまとめ上げる。

【写真を見る】2.カリーチキンサラダサンドイッチ(850円)/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA

特製のカレーソースで和えたチキンが主役。レーズンも入っているので、スパイシーな風味の中に芳醇な甘味が広がる。トマトやアボカド、タマネギなど新鮮な野菜も豊富でボリュームも満点!

3.自家製コンビーフ(1000円)。おすすめの追加具材はパインアップル/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
4.燻製ベーコン(900円)。アボカド1/2個サイズ(200円)を追加しても相性抜群/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
5.和風出汁巻き(850円)。ジューシーでボリューム満点/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
6.スパムエッグ(850円)。アボカドを加えるとまろやかに/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
7.海老アボカド(1000円)。追加ならたまごサラダ(100円)が好相性/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
8.アスパラと生ハム モッツァレラチーズ(1100円)。サラダ感満点!/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
9.たまごツナサラダ(800円)。ツナがコクをプラスしてくれる/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
10.ローストハムチーズ(800円)。目玉焼き(100円)を追加でさらに極厚!/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
11.フライドフィッシュ(850円)。ホクホクの魚とレタスの食感が合う/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
12.ベジタブル(850円)。6種類の野菜がとれる最強メニュー!/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
13.とんかつ(1200円)。厚切り肉から出る旨味がたまらない!/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
14.アップルチーズ(750円)。ピーナツバターやクルミ入りのおやつ系/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
15.ジューシーズケバブ(850円)。自慢のケバブも味わえる/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
16.照り焼きケバブ(900円)。甘いタレをまとった肉がジューシー!/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
17.ツナアボカド(900円)。グリルドベーコン(200円)を追加がおすすめ/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
18.ローストバジルチキンとチーズ(1050円)。肉×チーズの黄金コンビ/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
野菜やハムなどが入ったトレイから手際よく具材を取り、重ねていく。作る手元が見えるのも楽しい/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA
靱公園に面した絶好のロケーション。買ったあとは公園でほおばって。デリバリーにも対応/Juicy’s Laboratory
KADOKAWA

■Juicy’s Laboratory<住所:大阪市西区靱本町2-6-15リノチェロンテ1F 電話:06-7508-5684 時間:11:00~19:00 休み:月曜 席:なし 駐車場:なし アクセス:地下鉄阿波座駅より徒歩4分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

元記事で読む