1. トップ
  2. 鏡を見るたびにうんざり…シミをレーザーでとることを夫に反対されています【お悩み相談】

鏡を見るたびにうんざり…シミをレーザーでとることを夫に反対されています【お悩み相談】

  • 2019.10.27
  • 4485 views

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

補正ナシ!39歳がプチプラコスメで「シミ隠し」にチャレンジ!

今回はシミを消したいのに旦那様に反対されたという「ボタン」さんのお悩みです。

KADOKAWA

◆相談者プロフィール

ボタン(40歳女性)

結婚15年目、パートをしながら子育てをしています。

お悩み相談

私は色白なほうなので、小さなころからソバカスが目立って仕方がありませんでした。小学生のときにはソバカスをからかわれ、中学生になってお小遣いでサプリメントを買って飲んでも効果はなく、辛い思いをしてきました。高校になってようやく化粧をするようになりましたが、すべてのソバカスは隠しきれるわけもなく、一生つき合っていくしかないんだなと絶望した思い出があります。

そして40歳。ソバカスは濃くなり、シミは増え、鏡を見るたびにうんざりしてしまう量になりました。化粧をしても全く意味がないように感じられます。また、シミソバカスのせいで、実年齢よりも老けた印象になっている気もします。

そんなとき、ママ友がシミをレーザーで取りました。ほんとにきれいになっていて、詳しく話を聞くと、数万円ででき、痛みもほとんどなかったとのことでした。こんなことなら早くとっちゃえばよかったよ、という一言を聞き、私もしようと思いました。これで、40歳にして憧れの美肌になれるかもしれない!とワクワクして、夫が帰ってきてから相談すると、反対されました。別にシミソバカスぐらいあってもいいじゃん、とのことです。

昔から夫は、髪の毛を染めることやピアスを開けるどころか、化粧をすることも好まない人です。自然体が一番という考えで、私がすっぴんでいようが、シミソバカスが増えようが何も気にならないと言ってくれます。その気持ちは大変ありがたく、嬉しいのですが、私はきれいになりたいし、いつまでもきれいでいたいのです。

化粧の時間を短縮できて薄化粧になれるなどメリットを話してはみるのですが、首を縦に振ってくれません。勝手にやってしまうこともできますが、その場合、夫の気持ちが冷めてしまいそうで不安です。

どうしたら、夫を説得できるでしょうか?

外見のためではなく内面のためだと話してみましょう

ソバカスも、ソバカスとつきあってきたあなたも、ありのままを愛している旦那様。そんな彼に賛成していただくことはとても大切ですね。

誰かのために見栄えをよくしたいわけではなく、あなたの人生のために悩みから解放されたい旨を伝えてみましょう。シミソバカスから解放されれば、気持ちが楽になりますよね。「きれいになる」のが目的ではなく、「きれいになる」ことによってこれまで以上に前向きに生きられそうだということを話してみましょう。

旦那様にとっては「シミソバカスくらい」かもしれませんが、あなたにとってソバカスは幼い頃からずっと悩みの種だったわけです。ソバカスに関する苦労を旦那様に理解していただくとともに、専門家に相談して安全性を確かめたり、資料を用意したりして、レーザー処置に関する情報を充分に集めてください。

旦那様のこだわりや心配にも耳を傾け、情報を共有しながらお互いに納得いくまで話し合ってみましょう。

◆回答者プロフィール

CANDACE(キャンディス)

1977年生まれ。アートセラピスト。幼稚園・小学校教諭、心理系資格有。(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む