1. トップ
  2. 恋愛
  3. デートで全部おごってはもう古い?今どきカップルのお会計事情

デートで全部おごってはもう古い?今どきカップルのお会計事情

  • 2019.10.27
  • 8805 views

彼氏とのデート費用について悩んでいる女性は、実は多いです。今どきカップルの付き合い方を参考に、彼との関係を見直してみてはどうでしょうか。

お金を稼いでいる方が多く払う

カップルといっても、職業の違いや年の差があったりすると、収入面がバラバラになることもあるでしょう。そんな時、男性だからと言って全部おごっていれば、当然彼の負担が大きくなってデートするのが大変になってしまいますよね。

せっかくのデートも楽しい雰囲気でいられなくなる可能性がも出てきます。そのため男女関係なく、お金をより多く稼いでいる方が相手の負担を考えてデート費用を多めに出しています。

分担してお金を出す

男性が食事代を払ってくれたとしたら、カフェやコンビニでかかったお金は彼女が出すなど、デートの中でもお互いが分担してお金を出すようにするカップルも多いです。

いつも彼氏が高いお金を払っていると思ったら、時々食事代を出すなどして彼氏にばかり負担をかけないようにすることが大切です。

共通のお財布を作る

デートでのお金について彼氏ともめたくはないですよね。そんな時に、共通のお財布を作ってそのお金からデート費用を出すとケンカにならずに済みます。お財布に入れるお金は、半分ずつだったり、お互いの収入を考えて割合を変えていくのもいいですね。

ひとつのお財布からお金を出すことにより、一ヶ月のデートでどれくらいお金を使っているのかもお互いが分かって便利です。支出が大きすぎたと思ったら話し合って節約することも、ふたりの仲を深めてくれます。

割り勘にする

食事やふたりで使う物を買った時の会計は完璧に割り勘にする方法もあります。同い年のカップルなどは割り勘にすることで、お互いに不満を抱くこともなくスムーズに支払いが出来るでしょう。

また、最初から割り勘を分かっていることで、お会計の時にどっちがお金を払うのか気にしなくて済むため、気持ちが楽になるメリットもあります。男女関係なく、平等にしたいと思っているカップルの割合が多いのが、今どきの付き合い方に繋がっているのでしょう。

オリジナルサイトで読む