1. トップ
  2. グルメ
  3. ついつい長居してしまう♪都内のリノベーションカフェ5選

ついつい長居してしまう♪都内のリノベーションカフェ5選

  • 2015.4.3
  • 11367 views

もともとは倉庫や蔵、アパートとして使われていた建物を、レトロな空気感を残しつつカフェとして改装したリノベーションカフェ。おさんぽ中に見つけると、ついつい気になってしまいますよね。 今回は都内でおすすめの居心地の良いリノベーションカフェを5つご紹介します。

ふわふわのホットケーキにファン多数の喫茶店「cafe CONVERSION 千住二丁目店」

「cafe CONVERSION 千住二丁目店」は、大工仕事が大好きな店主の伊能大樹さんが築110年以上の蔵を自らリノベーションし、2011年にオープンした喫茶店です。お店自慢のふわふわのホットケーキが人気を集めています。

建築事務所が営む古民家喫茶「なんてんcafe」

古い建物を自分たちでリノベーションした、建築事務所ならではの素敵な空間が広がる「なんてんcafe」。手づくりのおいしいランチやカフェなど、豊島区要町の建築事務所「吉川の鯰」が運営するtowncafeとして地元に根ざした食のスタイルが好評です。

「爬虫類館分館」という名前が気になります!今、注目のイースト東京・京島の長屋を改装した喫茶バーへ

「爬虫類館分館」は、日替わり店長が看板を持ってお店を開く、ユニークなスタイルのお店です。いつも地元のおもしろい人でにぎわい、自然と仲良くなれる、そんな場所です。

手づくり感あふれる店内は、築80年以上の長屋をリノベーションしてつくられていて、不思議なおもちゃや置物がいろいろと置かれた、大人の秘密基地のような空間です。

馬喰町にゆったり居ずまいたくなる「イズマイ」

馬喰町の人気店「フクモリ」の姉妹店として、2012年8月にオープンした「イズマイ」。淹れたての珈琲と、熱々のパイがおいしい、ブックカフェ。

空き倉庫をリノベーションし、こだわりのアンティーク家具がしつらえられた店内は、クリエイティブな人たちの感性を、ビシバシ刺激しそうな、おしゃれな空間です。

築50年のアパート「深田荘」が、かわいらしいカフェに生まれ変わりました

「fukadaso cafe(フカダソウカフェ)」は、解体寸前だった築50年のアパート「深田荘」を改装し、誕生させた複合施設「fukadaso」の1階にあるカフェ&レンタルスペースです。話題のサードウェーブコーヒーの日本初出店などコーヒーの新たな聖地として注目を集める、清澄白河の憩いの場となっています。