1. トップ
  2. ファッション
  3. 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』2015年7月公開、シュワルツェネッガーがカムバック

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』2015年7月公開、シュワルツェネッガーがカムバック

  • 2015.4.3
  • 779 views

全世界のファンが待ちわびた最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が2015年7月10日(金)に日本公開。本作待望の初映像が解禁され、衝撃のストーリーと謎の一部が明らかになった。

2029年、人類とマシーンたちとの熾烈な戦いが繰り広げられている未来。自分を産んだ母、サラ・コナーの命を守るため、ジョン・コナーは信頼できる同志カイル・リースを過去に送る。『ターミネーター』(84年)と同様、タイムスリップしたが、何かが違う…。か弱いはずのサラは逞しい女性戦士に変身を遂げ、T-800は彼女の守護神となっていた。という、シリーズで描かれた全てのタイムラインがリセットされ、『ターミネーター』の世界が変化する驚きの展開に。

少女時代のサラに起きたことが影響を及ぼし、全ての時間軸はリセットされ過去も未来も変わってしまっていた世界で人類滅亡へのカウントダウン「審判の日」は設定されてしまうのか。また、サラ・コナーを抹殺するために未来から殺戮マシーンのターミネーター(T-800)が送り込まれるが、そこには既に同型ターミネーターが待ち受け対決するという、新旧のシュワルツェネッガー扮するターミネーターの衝突も見どころだ。

さらに、悪役T-1000型ターミネーターにはイ・ビョンホンが抜擢。新たな設定が加わる続編でもリメイクでもない、まさに“新起動”されたターミネーターに期待が高まる。

7月5日(日)には、アーノルド・シュワルツェネッガーとエミリア・クラーク本人が来日し、記者会見に登場。2人は「この映画は、アクション以上に、T-800とサラ・コナーの関係の描かれ方に期待してほしい。」と話していた。

【作品情報】
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
公開時期:2015年7月10日(金)
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)、エミリア・クラーク(サラ・コナー役/「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)、ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー役/『猿の惑星:新世紀』)、ジェイ・コートニー(カイル・リース役/『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)、
イ・ビョンホン(T-1000役/『G.I.ジョー バック2リベンジ』)ほか
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.