毎月の食費に悩んでない?  こうすれば無理なく節約できる「楽しい節約術」5選

「え、こんなに使ったの!」と驚いてしまう毎月の食費。どうしてこんなに、食費が高いのかな~と考えてしまうことってありませんか? とはいえ、無理に食費を削って、おいしくないものを食べるのは嫌なものですよね……。さらに忙しくて料理に手間をかけられないし。と食費を節約できない方も少なくないはずです。そんなときには、無理なく賢く、しかもおいしく食費を抑えられる節約術を取り入れてみてはいかがでしょうか? 今回は楽しくできる節約術をご紹介します!

1.季節のもの「旬の食材」を買う

まずはお買い物からスタート! 今日は何を買おうかな……そんなとき、「旬の食材」を買うことも節約術のひとつ。旬のものは一番値段が安く、また栄養価も高いので、美味しく節約できる救世主。今はどんなものが旬なのかな? とチェックしておくことも大切です。スーパーに行った際には旬の食材を意識して、買い物をしてみましょう。逆に季節外れな食材は高くつくので、注意して。

2.買い物したあとは「小分け作業」する

まずはお買い物のあと。食材を買ったとき、まずしておきたいのは小分け作業です。お肉を買ったら「今日はこれくらい食べる」「明日は」と量を考えて、一回分に小分けして冷凍庫にしまいます。明日使うよね~と冷蔵庫にしまってうっかり腐らせてしまう……なんていう失敗を防げますよ。忙しいときには、お休みの時に一週間分まとめておくのもオススメです!

3.食材は、基本「使いまわしできるもの」を使う

食材を買った後、すぐにダメになってしまった、半分食べて捨ててしまったなんて経験がある方も多いですよね。食材を節約するためには、使いまわし&持ちが良い食材を取り入れることが大切です。鶏肉、豚肉は冷凍すれば、いろいろなお料理に使えます。ご飯、パンも冷凍して保存、毎朝のごはんにすると便利です。

4.あまった夕食は、必ず「冷凍保存」

食べきれずにあまってしまった夕食メニュー、そのまま捨てていませんか? 冷凍保存しておけば、無理に明日のお昼に食べる必要はありません。残しておいて、別な日のおかずとして出したり、アレンジして別メニューに変身させることもできます。残り物を上手にアレンジして、食費を節約しましょう!

5.食事を作るときは、家にある食材が基本

「今日はご飯をつくるぞ~」というとき、すべての材料を買い足していたら、食費がかさんでしまいます。残り物を使って料理をつくることを基本にして、必要な分だけ買い足すという流れを基本にすれば、上手に食費を節約できます。まずは、お買い物の前に、家にあるものを思い出して「何がつくれるかな?」と考えましょう。レシピサイトを利用して「鶏肉 キャベツ」などで検索すれば、残り物が大変身。料理のバリエーションも増えますよ!

まとめ

これらの方法なら「節約している」という惨めな感じにも陥らず、楽しく食事ができるはずです! 上手に節約しながら料理を楽しみましょう!

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。