1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【亜麻仁油ダイエット】方法や注意点を専門家が解説!

【亜麻仁油ダイエット】方法や注意点を専門家が解説!

  • 2019.10.25
  • 975 views

亜麻仁油をご存知ですか?「油」というと何となくダイエットの天敵と思われる方がいるかもしれません。しかしその逆で、ダイエットに効果的なのだとか!今回は亜麻仁油の特徴やダイエットに効果的な理由をはじめ、具体的な方法や注意したいことについて詳しく教えていただきました。

亜麻仁油ダイエットとは一体?

亜麻仁油とは、アマ科の植物が原料となり作られた油のこと。食料以外にも塗料やインクなど、多方面で活用されています。

亜麻仁油ダイエットでは、亜麻仁油をドレッシング代わりにかけて摂ることで、体内の炎症を抑えて自律神経・腸の状態も整えていきます。その結果、イライラやアレルギーなどを予防し、体調を整えることにつながるのです。

亜麻仁油の特徴

油には、常温で固形の「飽和脂肪酸」、常温で液体の「不飽和脂肪酸」があります。また不飽和脂肪酸のうち、体内で作れる脂肪酸と、作れない「必須脂肪酸」があります。

必須脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」に分けられます。背の青い魚や亜麻仁油などには、DHA、EPA、αリノレン酸を多く含む「オメガ3脂肪酸」が含まれているのが特徴です。

オメガ3脂肪酸は、炎症の抑制や血栓の防止、血管の拡張やアレルギーを抑制すると言われています。

亜麻仁油がダイエットに効果的といわれる理由

体の炎症を抑制してイライラなどのストレスを軽減

腸などに炎症があり、アレルギーがあるなど体調が落ち着かない場合には、精神的にもイライラして落ち着きません。

亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)の効果によって体内の代謝がスムーズに行われ、炎症なく自律神経が整うと、心身や食欲も落ち着いていきます。

血流を促して血管を拡張し血圧を落ち着かせる

亜麻仁油には、血流を促す効果が期待できます。血流がスムーズに流れることで血管を拡張するとともに、血圧を落ち着かせることが可能に。

代謝がよくなれば、血流が悪いことによる老廃物の滞りや冷え、内臓の働き低下を防ぐことにつながります。

亜麻仁油ダイエットのやり方を紹介!

亜麻仁油ダイエットは、亜麻仁油をサラダにかける方法だと手軽に取り入れやすいです。この他、スープや納豆にも少量垂らすなど、加熱せずにこまめに使ってみてください。

マーガリンやショートニングは、人工的に固形化したトランス脂肪酸を含む油のため、避けたほうがいいでしょう。またサラダ油は、炎症を促進する作用があるため、できれば減らすこともポイントです。

使う油のバランスに気を付けて、背の青い魚などは種類を変えつつ積極的に摂るといいですね。

亜麻仁油ダイエットをする際に注意したいこと

亜麻仁油のカロリーは、普通の油と同様で高いものです。亜麻仁油を摂る分、糖質を減らすなど工夫しましょう。特に糖質や質の悪い油(酸化した油など)からのカロリー超過にならないようにすることが大切です。

また、亜麻仁油は熱に弱いため、熱を加えずに使うことを覚えておきましょう。もし加熱する場合は、オメガ9系のオリーブオイルを使うことがおすすめです。

亜麻仁油をうまく使ってダイエットにチャレンジ!

亜麻仁油には、青魚などと同じくオメガ3脂肪酸が多く含まれています。血液をサラサラにしてくれることで高血圧や動脈硬化などの予防、免疫機能などにも効果が期待できるのが魅力です。それぞれの良い点が結果、ダイエットにもつながります。日頃から別の油を使っている場合には、一度亜麻仁油を食事に取り入れてみましょう。

この記事の監修者

美宅 玲子

中学から大学まで陸上競技に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢や効率の良い体の動かし方に興味がある一方、メンタルの繊細さもあり摂食障害になってしまう。大学卒業後に小学校教員となるが、「いい先生であろう」と無理を重ね、うつ状態のため2年半後病休を取る。2004年に趣味で通っていたスポーツクラブに転職し、ヨガ・ピラティスに出会い、インストラクターとなる。ヨガ・ピラティスと興味ある分野を活かせる仕事のおかげで心の病と腰痛を克服する。

ストレスの多い日常でも心身の調子を整えられる素晴らしさを伝えるため、2008年に独立しフリーインストラクターとなる。現在、首都圏のスポーツクラブ、自治体、公共施設でのサークルや個人のレッスンを受け持つ一方、外ヨガイベント、健康コラボイベントの企画実施、アロマヨガのイベントレッスン開催、雑誌監修、コラム連載、DVD発売も行う。日々更新するHP,ブログ、Youtubeのエクササイズ動画も好評である。

【著書】
「あなたらしく輝く 美姿勢イメージエクササイズ」現代書林
「こころを磨くヨガ」現代書林

元記事で読む