1. トップ
  2. グルメ
  3. 銀座のインド料理&カレー店、編集部が勝手にマトリックス!好みのカレーや飲みなど気分に合わせて。

銀座のインド料理&カレー店、編集部が勝手にマトリックス!好みのカレーや飲みなど気分に合わせて。

  • 2019.10.25
  • 1378 views

ハレの日を過ごす銀座には本格派インド料理店がそろいます。インド人シェフが本場の味を再現するレストランから、オリジナルの味を追求する店まで。縦軸で南北エリアを、横軸で飲む&食べる目的を、代表料理イラストで簡単図解!

銀座のインド料理&カレー店、編集部が勝手にマトリックス!

undefined
Hanako 編集部

【北インド】
日本人に最も親しみがあるバターチキンに代表される、生クリームや油脂を贅沢に使うリッチな味の料理が多い。ナンやチキンなどを焼いたタンドール料理も北の特徴。

【南インド】
油脂が控えめでカシューナッツでコクをつけるなど、軽やかな味わいの料理が多い。北の小麦粉に対し、南は米食文化。サラリとしたカレーと相性がいい。

【飲むのがサイコー!】
前菜やタンドール料理など、一品料理をつまみながら、ワインやビールの杯を重ねてこそ楽しいお店。ひとりで行くにも友達を誘って過ごすにも。

【この一品を食べに!】
店の看板にもなっている名物料理を置く店。その一品を目指して何度もリピートするお客がいたり、オープン前から店先に行列ができることも。

1.〈アーンドラ・ダイニング 銀座〉の「アーンドラ・マサラ・ドーサ」クレープ状の軽食ドーサは、サクッのあとにむっちり食感。

undefined
Hanako 編集部

米粉とウラド豆をペーストにして発酵後、鉄板で薄く焼き、中にスパイスで炒め煮したジャガイモが。現地のドーサコンクールで優勝した技を。

〈アーンドラ・ダイニング 銀座〉
東京都中央区銀座1-8-2 2F
03-3567-4005
11:15(土日祝11:30 )~14:30LO、17:00~22:00LO(土日祝21:00LO) 無休
54席/禁煙

2.〈インド料理ムンバイ 銀座〉の「タンドール盛り合わせ」アルコールを誘う香りと味。窯焼きの肉料理をつまみに。

undefined
Hanako 編集部

関東に18店舗を構える人気店。熟練の職人が窯でふっくらと焼き上げる「タンドール盛り合わせ」はアルコールと相性抜群。あふれる肉汁も美味。

〈インド料理ムンバイ 銀座〉
東京都中央区銀座4-8-11 B1
03-5159-4455
11:00~22:00LO(ランチ~17:00)、土日祝11:00~14:30LO、17:00~22:00LO 無休
33席/分煙

3.〈カーン・ケバブ・ビリヤニ〉の「ビリヤニ」食べれば食べるほど、スパイス香る炊き込みご飯。

undefined
Hanako 編集部

店名にも冠したビリヤニが看板。インド産長粒米と32種のスパイスを使ったカレーソースを何層も重ね、一度に5キロ以上を炊き上げる。鮮烈なスパイスの香りの虜に。

〈カーン・ケバブ・ビリヤニ〉
東京都中央区銀座8-8-11 銀座博品館6F
03-6280-6242
11:00~15:00LO、17:00~22:30LO 不定休
110席/分煙

4.〈オールドデリー銀座〉の「バターチキンマサラ」まろやかな甘さを味わう、北インド定番のカレー。

undefined
Hanako 編集部

インドの五ツ星ホテルなどで腕をふるったコックの、正統派北インド料理が自慢。不動の人気の逸品は、こっくりと濃厚で甘さとスパイシーさが幾重にも口の中で広がる。

〈オールドデリー銀座〉
東京都中央区銀座2-7-18 メルサGinza 2 4F
03-3535-0021
11:00~21:00LO(ランチ16:30LO) 不定休
60席/分煙

5.〈デリー銀座店〉の「カシミールカレー」刺激的な辛さにハマる人続出。創業六十余年の実力店の逸品。

undefined
Hanako 編集部

一番人気はサラサラとしたスープ状の漆黒カレー。芳しいスパイスに続き、スカッと突き抜ける辛さとじんわりと広がる旨みに食べる手が止まらない。甘い白米と相性抜群。

〈デリー銀座店〉
東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル3F
03-3571-7895
11:30(土日祝11:50)~21:30LO 無休
44席/禁煙

6.〈ナタラジ銀座店〉の「ナタラジカレー」自然派インド料理の先駆け。カラダが潤う料理をぜひ。

undefined
Hanako 編集部

自家農園で育てた無農薬&有機の野菜が主役。肉、魚はメニューにない。「ナタラジカレー」はソイミートをタマネギとトマトのスパイシーなソースで煮込んである。ヘルシーで美味!

〈ナタラジ銀座店〉
東京都中央区銀座6-9-4 銀座小坂ビル7~9F 1
03-5537-1515
11:30~22:30LO 不定休
100席/禁煙

7.〈ニルワナム 銀座店〉の「ランチビュッフェ」南インドにひたりたい日は、食べ放題のランチタイムに。

undefined
Hanako 編集部

カレーやワダ(米粉ドーナッツ)など、料理は日替わりで約15種。どれもがハイグレードな味わい。南インド料理入門にも。

〈ニルワナム 銀座店〉
東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館7F
03-6271-0957
11:00~14:30LO、17:30~22:00LO、土日祝は通し営業で15:00~17:30はカフェタイム 無休
67席/禁煙

8.〈タマリンド〉の「タマリンドミールス」ライスと混ぜながら食べる、南インドの定食ミールスを。

undefined
Hanako 編集部

南北のメニューをバランスよくそろえる。一番人気は、定食スタイルのミールス。ラッサム(スープ)、カレー4種など、見た目も華やかで満たされる。

〈タマリンド〉
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
03-6264-6541
11:00~22:00LO(ランチは平日15:30LO、土日祝17:00LO) 不定休
30席/禁煙

9.〈ニューキャッスル〉の「辛来飯」3代目店主が復活させた、70年以上愛されている味。

undefined
Hanako 編集部

常連だった現店主が味を継ぎ守る。野菜と果物をすりおろし、唐辛子などのスパイスを加えた複雑な辛みがクセに。サイズの違いで、「大森(小盛り)玉子付き」800円、「大井(少ない)」700円など(各税込)。

〈ニューキャッスル〉
東京都中央区銀座2-11-1 銀座ランドビルB1
03-6264-0885
11:30~16:00 月祝休
18席/禁煙

10.〈ナイルレストラン〉の「ムルギーランチ」メニュー名はランチだけど、夜も頼める名物メニュー。

undefined
Hanako 編集部

1949年創業の日本で最も歴史があるインド料理店。大半のお客の目当てがコレ。ターメリックライス、スパイスで煮込んだ骨付きチキン、マッシュポテトとキャベツがひと皿に。よく混ぜて完成。

〈ナイルレストラン〉
東京都中央区銀座4-10-7
03-3541-8246
11:30~21:30(日祝~20:30) 火休
60席/禁煙

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI, Kayo Sekiguchi text : Yumiko Ikeda)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

オリジナルサイトで読む