人間の「舌」に隠された秘密。あなたの健康状態は、一目瞭然!

あまり知られていませんが、舌は内臓の一部。それを診断する「舌診」は、中国では伝統医療としても普及しています。また、インドの伝統的な医療アーユルヴェーダにおいても「ジフワ・パリクシャー」という名で舌の診断があります。

では、舌を診ることで、どんな健康状態がわかるのでしょう?

01. ピンク色で適度な厚さ 異常ナシ!

舌本来の色であるピンクが、ほんの少し白い膜で覆われている。これが、もっとも健康的な証拠。また、厚さも口内の水分量・血液量などによって変化するため、水や血が不足すると薄くなるのだとか。

02. 極端に色が赤い ストレスを感じてませんか?

舌が赤くなるのは、熱を持っている証拠。そんな時は、精神面で何か問題を抱えている可能性アリ。 もしも「今、自分の舌が赤いな」と感じたら、自覚症状がなくとも、要注意!

 03. 色が薄く、白っぽい 血のめぐりが悪いのかも・・・

なんらかの原因で、血液循環が悪い時、舌の色は薄くなり、いつもより白っぽく見えるそう。貧血、あるいは冷え性になりかけている兆候かもしれませんよ。

04. 舌苔が心なしか黄色い 暴飲暴食に黄色信号!

舌には「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる付着物があります。それが白ではなく、ちょっと黄色い時は内蔵が疲れている証拠。
「脂っこい食べ物、アルコール摂取などを控えて!」という内蔵からのサインなのでは?

05. うっすらと歯型が見えたら ズバリ、疲れすぎ。

疲れがたまってくると、舌に歯型が残ることがあるのだとか。頑張っているときには「歯を食いしばる」なんてよく言いますが、この現象はTCH(Tooth Contacting Habit)とも呼ばれ、上下の歯がくっついている時間が長くなることをいうようです。結果として舌が歯に接触する時間も長くなり、歯型が残りやすくなるという理論。納得してしまいますね。

ところで、これらの「舌診」、科学的根拠の乏しい伝統的な診断方法だと思ったら大間違い。イギリスの「デイリー・メール」によると、現在インドでは、舌を撮影した画像を元に、遠隔診断ができるシステムが開発されるほど活発なもの。”近代医学”のひとつとして認知されているようなんです。

どうやら舌は、様々な健康状態を写す鏡のような役割を果たしているのかも・・・。もしも、自分の舌の色や状態が気になったら、カラダのケアを!

Reference:_elephant journal , Livedoor News , 祥泉針灸整骨院

元記事を読む
提供元: TABILABOの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。