1. トップ
  2. メイク
  3. ここまで仕上がりが違う!目的をもってアイラインを引こう!

ここまで仕上がりが違う!目的をもってアイラインを引こう!

  • 2015.4.3
  • 6656 views

いつの間にか一般的になっている、アイラインの法則、
“目の際に細くいれ、目尻に向かって太くしていく”・・・のに思い通りの目にならな~いっ!!
とお困りの奥二重の方、いらっしゃいませんか??

実はこの悩み、メイクレッスンにいらっしゃる方からもよく耳にするのです。

そこで!今回は、明日から早速チャレンジしやすい方法で、
「まなざしの強さをUPする」アイラインの描き方をご紹介します。

実際この方法をお伝えした方々から、メイクアップが一気に楽しくなった、というお声もいただいています。

ぜひ皆さんにもその楽しさが伝わりますように。

まずは、考え方の整理から、
ポイントは、“2W1H”

“2W1H”

Where(どこ?)
How(どのように?)
Which(どっち?) 

Where

(どこ?)

How

(どのように?)

Which

(どっち?)

です。

この法則を順に説明すると、

Where(どこ?)
どこにアイラインを引くのか。
「目頭・目の中央・目尻」と区分けし、どこにアイラインをひくと目的に合った目元になるかを考えます。

Where

(どこ?)

How(どのように?)
どのように引くのか?
目的に合ったアイラインの場所が分かったら、そこを太くするのか、細くするのか考えます。

How

(どのように?)

Which(どっち?)
どちらの特徴に合わせて引くのか。

Which

(どっち?)

奥二重は、メイクアップによって
1、二重のようにぱっちりと見せる
2、一重のようにスッキリと見せる

 

の2つの特徴が楽しめます。シーンや洋服に合わせて選んでみてください。
この考え方でこれから行うメイクアップの作戦を立てます。

今回は、“二重のようにぱっちりと見せる”ノウハウをお伝えします。

Where : 目頭
How : 太く
Which : 二重のようにぱっちりと見せる

そう、奥二重をぱっちり見せるためのアイラインの場所は、実は目頭側にあったのです。

図にすると、このようなイメージです。

目頭~目の中央に移動していくときに、少しずつ細くしていくと自然に仕上がります。

最初から太くするのは不安…って方は、まずは細く描き、徐々に太くしていくと簡単に仕上がります。
大きさを確認するときは、目をあけて左右を見比べながら行なってみてくださいね。

これまで色々なアイラインの引き方にチャレンジしたけど、なかなか思い通りのアイメイクにならなかったという方は、ぜひ一度、お試しくださいませ~