1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョン ローレンス サリバン 2015-16年秋冬ウィメンズコレクション - 素材の重なり、織り込み

ジョン ローレンス サリバン 2015-16年秋冬ウィメンズコレクション - 素材の重なり、織り込み

  • 2015.4.2
  • 942 views

ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)の2015-16年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

ゆったりとしたオーバサイズのシルエットが特徴の本コレクション。そこに様々な風合いのアイテムを融合させている。キャメルのレザージャケットには、足がすっぽりと覆われるような長い丈のデニムを合わせた。このデニムのウェスト部分は、生地を内側に織り込むように重ねており、タックでは生まれないシルエットだ。

このように、洋服1点1点の形にも遊び心をプラス。トレンチコートやチェスターコートのデザインを、そのまま落とし込んだスカートや、バッグに使用されるような厚くて堅いレザーを使用した、独特の膨らみがあるワンピースなどが登場した。

今シーズンも、ブランドが本来持ち合わせる、力強さや美しさが感じられるワードローブがずらり。アイテムの裏地に、オレンジやブルーを挿し色的に用いることで、今季のメンズコレクションに見られるような、近未来の雰囲気が漂うアイテムも展開された。

また、素材の重なりを意識したコーディネートも特徴的。スタンドカラーのレザープルオーバーを身に纏い、大理石ツイードのチェスターコートを羽織ったルックは秀逸。インナーの袖を少し眺めに設定することで、挿し色がきれいに映えている。また、柔らかなレザーを使用し、女性らしい丸みをプラスしながらも、脛までくるコートがメンズのエッセンスを匂わせている。

ファー素材を使用したルックも目を惹く。カルガンラムを使用したリアルのファーもあれば、シュタイフ社のフェイクファーを用いたものまで。アイテムも、全面にフェイクファーを使用したコートや半面だけに施したクラッチバッグなど、サイズ感以外でボリューム感を演出する際に活躍していた。

手元にも、印象的なアクセサリーが登場。レザーと金属を組み合せたバングルは、カットソーの上でも、ノースリーブのワンピースでも存在感を放つ。サイズが大ぶりに設定されており、手首に巻くのはもちろん、手の甲を半分覆うようなスタイルまで、色々な着け方を楽しむことができる。