初心者も不器用さんもOK!「アイブロウを上手に描く」4ステップ

ペンシルを使ったら凛々しくなりすぎたり、パウダーを使ったら何だかぼんやりしすぎたり……ちょうどいい加減がわかりづらい「アイブロウ」。ちょっと間違えると時代遅れになりがちだし、いまっぽい眉ってわかりづらい!

『美的』5月号では、別冊付録「今どきヘア&メーク どでかプロセスBOOK」において、そんなお悩みを解決。史上最大級の拡大写真で、初心者さんも不器用さんも、今どきなメイクが簡単にできちゃうんです。

◆地眉を生かしてナチュラルに!「アイブロウ」の上手な描き方4ステップ

【1】毛のある部分全体にパウダーをのせる

眉毛が生えている部分全体にパウダーをON。眉頭~眉尻に向かって、毛流れに沿って流れを整えるようにしてのせるのがコツです。眉頭はふんわりめに仕上げるのもポイント!

【2】眉頭の上をパウダーで描き足す

眉のうえのラインをストレートに仕上げるため、眉頭の上の毛が足りない部分にパウダーで描き足します。地眉のエッジと眉頭&眉山の延長線上で結ばれた三角地帯に描き足すイメージです。

【3】眉下のえぐれ部分にもパウダーで描き足す

眉頭の下と眉尻の下の部分を直線で結ぶようにパウダーで線を描きます。その内側のえぐれている部分を、パウダーをぼかしながら丁寧に埋めると、自然な太ストレート眉になります。

【4】眉尻の毛をペンシルで1本1本描き足す

ペンシルで眉尻の毛を毛流れに沿って1本1本丁寧に描き足すと、より地眉っぽく、さらにきれいに仕上がります。眉尻の毛が薄くなっている人は特に、このプロセスがマストです!

【今回使用したアイブロウ】カネボウ化粧品 ケイト ラスティング デザインアイブロウW(SL) BR-3 ¥1,400

細芯で繊細なラインが自在に描けるペンシルと、自然にぼかせるパウダーチップが1本に。本来の眉の毛流れを自然に活かしながら、今どき感のある太ストレート眉が簡単に完成。

ブラウンを少しくすませたようなグレイッシュブラウンは肌に溶け込みやすく、春らしい柔らかな印象も手に入ります。

 

アイシャドウやチークと同様、アイブロウパウダーもつける前に手の甲で余分な粉をはらってからのせましょう。くずれや落ちも防げて一石二鳥です!

面倒くさがらず、ペンシルとパウダーを上手に使って、いまどき眉をつくってみてくださいね。(鈴木 梢)

(『美的』2015年5月号)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。