1. トップ
  2. ファッション
  3. ケーブル柄が可愛い♡「ニット」で作る大人女子コーデまとめ♪

ケーブル柄が可愛い♡「ニット」で作る大人女子コーデまとめ♪

  • 2019.10.22
  • 7158 views

ケーブルニットは秋の主役アイテム♪着るだけで季節感が上がりほっこりと可愛いコーデが完成します。

今回はおしゃれさんの着こなしとともにケーブルニットコーデをご紹介します。カラー別にご紹介しますので、さっそくチェックしてみてくださいね!

ケーブルニット×大人女子

ホワイト系

ケーブルニットなざっくりカーディガンで大人っぽさをUP。

ホワイト×ブラウンでトレンド感のあるカフェラテコーデを完成させています。

足元はあえてスニーカーを合わせて抜け感を作っています。

ニットベストは、まだ本格的な寒さが来る前から使えるアイテムです。

ダボっと感のあるトップスにワイドパンツでゆるずるコーデを完成させましょう♪

小物はブラウンで統一することで、コーデにまとまりを持たせています。

ホワイトパンツを合わせてニットとともにワントーンでまとめて。

ウエスト部分にはベージュのチェックシャツを巻くことで、コーデのアクセントにしています。

アニマル柄のバッグで大人っぽさを引き上げて。

ケーブルニットカーディガンは甘めな印象。

ダークブラウンのパンツでシックにシフトすれば、大人カジュアルコーデが簡単に叶います♪

メタリックなショルダーバッグで、コーデがやぼったくならないようにしています。

マニッシュなパンツですが、ケーブルニットのおかげで可愛らしくきこなして♡

Vネックなデザインになっているので、大人女子らしいすっきりした印象もプラス出来ます♪

ブリティッシュチェックなバッグでキュート感をプラスしています。

ダボっとニットカーデはベルテッドになっているので、おしゃれ初心者さんでも簡単にスタイルが決まります!

ビッグシルエットなカーディガンにはスキニーパンツを合わせることで相性◎♪

ブラック系

可愛らしさをおさえてカッコよく決まるブラックのケーブルニット。

デニムパンツを合わせて、シンプルカジュアルにまとめましょう。

アクティブに過ごしたいならスニーカーが一番!

マニッシュなパンツにブラックのケーブルニットでカッコよく決めましょう!

ベルト使いやバッグもメンズライクで、甘さ控えめにしたいときにはぴったりです♪

ベージュ系

ベージュ×ブラウンで人気のカフェオレコーデを完成させて♪

だぼっとニットベストは、可愛らしさとマニッシュ感を両立してくれるアイテムです。

シャツへのレイヤードできちんと感もキープしつつ旬ガール目指しましょう。

ブラウン系

見た目も暖かさが欲しいならブラウン系のケーブルニットが◎。

ほっこりした印象でしっとり大人っぽく着こなせます。

ナチュラルカラーなパンツで落ち着きのあるコーデを作りましょう。

キャメルのニットカーディガンを肩を抜いて着こなせばこなれ感UP!

一見合わせづらそうなニットパンツを取り入れておしゃれ上級者さんの仲間入り目指して。

柄パンプスや上品なバッグのおかげで大人っぽさがぐっと上がりますね。

甘めなチェックパンツですが、ダークなニットトップスのおかげでシックにまとまり甘さ控えめになります。

だぼっとニットにワイドパンツで、休日のリラックスしたい日にもオススメなゆるずるコーデの完成です!

丸襟なホワイトトップスに、ざっくりニットなベストを合わせてカジカワなコーデを作って。

長め丈なニットはだらしなく見えるときもあるので、ベルトを上手に使ってウエストマークしてみましょう。

すっきりなパンツで脚長効果もUPします♪

グレー系

ブラックよりも抜け感があり、ノーマルグレーよりも大人っぽいチャコールグレーはシックにまとめたいときにオススメです。

可愛らしいジャンパースカートを使っているので、リラックスして着こなせますね。

チャコールグレーのニットでしっとりと決めたコーデです。

カジュアルだけど、センタープレスになっているパンツは大人っぽさをキープ出来ますね♪

レオパード柄のファーバッグのおかげでコーデも高見えにシフト!

グリーン系

他の子に差をつけたいならオリーブカラーなニットを使ってみましょう。

自分好きになカラーニットを取り入れることで、おしゃれ度上げて♪

ポインテッドトゥパンプスのおかげで足元からシャープな印象をプラスすれば、秋冬コーデもすっきりとまとまります。

秋はニットコーデを楽しもう♡

いかがでしたか?ケーブルニットは、大人女子の可愛らしさをさりげなく引き出してくれるアイテムです♡

カラーによってその印象がガラっと変わるので、TPOに合わせて上手に取り入れてみてくださいね!

元記事を読む