超簡単! たったこれだけでぽっこりお腹を引っ込めることができる楽チンな方法とは

薄着でファッションの幅が広がるこの季節、気になるのは冬の間に溜め込んだお腹のお肉……。せっかく春らしい服でおしゃれをしようと思っても、ぽっこり出たお腹じゃキマらないですよね?

でも、このポッコリお腹は、少しの意識や日々の習慣で抑えることができるんです! 今回は、そんなポッコリお腹を簡単にスッキリ引き締める方法をご紹介します。

ポッコリお腹の原因は、蓄積された脂肪だけじゃなかった!

ぽっこりお腹になる原因の一つに、“筋肉の緩み”がありました。

運動不足や姿勢の悪さでお腹の筋肉が緩んでしまうと、それまで筋肉によって支えられていた胃や腸などの内臓が前に押し出されてしまうため、ぽっこりお腹になってしまうのです。

また、私たちの体は前後や左右に均等な筋肉をつけることで、正しい姿勢をとることができます。しかし、姿勢が悪かったり背骨が曲がっていたりすると、お腹の筋肉が弱り、それを補おうと背中の筋肉が発達してしまいます。そうなると、さらにお腹の筋肉が弱り、ぽっこりお腹がどんどん加速する……という悪循環に陥ってしまうのです。

姿勢に気をつけるだけでお腹は劇的に変化する

立ったときの姿勢がついつい猫背になってしまいがちな人は、普段から意識的に背筋を伸ばしてお腹を引っめてみましょう。

また、座っているときの姿勢も注意が必要。無意識に前かがみになったり足を組んだりと、正しい姿勢で座っていない人が多いもの。イスに座るときは椅子の半分から前に浅めに腰掛け、背もたれには保たれないようにしてお腹に力を込めて座ります。足は組まずにまっすぐ床に降ろしておきましょう。

この正しい姿勢をとるだけでも、結構キツイと感じる人も多いもの。実は正しい姿勢をとることは非常にお腹の筋肉を使うんです。つまり、普段の姿勢に気をつけるだけでも、十分お腹のエクササイズになるんですよ。

普段の歩き方にも注意して

エクササイズや運動でお腹を引っ込めるのもいいですが、普段の歩く姿勢に気をつけるだけでもエクササイズ効果は抜群です。

特に普段ハイヒールを履いているときなど、ひざを曲げて歩いたり引きずり歩きになるなど間違った歩き方の人が多いもの! 肩を左右に開いて胸を張り、骨盤の上に上半身がまっすぐ乗っていることをイメージして。

足はひざからではなく、足の付け根から前に出し、かかとから着地するように地面に足をつけ、ゆったりと歩きます。

いかがでしたか? お腹の引き締めってエクササイズや運動をするようなイメージがあるけれど、普段の姿勢が何より効果的なエクササイズになるんです。

今すぐからでも実践できるので、ぜひ正しい姿勢を身につけてぽっこりお腹を解消させましょう。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。