1. トップ
  2. ファッション
  3. あなたはどっち?運動会でシャツ派、ワンピ派増えてます!

あなたはどっち?運動会でシャツ派、ワンピ派増えてます!

  • 2019.10.21
  • 6765 views

運動会の主役はあくまで子ども。張り切りすぎて見えず、かつ運動の場にふさわしく見えることが重要です。今年は、トレンドのロングシャツやカットソーワンピをメインに羽織ったり、中に着こんだりと、気温に合わせて着回すママたちが急増中。あなたはどっち派?

 

 

ロングシャツ派コーデ3選

中にロンTをIN!脱いだり着たりで、
微妙な天候も乗り切れる

シワも気にならないライトな素材感。中をワントーンにすることでスニーカーでもスタイルアップして見えます。ロングシャツ¥44,000(デミリー/サザビーリーグ)Tシャツ¥8,500(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)デニム¥16,000(ブラックバイマウジー/バロックジャパンリミテッド)バッグ¥4,500(グレゴリー/フリークス ストア渋谷)スニーカー¥35,000(ペリーコ サニー/アマン)サングラス¥19,000(RHC/RHCロンハーマン)

 

シャツは体が泳いで意外と涼しい!
寒暖差&日焼け防止にも◎

衿がある分、きちんと見えが叶うロングシャツはデニム合わせでもラフになりすぎないのが嬉しい! 風通しがよく体感温度はTシャツ並みに涼しく、羽織りものとしても使えるから、アレンジが利くアイテムNo.1! ロングシャツ¥22,000(styling//styling/ 新宿ルミネ1店)デニム¥36,000(ザ・ニューハウス/アーク インク)バッグ¥9,000(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)シューズ¥42,000(レペット/デミルクス ビームス 新宿)

 

極度に冷え込んできたらプルオーバーを
ONして今どきレイヤードに

朝昼の気温差に着脱しやすいプルオーバー。ややビッグシルエットの方がこなれて見えます。ロングシャツ¥25,000(フィル ザビル/シック)プルオーバー¥27,000(ザ・ノース・フェイス×ハイク/ゴールドウィン カスタマーサービスセンター)レギンス¥6,000(SNIDEL/スナイデル ルミネ新宿2店)バッグ¥6,400(NAUGHTIAM×FREDRIK PACKERS/ノーティアム プレスルーム)シューズ¥24,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

 

 

ワンピース派コーデ3選

今年らしさで言えばCPOジャケットが
羽織りもの一等賞です!

Gジャンほどカジュアルにならず活躍しそうな、旬のシャツジャケット。コーデュロイならアクティブ行事にピッタリ。オフホワイトのワッフル素材ワンピースを秋らしく仕上げてくれます。ワンピース¥21,000(ロンハーマン)シャツ¥21,000(ラヴァンチュール マルティニーク)バッグ¥19,000(ヴィオラドーロ×デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)スニーカー¥17,000(ムーンスター/ムーンスター カスタマーセンター)

 

秋の日焼け対策に必ず役立つ
UVパーカを斜めがけ

ポケッタブルで超薄手、オールシーズン人気のユニクロのUVパーカは運動会でも活躍しそう。秋色カラーを差し色にすれば、ブラックのワントーンが、手をかけたコーデに見えます。Tシャツワンピース¥22,000(エイトン×RHC/RHC ロンハーマン)パーカ¥2,990(ユニクロ)キャップ¥7,400(カシラ/CA4LAショールーム)バッグ¥12,000(シシ)スニーカー¥7,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

 

ベージュ×ブラックの配色が
オシャレ見えするアスレジャーコート

汚れを落としやすい素材ながらデザイン性にも優れたナイロンコート。羽織るだけで寒さ対策と、今年らしいアスレジャースタイルが完成します。コストパフォーマンスに優れた点も見逃せません。ワンピース¥5,980(スタイルミキサー/バロックジャパンリミテッド)コート¥24,000(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

撮影/須藤敬一 ヘア・メーク/菊池かずみ スタイリング/岩田槙子 モデル/牧野紗弥、青木裕子、須藤 紬、モレイラ カイル&アイル 取材・原文/鍋嶋まどか 編集/磯野文子

*VERY2019年10月号「去年、寒さに震えた人続出。どっちに転んでもいいアイテムで臨もう 運動会当日は“寒い日”?“暑い日”?シミュレーション」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

元記事を読む