1. トップ
  2. ファッション
  3. 歩き方の癖や足の形にぴったり合う「自分だけの靴」が作れる!最先端の3Dプリンターサービスを伊勢丹新宿店で体験してきました

歩き方の癖や足の形にぴったり合う「自分だけの靴」が作れる!最先端の3Dプリンターサービスを伊勢丹新宿店で体験してきました

  • 2019.10.21
  • 1285 views

デンマーク発のコンフォートシューズ&レザーグッズブランド「ECCO(エコー)」。「一度履いたらその履き心地の虜になる」と、世界中に根強いファンがいることで知られています。

その「エコー」が、伊勢丹新宿店で、究極のカスタマイズシューズサービス「ECCO QUANT-U(エコー クアントゥー)」をスタート。3Dプリンターなどの最新技術を駆使して行われるというこちらのサービス、その全貌はいかに!? 専業主婦の田路典子さんに体験してもらいました。

世界初!最先端の3Dプリンターが、完全カスタマイズシューズを実現

スニーカー_1,靴_1,カスタマイズ_1,ファッションニュース_1
本館2階の婦人靴売り場にある「エコー」のショップ。

「エコー」が伊勢丹新宿店で始めた新プロジェクト「エコー クアントゥー」は、着用者にかつてない最高の履き心地体験を提供するサービス。店頭で顧客の足を立体的に計測し、自社が持つ膨大な足形データを元に、3Dプリンターを使って完全カスタマイズのシリコーン製ミッドソールをつくるというものです。

今回、「エコー クアントゥー」にトライする田路さんは、「最近お洒落なデザインがぐっと増えたので、スニーカーを履く機会が増えました」とのこと。毎シーズンごとにスニーカーもアップデートし、近場に買い物に行く時などに欠かせない存在だといいます。

しかし、「足の甲が高いみたいで、スニーカーでも長時間履いているとキツさを感じることがあるんです」と続けます。そんな田路さんが、心から履きやすいと思えるシューズは手に入るのでしょうか?

究極のカスタマイズ靴ができるまでを密着取材!

今回は、どうやってカスタマイズシューズが完成するのか、その一連の流れを取材してきました。

■1:足の形を15秒で3Dスキャン
スニーカー_2,靴_2,カスタマイズ_2,ファッションニュース_2
3D足型計測器で計測中。

まずは、店内にある3D足型計測器で足を立体的にスキャン。生体力学や解剖学に基づいて開発された計測器で、足の隅々まで正確に計れます。かかった時間はたった15秒!

計測後は、専任のシューフィッターが、足の3Dデータを見ながら特徴を説明してくれます。田路さんの場合は、左の方が足長がやや長く、そして筋肉が多くついているそう。土踏まずのラインは非常にきれいですが、左右差があるので、既成靴に足を無理矢理合わせている疑いが!

スニーカー_3,靴_3,カスタマイズ_3,ファッションニュース_3
普段はき慣れた靴下やタイツで計測するのがオススメだそう。
スニーカー_4,靴_4,カスタマイズ_4,ファッションニュース_4
足の3Dデータが瞬時に画面に現れます。
スニーカー_5,靴_5,カスタマイズ_5,ファッションニュース_5
シューフィッターが丁寧に説明してくれます。
■2:歩く時の動きやクセを計測&解析
スニーカー_6,靴_6,カスタマイズ_6,ファッションニュース_6
トレッドミルで足の動きを計測中。

次に、専用シューズを着用し、トレッドミルの上を約30秒歩いて、歩き癖や体重移動のバランスなどを複合的にチェック。シューズに備えられたセンサーが、靴内の温度や湿度をはじめ、膨大なデータを計測。

圧力センサーや加速度計も用いて、各個人の歩行の特徴をデータ化します。静止時だけでなく、歩行時の足の特徴までも、くまなく解析するのがすごい!

こちらでも、シューフィッターがデータを見ながら、田路さんの足の使い方を丁寧に説明します。「歩くときの歩幅も足の回転も、右の方がやや大きいですね」と、ここでも足の左右差があることが判明。

スニーカー_7,靴_7,カスタマイズ_7,ファッションニュース_7
シューズに搭載されたセンサーとAIが、着用者が靴を履いた時の正確な動きを再現。
スニーカー_8,靴_8,カスタマイズ_8,ファッションニュース_8
専用シューズを着用して約30秒歩きます。
スニーカー_9,靴_9,カスタマイズ_9,ファッションニュース_9
「エコー」の55年に及ぶ靴づくりの経験を、アルゴリズムに集約。そのデータを使って、歩き癖や体重移動のバランスなどを複合的にチェックします。
■3:世界にひとつだけのミッドソールを出力!
スニーカー_11,靴_11,カスタマイズ_11,ファッションニュース_11
3Dプリンターでミッドソールがゼロから成形されます。

ここまで計測されたデータは店内の3Dプリンターへ。約60分でシリコン製ミッドソールが出力されます。

スニーカー_12,靴_12,カスタマイズ_12,ファッションニュース_12
約60分で両足分が完成。ミッドソールができる様子を見られるのも画期的です。
スニーカー_13,靴_13,カスタマイズ_13,ファッションニュース_13
シューズにミッドソールを装着中。ソールはシリコンなので足が蒸れず、かつ500km歩いても凹まないほどの耐久性!

そして、ミッドソールはその場で専用のシューズ「SOFT 8 QUANT-U EDITION(ソフトエイトクアントゥーエディション)」に装着され、世界にひとつだけの1足が完成!

「ソフトエイトクアントゥーエディション」はローカットモデルが10色、ハイカットモデルが2色から好きなカラーを選べます。

スニーカー_10,靴_10,カスタマイズ_10,ファッションニュース_10
完成したミッドソールを入れたシューズを試着中。

ミッドソールはシューズの心臓部とされ、歩行時の靴の機能と履き心地の70%はその良し悪しで決まるそうです。オンリーワンのミッドソールを装着したスニーカーの履き心地はいかに?

「ものすごくフィット感があって、気持ちが良い履き心地です! 左右差もまったく感じません。足の甲の締め付けがなく開放感があるのに、かといって脱げそうでもない、というのは初めての感覚。履き心地の良いスリッパに足を入れている感じです!」と、田路さんは大感激した様子です。

なお、オーダーして受け取りは後日…というカスタマイズシューズは市場に数多く存在しますが、店頭ですべての工程が完結するのは世界でもこの「エコー クアントゥー」だけだそう。

スニーカー_14,靴_14,カスタマイズ_14,ファッションニュース_14
田路さんは、ローカットモデルのシルバーをセレクト。価格は計¥76,000(データ計測料¥25,000、ミッドソール制作料¥25,000、靴本体¥26,000 ※ハイカットの場合は¥30,000)

自分のためだけに誂えられた完璧にフィットするシューズは、履き心地が良く立ち姿や歩く姿も断然美しい!

しかも、履き続けていると、足の左右差や使い方の歪みが緩和され、正しい歩き方へと足を矯正できるような感覚もあります。美と健康のためにも、1足誂えてみるのはいかがでしょうか?

※掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問い合わせ先

  • エコーカスタマーサービス TEL:0210-974-010
元記事で読む