1. トップ
  2. インテリア
  3. 秋こそ渋格好良く決めたい!「ヴィンテージインテリア」でこだわり空間を実現

秋こそ渋格好良く決めたい!「ヴィンテージインテリア」でこだわり空間を実現

  • 2019.10.20
  • 4732 views

すっかり秋めいてきた今日この頃、重厚かつ大人の格好良さを感じさせる「ヴィンテージインテリア」は、この季節にピッタリのスタイルです。

そこで今回は、「秋だからこそこだわり抜いた渋格好良さで決めたい」という人の参考になりそうな、ヴィンテージインテリアの実例をいくつかご紹介していきます。興味のある人はもちろんのこと、もっと素敵に見せたいという人は、ぜひご覧になってください。

個性とくつろぎ感を両立した、ヴィンテージなリビング

こだわりのグッズでまとめた憩いの空間に

こちらのリビングルームでは、ローテーブルなどのヴィンテージ感がある家具やアンティークなミシンなどで、テーマやこだわりを感じさせる空間を実現しています。

また、壁面は白を多くすることで、重すぎずそれでいてお部屋に漂うシックな魅力を引き立たせています。

色ムラ感やシボがオシャレなレザーソファが印象的なこちらのリビングでは、テレビ側の壁面をコンクリート風にリメイクし、無骨な格好良さをアピールしています。

また、テーブルやTVボードなどをウッド製にすることで、重厚さはそのままに、ナチュラルさも感じさせる居心地の良い空間に仕上げています。

ナチュラルヴィンテージな雰囲気を演出したいのであれば、こちらが参考になります。

レザーソファやヘリンボーンなど、定番の男前グッズでまとめつつ、インテリアカラーをキャメルやベージュなどで固めています。

ウンベラータなどの観葉植物を取り入れることで、ヴィンテージな魅力の中に和やかさも感じさせる空間にしています。

オリジナリティあふれるお部屋にしたいのであれば、DIYやリメイクにチャレンジしてみるのもオススメです。

こちらのリビングでは、ケーブルドラムをリメイクしたテーブルが置かれ、個性豊かなフォルムと味のある板目によって男前な魅力を空間に醸し出しています。

こちらのリビングでは、ヴィンテージインテリア定番のブラックレザーソファ、アンティークなロッキングチェアなどこだわりが感じるグッズが並んでいます。

また、リビング隣にあるお部屋の扉を外すことで、隣の部屋をリビングのインテリアとして見せるとともに、開放感のある空間もポイントです。

ヴィンテージなダイニングで、大人の遊び心を表現

大人の隠れ家的な雰囲気の、オシャレなダイニングに

「大人の隠れ家的な、大人のこだわりとオシャレを両立したダイニングにしたい」という人にも、ヴィンテージインテリアはオススメです。

こちらのダイニングでは、アンティーク感のあるチェアやペンダントライトに、壁面にはこだわりのアートが飾られています。

シックな魅力とともに遊び心も感じる空間に仕上がっています。

ヴィンテージさと洗練された大人の魅力を両立するために、曲線と直線が合わさったスリムなレッグのダイニングチェアを取り入れています。

お部屋のヴィンテージ感を強調するとともに、スタイリッシュな格好良さをお部屋に与えています。

ヴィンテージな魅力をさらに強めたいときに便利なのが「レンガモチーフ」です。

こちらのお部屋では、ダイニングとキッチンを隔てるカウンターに暖かみを感じさせる色合いのレンガ風シートが使われています。

インダストリアルな雰囲気とともにキュートさもプラスしています。

シックで洗練された魅力を前面に出したい場合は、こちらのインテリア例のようにモノトーンでまとめるのもオススメです。

重厚で遊び心を感じさせるヴィンテージ空間に、スタイリッシュでモダンな雰囲気が加わり、奥行きのある大人の格好良さがより一層漂う空間に仕上がっています。

カフェバル風な雰囲気が漂うこちらのインテリア例で、特に目を引くのがウッド感を活かした内装です。

板目や色合いが渋い味わいのフローリングやカウンターは、ナチュラルさとともにいぶし銀な魅力が漂い、ヴィンテージ感とともに落ち着いた大人の雰囲気に。

キッチンもこだわりのヴィンテージ空間に

個性とテーマ性あふれる男前なキッチン

男前カフェ風にまとめたこちらのキッチンは、インテリアカラーをモノトーンでまとめることで、重厚さとともにスタイリッシュな雰囲気も漂う空間にしています。

また、コンロ付近の壁面にはカフェ風なテキストとイラストが描かれていて、固すぎないカジュアルさで場の空気を和らげています。

ナチュラルヴィンテージな魅力が漂うこちらのキッチンで、特に印象的なのがレッドのペンダントライトです。

落ち着いた深みのあるレッドのシェードと、レトロなフォルムと個性豊かなスタイルで、こだわりの男前空間に味わい深い魅力を与えています。

こちらのキッチン収納では、壁面にコンクリート壁風シートを貼り付けるだけで、インダストリアル感のある収納スペースに仕立てています。

また収納グッズも深みのある味わいと遊び心を感じるもので揃えると、男前な魅力をより引き立たせています。

より説得力のある空間にしたい場合は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

こちらのキッチンでは、冷蔵庫に使いこまれた金属風のリメイクを施しています。

インダストリアルな雰囲気にすることで、お部屋に漂うヴィンテージ感を強めています。

「男前な中に可愛さもあるキッチンにしてみたい」という人の参考になるのが、こちらのインテリア例です。

「不思議の国のアリス」を思わせるような、アンティーク感のある赤いチェックのお鍋など、こだわりのグッズでまとめています。

キッチンの壁や調理台は白で統一することで、ヴィンテージな魅力を漂わせながらもチャーミングさも感じる空間に仕上げています。

そのほか、男前な魅力あふれるインテリア実例

渋く、味わい深い魅力あふれるヴィンテージ空間

こちらのワークスペースは、味わい深い色合いと木目が印象的な古材を取り入れ、ナチュラルさといぶし銀な魅力をアピールしています。

また、塩ビパイプなどをリメイクしたグッズやミッドセンチュリーなチェアなどを取り入れることで、ヴィンテージ感とともに大人の遊び心を演出しています。

お部屋のちょっとしたスペースにヴィンテージ感のあるワークスペースを設置してみたい人は、こちらを参考にしてみると良いでしょう。

ペグボードとユーズド感のあるデスク、古材にイエローやグリーンなどの塗装が施された収納など、最低限のグッズで男前な魅力を演出しています。

こちらの洗面所では、赤レンガモチーフのシートで壁面を彩ってまるでブルックリンにあるような古倉庫のように見せています。

また、ミラー周りや洗濯機カバー、時計など細部にこだわることで、テーマ性を感じさせる深みのある格好良さが漂う空間に仕上げています。

ナチュラルさを重視したヴィンテージな洗面所にしてみたい場合は、こちらの洗面所のように観葉植物やフェイクグリーンなどを利用してみるのがオススメです。

多種多様な種類のグリーンを彩ることで、渋くネイチャーな魅力が漂う空間に仕上がっています。

まとめ

今回は、秋だからこそぜひ取り入れたくなるヴィンテージインテリアに付いて、実例を見せつつ魅力的に見せるためのコツやポイントなどを紹介していきました。素敵なヴィンテージなインテリアにするために大切なのは、こだわりと個性です。

今回紹介したインテリア例を元に、テーマ性が深く、それでいて遊び心を感じさせるようなお部屋作りにチャレンジしてみてください。

元記事を読む