もし昔の恋人の結婚式に呼ばれたら…話題の新刊『フィッターXの異常な愛情』の心理描写に学べ!

もしもあなたが結婚式を挙げることになり、旦那様の元カノが参列することになったら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか。

またもしも元カレが結婚式を挙げることになり、あなたの元に招待状が届いたとしたらどうするでしょうか。

そこで、こんなアンケートをとってみることにしました。(Woman Insight調べ:女性約50人にインターネット調査)

 

Q:自分たちの結婚式に、昔の恋人を招待することについてどう思いますか?

A:

あり……10%

なし……75%

どちらとも言えない……15%

 

 

大多数の女性が、“NO”の答え。その理由は「自分もやられたらイヤだから」「人としてありえない」「どこかでパートナーを裏切っている気持ちになってしまう」と、いまは何もなかったとしても、自らの倫理観に従い「ありえない」と考えている人が多いようです。

が、なかには「人生を共有した大切だった人なので、自分が幸せになる姿を見届けてほしい」「いまは何もないからこそ呼べるのだと思う」という意見も挙がりました。

そこで今度は逆に次のような質問をしてみることに。

Q:もしも元カレの結婚式に招待されたら、参列しますか?

する……50%

しない……30%

どちらとも言えない……20%

 

 

なんと意外にも、約半数の人が参列すると答えたことが判明! これは“売られたケンカは買う”という決意の表れ!?

「もしも欠席したら、負けな気がするから」「元カレと結婚する相手がどんな女なのかこの目で確かめたい」などという理由で純粋な祝福は少なく、女性の複雑な胸のうちを感じさせる結果に。

もしもあなた自身がそんな立場になったとしたら、いったいどうすると思いますか?

そんな心境をシミュレーションしてくれている小説があります。それは

『フィッターXの異常な愛情』。

この小説の主人公・國枝颯子(くにえださつこ)は、中学時代から15年間つきあった元恋人の結婚式に招待され、参列する決意を固めます。そんな彼女はランジェリーショップに駆け込み、理想のブラジャーを手に入れ美しく変身してのぞみますが、そこで待ち受けていたのは衝撃の展開だったのです……。

 

そんなシチュエーションを描いた作者の蛭田亜沙子先生に直撃してみました。

★前回のインタビューはコチラ→ 話題の新刊『フィッターXの異常な愛情』に学ぶ、枯れ気味女子が幸せになるためのカギとは!?


Woman Insight編集部(以下、WI) 実際に先生も元カレの結婚式に参列した、なんていう過去があったのでしょうか?


蛭田亜紗子先生(以下、蛭田) いえ、完全なる創作です。このエピソード含め、エピソードはすべて創作ですが「私ならどうするだろう」と女性なら思いを巡らせることができるテーマを厳選して、盛り込ませていただきました。一話完結型なので、興味あるテーマを探してみてほしいですね。

 


WI 颯子の元カレの伴侶となる女性がものすごいキャラクターでしたが、あの展開は予想できませんでした。いやー、すさまじかったです(笑)!


蛭田 素敵だったでしょう(笑)? その女性については反響が大きかったですね

 


WI 勇気を与えられました(笑)。この話は、ネタバレになってしまうのでこれ以上は控えますね。


蛭田 女性は若ければいいという風潮は間違ってるし、女性の魅力というのは決められたパターンだけじゃない。この小説が何かを考えるきっかけになるのはもちろんうれしいですが、まずは気軽に楽しんでほしいと思っています。

 

そんな勇気と感動を与えてくれつつ、大笑いもできちゃう『フィッターXの異常な愛情』。ぜひ手に取ってみてくださいね。(吉田奈美)

★前回のインタビューはコチラ→ 話題の新刊『フィッターXの異常な愛情』に学ぶ、枯れ気味女子が幸せになるためのカギとは!?

 

『フィッターXの異常な愛情』蛭田亜紗子・著 ¥1,500+税/小学館

広告代理店に勤める32歳の國枝颯子は、うっかりノーブラで出勤したある日、慌てて駆け込んだランジェリーショップで男性のフィッター・伊佐治耀に出会い……。颯子を始め、女装癖のあるクライアント、女性らしさを否定して生きてきた後輩、旬を過ぎた女優、セックスレスに悩む同期など、伊佐治のランジェリーの魔法で変化する愛すべき人々を描いたラブコメディー。

★作品のさらなる詳細はコチラ→ 小学館公式サイト

 

蛭田亜紗子(ひるたあさこ)先生

profile/1979年北海道出身。2008年、新潮社第7回R-18文学賞大賞を受賞。2010年、『自縄自縛の私』を敢行しデビュー。同作は2013年に竹中直人監督で映画化し、話題となる。著書に『人肌ショコラリキュール』(講談社)、『愛を振り込む』(幻冬舎)など。

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。