1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お皿を無駄なく収納するには?場所を取りやすい食器のアイデア収納

お皿を無駄なく収納するには?場所を取りやすい食器のアイデア収納

  • 2019.10.19
  • 17643 views

食器は食事をするためにも必要なアイテムですが、気が付くと種類や量が増えてて収納スペースを圧迫することも多々あります。

食器収納は意外と場所を取りやすいので必要最低限に抑えるのが好ましいですが、かといってお気に入りの食器は簡単には手放せいないものです。

そこでこの記事では、スペースを賢く使ったアイデア食器収納をまとめていきます。

プレートスタンドを活用した食器収納

お皿などの食器収納は最も場所を取りやすいので、縦方向に収納すると収納量を増やせます。

こちらは100均ショップなどで購入できるプレートスタンドを活用し、お皿を収納したケース。

プレートスタンドを複数使うことで、サイズ度との収納が可能になります。

1枚ごとの収納ができるプレートスタンドを用いれば、すっきり収納にもなりやすいです。

ワイヤー素材のプレートスタンドを用いたこちらは、乱雑になりがちな食器棚をきれいに整理しています。

お椀などの食器に関してはボックス収納を活用して、機能的な収納にもしています。

豆皿などの小さなお皿は手ごろな価格で購入できるため、ため込みやすい食器。

プレートスタンドを活用して、食器棚の隙間に収納するなどの工夫をしていきましょう。

収納ボックスを用いた食器収納

収納ボックスを用いることでアイテムごとの食器収納ができるため、出し入れがしやすいといったメリットが生まれます。

こちらは引き出しにかごボックスをセットし、お椀や小鉢などを収納しています。

見やすく取り出しやすい、機能的な食器収納になっています。

仕切りスタンドを活用した食器収納

棚を活用した食器収納は、デッドスペースができやすく悩む方も多いはず。

そんな時は仕切りスタンドを用いて、食器棚のデッドスペースを有効活用していきましょう。

こちらは無印良品のアクリルスタンドを活用した食器収納。

お皿や小鉢などを賢く機能的に整理できています。

こちらはワイヤータイプの仕切りスタンドを用いたケース。

コップやマグカップをまとめて収納しており、食器棚のデッドスペースをしっかり活用できています。

引き出し内の食器も賢く収納

こちらも無印良品のアクリルスタンドを活用し、食器を賢く収納しています。

木製の仕切りも活用して、椀物や小皿もしっかり収納。空きスペースにはお好みのアイテムを収納できます。

こちらは引き出し収納の一部に無印良品のアクリルスタンドを活用したケース。

お皿収納の実にアクリルスタンドを使用し、小鉢などの食器は重ねて収納して引き出し内を有効活用しています。

見た目もすっきりして、きれいに整理されているのがわかります。

ファイルボックスを活用した食器収納

仕切りスタンドなどが無い場合は、ファイルボックスを活用して食器を収納するのもいいですね。

こちらはキッチンの引き出しに食器をいくつか収納しており、ファイルボックスを利用して大きなサイズのお皿などをまとめています。

空いている部分にはタッパーなどをまとめ、見た目も美しい収納を実践しています。

食器収納は機能的に

食器は場所も取りやすく乱雑になりやすいため、収納アイテムを駆使して機能的に収納していくことを意識しましょう。

食器棚のデッドスペースもうまく活用し、少しでもお気に入りの食器を整理できるように心がけていきたいですね。

元記事を読む