1. トップ
  2. レシピ
  3. 忙しい日のコンビニランチに♡上手なタンパク質のとり方【ローソン編】

忙しい日のコンビニランチに♡上手なタンパク質のとり方【ローソン編】

  • 2019.10.18
  • 5921 views

2種類のタンパク質を摂れるメリットは

大豆などの「植物性タンパク質」はと肉、魚、卵、牛乳などの「動物性タンパク質」に分けられます。異なる働きをする2つのタンパク質を摂取することで、効率的な筋力アップや肌の若返りが期待できます。

牛乳など動物性は、筋力の合成に不可欠な必須アミノ酸を多く含み「筋力合成力」を高めます。一方で、大豆など植物性タンパク質は、「筋力の分解を防ぐ」働きがあります。今はプロテインでもソイ(大豆)とホエイ(乳清)のミックスが注目されていますね。

タンパク質は貯金ができないので、「こまめ」に食べることが大切。例えば忙しい朝やランチはコンビニという方も多いはず。そこで、いつものコンビニランチに1品プラスするだけで「Wたんぱく」が揃う食べ方をご紹介。今回はローソンで購入できるアイテムです。

「BLTサンド」に「豆乳飲料」をプラス!

朝食やランチの定番、人気のサンドイッチ。例えば、具沢山のBLT。肉、卵といった動物性タンパク質と、その吸収率を高めるトマトなどの野菜がバランスよく摂取できます。全粒粉入りを選ぶと歯ごたえがアップし、食べるスピードがゆっくりになって太りにくくなる作用も。

プラス1品で上手なタンパク質の取り方<ローソン編>
全粒粉入 BLT/368円(税込)

プラスしたいのは「豆乳飲料」。ソイバナナスムージーはほんのり甘さもあり、デザートドリンクとしてもGOOD。

 忙しい日のコンビニランチに♡上手なタンパク質のとり方【ローソン編】
NL ソイバナナスムージー 220g

「豆腐DELI」に「ヨーグルト飲料」をプラス!

ローソンセレクトのお惣菜「豆腐DELIシリーズ」で植物性タンパク質をチャージ。有機大豆を使用したボリュームのある豆腐は食べ応え抜群です。豆腐は、大豆タンパク質やイソフラボン、食物繊維といったダイエットに必要な栄養素が摂取できるのが魅力ですね。

忙しい日のコンビニランチに+1品♡上手なタンパク質のとり方【ローソン編】
豆腐DELI プルコギ風牛肉豆腐 ※10/18時点、販売中
プラス1品で上手なタンパク質の取り方<ローソン編>
豆腐DELI 黒麻婆豆腐 ※10月下旬発売開始

動物性タンパク質の「ヨーグルト飲料」を、豆腐DELIにプラス。ヨーグルトとしての整腸作用も期待できます。ダイエット中のイライラや倦怠感はタンパク質不足も原因のひとつ。無糖タイプをえらび、甘さが欲しい場合は、糖質の少ないベリー系の果物をプラスするとビタミンCがタンパク質吸収率アップ。

プラス1品で上手なタンパク質の取り方<ローソン編>
NL ドリンクヨーグルト プレーン 270g

いかがでしたか?筋肉だけでなく、肌や髪の速やかな再生(ターンオーバー)にも、小まめに上手なタンパク質摂取を続けることが重要です。いつものコンビニで、ドリンクやヨーグルトをプラスするだけ!お試しください!

ライター/松田 真紀
1972年、兵庫県生まれ。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。アスリートフードマイスター3級。女子栄養大学卒業。株式会社バードワークス代表取締役。1994年、明治乳業株式会社入社。その後、電通など広告代理店勤務を経て、2014年、スポーツと健康に特化した「食プロデュース」を行なう株式会社バードワークス設立。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた、外食、コンビニ、レンチン、OK!ラクして食事を楽しむダイエットを提案する管理栄養士として300以上の施設団体など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』(三笠書房)。趣味はトライアスロン、100kmウルトラマラソン、フルマラソン、全米ヨガアライアンス200習得中。

元記事を読む