1. トップ
  2. 恋愛
  3. 出会ったのは運命?誕生日が同じカップルの結婚相性【ソウルメイト、運命の人を読み解く】

出会ったのは運命?誕生日が同じカップルの結婚相性【ソウルメイト、運命の人を読み解く】

  • 2019.10.18
  • 7494 views

ここ最近、おめでた続きの芸能界。つい最近も細貝圭さん、佐藤仁美さんカップルが結婚を発表し祝福ムードに包まれました。ちなみに、この二人、同じ10月10日生まれのてんびん座だそうです。同じ誕生日だなんて、なんだか運命を感じませんか?

今回は、同じ星座でかつ誕生日が同じカップルの相性や運命的なつながりを占星学的に分析します!恋愛・結婚観や、ホロスコープの特徴を、占いサイト『前世からの約束』の監修者である占い師・波木星龍先生に解説していただきました。

■誕生日が同じ二人の運命は?

「同一誕生日」は“仲間”→“親友”→“結婚”に進めば成立!?

もしも「気になる相手」が自分と同じ誕生日だったら、その相手との恋愛・結婚は成立するでしょうか?

たとえば、「同じ誕生日」でかつ、同じ年に生まれた二人の場合、それが同性同士なら「親友」となりやすいようです。けれども異性の場合には、“同じ年生まれ”ではないほうが「仲間」や「親友」として良い関係を築きやすいと言えます。

その理由は、すべての惑星配置が同じだと“自分の嫌な部分”を鏡の中に観るようで抵抗を感じやすいから。男性と女性の場合、相手の中に“似た部分”と、それとは全く逆に“自分にはない部分”の両方を見出したときに、惹かれ合う関係となりやすいのです。確かに、結婚したら、毎日家の中で「鏡の中の自分」が動き始めるのを見ることになるので、ちょっと疲れるかもしれません…。

「同じ誕生日」の二人とは、基本的に“同じ位置に太陽がいる”ということなので、一方が輝きだすときには、もう一方も“一緒に輝きだす”のが特徴です。そのため、もし一方が相手を好きになったら、相手も同様に好意を持っている確率は高いでしょう。だから、「同じ誕生日」同士の場合は、基本的にチャンスを逃してはダメなのです。燃え上がっているときに、一気に「結婚」まで進まないと、また「仲間」に戻ってしまうでしょう。

■太陽星座が同じカップルの特徴は…

★一般に「同じ星座のカップル」とは、正しいホロスコープ占星学からいうと出生日の太陽が「同一の領域に位置していた二人」ということになります。

★その場合、“生命の源”である太陽が同じ領域にあるので、その二人が「同じ生きがい」を持つ者同士なら上手くいきやすいでしょう。あるいは「同じ願望」「同じ目標」「同じ名声」でも構いません。それらが共通する二人は、いつも一緒にいて励まし合うことができます。どちらかといえば、同じ職業のほうが価値観が合いやすいでしょう。

★また、太陽は“昼間に輝く”という性質から、社会的な「個性」にフォーカスを当てて考えることもできます。同じ星座のカップルは、互いの個性に共通性を持ち、その個性を世間に認められ、仕事でそれなりの地位を得ている場合には、永続的で“良い関係”を持続させやすいのです。

★逆に、これらの条件から外れるカップルは、あまり長続きしません

たとえば、「生きがい」が異なったり、「同じ目標」を持たなかったりする場合、あるいは互いの「個性」を嫌っている、「個性」がぶつかり合って喧嘩が絶えないといった二人は“良くない相性”の典型となりがちです。

次は、細貝圭さん、佐藤仁美さんのホロスコープを具体的にみていきます。

■10月10日生まれ天秤座 二人の相性は…

◎細貝圭さんのホロスコープ

1984年10月10日生まれ

◎佐藤仁美さんのホロスコープ

1979年10月10日生まれ

こちらは、6歳から23歳まで海外で育った舞台俳優の細貝圭さんと、昨年、見事な減量に成功して若々しいボディに蘇った女優・佐藤仁美さんとのホロスコープです。

お二人の場合、佐藤仁美さんのほうが5歳年上になりますが「10月10日生まれ」の同一誕生日同士です。したがって、当然それぞれの太陽の位置は0度で一体化しています。「同じ職業である」というのは、この場合とても重要です。太陽は“昼間の主役”なので、同じ舞台で主役として“共演し合った”のが、今後の相性の上では、とても好ましいということ。言ってみれば「太陽が結び付けてくれた二人」なのです。

◎太陽と月でわかる男女のバランス

もう一つ、特に妻側にとって重要なのは、夫が「満月の生まれ」であるということ。つまり、夫側の月は、太陽と180度向かい側に位置しているのです。そうすると、自然に妻の太陽とも180度となります。

実は男女の関係において、太陽と月とが0度、あるいは180度の関係となる場合、太陽の側が月の側を実生活でリードしていく傾向があります。つまり、お二人の場合は佐藤さんのほうが細貝さんをリードする関係になりがちなのです。佐藤さんのほうが5歳年上ということもあり、私生活ではそのほうが良いと思われます。

ただし、細貝さんにとって太陽と月との180度は、社会生活と私生活との“バランスをとるのが難しい”配置で、仕事を優先すると家庭がおろそかになり、家庭を優先すると仕事上に支障が出やすい組合せなのです。そういう意味でも、家庭的には妻がリードしていくほうが良いかもしれません。奇妙なことに、妻側のほうは太陽と月とが120度アスペクトで、仕事と家庭のバランスを調和的に保っていく配置となっています。

◎同じ星座でも、大きく違う性格…

二人の性格的にも同様のことが言えそうです。太陽そのものは二人とも同じ位置ですが、アスペクト惑星は大きく異なり、性格の違いを表しています。妻側は太陽に木星、月、海王星がアスペクトし、夫側は太陽に水星、月、土星、金星がアスペクトしています。

どちらかといえば妻は大らかでムード優先であり、夫は神経が細かく真面目でデリケートに気遣うタイプ。これらのことから考えても、妻の佐藤さんが家庭内の支配権を握りそうです。同じ「てんびん座」に太陽がある二人ですが、その実像は大きく異なっています。

一つだけ気になるのは、細貝さんは金星と土星とが0度一体化していることです。これは“義務としての愛情”に変わっていきやすい惑星配置。そうならないためには双方の努力が必要と言えるでしょう。

◎プロフィール

波木星龍(なみきせいりゅう)
公式サイト:http://www.namikiseiryu/com/

鑑定暦30年以上、延べ5万人以上の鑑定実績をもつ本格占い師。古今東西のあらゆる占術に精通している。対面鑑定のほかに「正統占い教室」という占い教室を主宰し、数多くの有名占い師を生み出している。

★鑑定所「波木星龍」

波木星龍による本格鑑定を受けられる鑑定所です。あなたの悩める「人生&運命」と真摯に向き合い、各種の占術を通じ“最良の選択肢"をアドバイスいたします。

住所:札幌市中央区南1条東7丁目2-2 ラピスアクアシティー大通1205
※札幌地下鉄東西線「バスセンター前」駅10番出口から徒歩3分。

▼鑑定のご予約はこちら
電話:011-231-3344
メール:namiki.s@jcom.home.ne.jp

スマートフォンサイト:『前世からの約束』

オリジナルサイトで読む