1. トップ
  2. ファッション
  3. ロングブーツに再注目! 秋冬コレクションに学ぶ今季のトレンド

ロングブーツに再注目! 秋冬コレクションに学ぶ今季のトレンド

  • 2019.10.18
  • 7263 views
undefined

使い勝手のよさを理由に、ブーツといえばショート丈一択だったところに、流れを変えるロングブーツがカムバック。今までのようにエレガントには寄せず、むしろタフなマインドで。とあるメゾンの秋冬コレクションも参考に。
※( )内の数字は、ブーツのレングス×ヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。

INSPIRED BY ”CELINE” A/W 2019


1.ゆれるフォルムをとどめるよさ
Aラインコートやフレアスカートなど、なびくシルエットでもシャープな女性像に近づけたいときに、軸を担うロングブーツが有効。

2.クラシックなのに新しい
たとえば正統派のスカートとロングブーツの組み合わせ。ボウタイシャツなど、ほかもレトロに振り切ることでスタイルが確立される。

3.半端なボトムも戻る気配
ロングブーツの勢いに比例して、中途半端なボトム丈も再注目される傾向に。ボトムの選択肢を広げるための靴としての解釈も。

LOOK 01
「黒にさらなる一貫性」
+ LITTLE BLACK DRESS
普遍的なリトルブラックドレスのムードをくずすことなく、同色の黒で支えて、強さを加えた今季ならではのALLブラック。密着感のあるソックスブーツで、シャープな印象を強化。


同色ワンピと一体になれるタイツいらずのメリット
黒ワンピース 30,000円+税/KNOTT(シジェーム ギンザ) ブラウンサングラス 2,990円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン) オーバルリング、バーモチーフリング 各15,000円+税/ともにADER.bijoux 黒スクエアバッグ 52,000円+税/マージ シャーウッド(ユナイテッドアローズ 新宿店) 黒ニーハイソックスブーツ(64×5) 29,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

LOOK 02
「複雑なスカートを整える」
+ ASYMMETRY SKIRT
難易度の高いデザインスカートを引き立てつつも落ち着かせるのは、ボトムを支えるロングブーツだからなせるワザ。スカートとケンカしない、ひかえめなカラーがベター。


全部強いのにまろやかに見える表情豊かなグラデーション
ベージュデザインコート 64,000円+税/ハウス オブ ダグマー(エスケーパーズ) ベージュアシンメトリープリーツスカート 12,000円+税/ロペ マドモアゼル アイボリーロングブーツ(55×6) 36,112円+税/COS(COS 銀座店) スカートに負けじと、コートも個性的でも、ニュートラルカラーなら目立ちすぎない。上品なベージュのよさを保ちつつ、トーンダウンさせたいなら「白っぽいブーツ」がちょうどいい。

LOOK 03
「レザーでそろえてハイグレード」
+ RIDERS JACKET
ライダースジャケットにぶつけるように、足元も黒レザーでコーディネート。筒幅がややワイドなタイプなら、ライダースに負けない強さとして作用。今までにない堂々たるモノトーンが完成。


半端なスカートがあればWレザーでもハードじゃない
黒レザージャケット 110,000円+税、ベルトつきチャコールスカート 59,000円+税/ともにbeautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) 白バックボタンシャツ 23,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ブラウンサングラス 36,000円+税/propo(プロポデザイン) 黒フレアロングブーツ(64×4) 29,000円+税/エトレトウキョウ 重厚なスタイリングに、クリーンな白がきわ立つ。デザインスカートも、「整う黒」となら簡単。

LOOK 04
「デニムとブーツを一体化」
+ SKINNY DENIM
一歩まちがうとやぼったくなる「デニムでブーツIN」。あえてデニムとブーツをなじませる、さりげなさが今っぽい。デニムのシルエットがもたつかない、ひざを越えるレングスがベスト。


ソックスを重ねたような新たなロング丈の解釈
ネイビーコート 49,000円+税/トラディショナルウェザーウェアー(スピック&スパン ルミネ新宿店) 黒スエットプルオーバー 13,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 黒スキニーパンツ 36,000円+税/ザ・ニューハウス(アーク インク) バッグ 25,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) ドッキングブーツ(68×7) 22,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿)

LOOK 05
「プリントドレスを引き寄せる」
+ VINTAGE DRESS
味わい深い総柄ドレスの雰囲気をくずすことなく、都会的に見せたいときにも、シンプルなのに強気な黒が有効。肌をおおって、足元に隙をつくらないことで見た目もすっきり。


わずかにのぞくぐらいがいいスタッズつきの辛口ブーツをIN
黒ペイズリーワンピース 7,800円+税/フラミンゴ 表参道店 ゴールドネックレス 21,000円+税/ADER.bijoux ブラウンベルト 21,000円+税/メゾン ボワネ(ebure) 黒ロングブーツ(52×8) 89,000円+税/ペリーコ(アマン) レザーベルトでウエストマークしたひと手間が、ドレスをバランスよく見せるうえ、ロングブーツの強さとつり合うファクターに。

LOOK 06
「ソフトな素材をまとう日こそ」
+ WOOL LONG COAT
もこもことした心地よいコート。風合いを生かしたかわいい印象に沿わせるだけではつまらない。ブラウンと親しいワインカラーのスエードブーツなら、「つかず離れず」の強さとして働く。


色も素材もコートと波長の合うマットなブーツで統一感を
フードつきブラウンロングコート 46,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 青山店) ブラウンサングラス 19,000円+税/スペクトレ(ビームス ハウス 丸の内) ショルダーバッグ 34,000円+税/MARROW(MIDWEST) ワインニーハイブーツ(60×6.5) 38,000円+税/ロペ マドモアゼル テクいらずでスマートに見える、ロングコート×ロングブーツのかけ合わせ。赤みブラウンで統一することで、クラシックな趣に。

CLOSE-UP
「よりよく見せるためのスタイリングルール」
ロングブーツがさらに生きる、スタイリングのひと手間とは?小物づかいから着こなしまで、4つのポイントにフォーカス。

1.「小物にも適度な強さを分散」


ブーツとバランスがとれるような、わずかに主張のある小物が有効。角ばったバッグなど、デザイン<フォルムの強さも見のがせない。

2.「あらゆる手段でひざを隠す」


ボトムをおおうように、さらにはブーツの上にボトムを重ねるように「ひざを隠す」ことによる隙のなさが、今っぽい強さにつながる。

3.「首元も隙を見せない」


ひざと同様、表情が引き締まる「首を隠す」トップス選びで、方向性をさらに強化。スタンドカラーなど、デザインに乗じてカバーを。

4.「レザーどうしの統一感」


レザーのロングブーツが悪目立ちしないかと不安なら、ベルトなど「小さなレザー」で強さを散らす。装いがソフトなときこそ効果的。

オリジナルサイトで読む