授業中の「落書き」には、記憶力を高める効果がある!

学生の頃、退屈な授業の最中に、落書きをしていた記憶はありませんか?教科書の登場人物にひげを書いたり、眉毛を書いたりしたこと、きっと誰でも経験がありますよね。

しかし、科学的に言うとこの落書き、実は記憶力を向上させる効果があるそうです。

2009年、イギリスのプリマス大学で応用認知科学を研究するジャッキー・アンドラデ教授が行った実験が、国際的に有名な学術専門ジャーナル「Wily InterScience(電子版)」に発表されました。

18歳から55歳までの男女40人を対象に行われた実験は、留守番電話のメッセージをきくというもの。メッセージには8人の人物名と猫の名前、8つの場所の名前が含まれており、落書きをするグループとしないグループで分け、どれだけの内容を記憶できるか検証しました。落書きをするグループには、図形を塗りつぶす作業を依頼。

実験の結果、落書きしなかったグループでは、パーティの参加者、悲参加者、猫の名前、場所の名前、を思い出した数が、平均5.8になり、落書きをしながらメッセージを聞いたグループに関しては平均7.5の成績に。つまり、「ながら作業」をしていたグループの方がおよそ3割も記憶力がよかったことが判明しました。

「ながら作業」は、脳にいい?

一般的に「ながら作業」は、作業効率を落とすためよくないとされています。マルチタスクが非効率だという話は、ビジネスの世界でもよく語られるところ。実験を行ったアンドラデ教授は結果について次のような見解を示しています。

「落書きをすると空想にふけることがなくなる。退屈で何もしていないと、ついついボーっとしてしまうが、落書きをしながら授業を聞いていれば、無意識でも脳が機能し、授業の内容を記憶しやすくなるのではないか」

もちろん落書きに「集中」してしまったら、授業の内容も聞こえなくなってしまいそうですが、教科書にちょっと落書きする程度なら、退屈な授業にもある程度注意を向ける効果があるのかもしれません。

学校の授業や、会議の内容についつい眠くなってしまうあなた、一度「落書き」を試してみてるというのもアリかも?

Reference:AFP通信 , Applied Cognitive Psychology

元記事を読む
提供元: TABILABOの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。