1. トップ
  2. A.B.C-Z戸塚祥太「やすらぎの刻」に出演決定!風間俊介に「僕の孫だよね!?」と驚かれたことを告白

A.B.C-Z戸塚祥太「やすらぎの刻」に出演決定!風間俊介に「僕の孫だよね!?」と驚かれたことを告白

  • 2019.10.18
  • 790 views
A.B.C-Z戸塚祥太「やすらぎの刻」に出演決定
(C)テレビ朝日

4月よりスタートした、倉本聰脚本の帯ドラマ劇場「やすらぎの刻〜道」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)。その「道」の“平成編”に、A.B.C-Zのメンバー・戸塚祥太が出演することが明らかとなった。

【写真を見る】舞台共演の戸塚祥太✕京本大我「一緒にぬいぐるみを買いに行きます!」

本作は、脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様、そして、根来しの(清野菜名)・公平(風間俊介)夫妻の一代記を綴る「道」、という2つの世界を絶妙なバランスで描く。

そして物語は、まもなく激動の時代“昭和”が終わりを告げ、11月から“平成”に突入。橋爪功、風吹ジュンが主演のバトンを受け継ぐ。

戸塚が演じるのは、根来公平(橋爪功)・しの(風吹ジュン)の孫・根来克夫。克夫は、山梨に残った両親のもと、実家の農業を手伝い、祖父母や従兄弟たちのことも気にかける純朴でやさしい性格だ。戸塚は15歳の少年期から壮年期まで、約30年間におよぶ克夫の人生を演じていく予定。戸塚にとって倉本作品への出演は初であり、ひとりの人物の半生を演じ抜くのも初めてとなる。

戸塚は、ジャニーズ事務所に入所して今年で20周年。これまで、A.B.C-Zとしての活動のほか、舞台「熱海殺人事件」「出発」「広島に原爆を落とす日」「寝盗られ宗介」「Defiled」「BACKBEAT」、映画「恋するヴァンパイア」「日本のいちばん長い日」など、数々の作品でマルチに活躍し、鮮烈な印象を残してきた。

その表現力の深さには定評があり、「道」でも存在感を遺憾なく発揮することだろう。

戸塚祥太「2人が築いてきたものを傷つけないように…」

このオファーを受けたとき「最初は信じられずに疑いました。オファーの話を聞いたときには、どこかにカメラがあるんじゃないかと…(笑)」と、“ドッキリ”を疑ったことを笑顔で明かした戸塚。

作品の“昭和編”では同じジャニーズ事務所の風間俊介、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が熱演を見せており、「風間くんからは、“…僕の孫だよね!?”と驚かれました。2人が築いてきたものを傷つけないように頑張りたいと思います」と、時代を受け継いでいく覚悟を語った。

現在32歳の戸塚は克夫役を15歳から演じることについて「彼のお母さんの設定が、僕の実年齢よりも年下で、お父さんは一つ上なんです」と苦笑いしながらも、「気持ちを若く保とうと思って、たくさん水を飲んで体の中をきれいにしたりしました(笑)」と、独自の“若返り法”を実践したことを告白。

倉本氏からそんな戸塚の「純粋性に期待している」というエールが届くと、「僕は1986年生まれですが、全世界の1986年生まれの中の“純粋さランキング”ではベストテンに入っていると思います(笑)」と、自身のピュアさに静かな自信をのぞかせていた。

橋爪功、風吹ジュンら大先輩との共演には学ぶことも多いと感激する、戸塚。「こんなに貴重な経験はなかなかないので、お仕事なのに“ご褒美”のような感覚すらあります。吸収できることはすべて吸収していきたいという思いで、精一杯努めます!」と、力強く意気込みを語った。

舞台公演「屋根2020」出演決定

さらに、戸塚は「道」の構想の原点となった舞台公演「屋根2020」への出演も決定し、ドラマだけではなく舞台でも“倉本ワールド”に挑戦する。

「屋根2020」は、北海道・富良野の山里に暮らす、明治生まれのひと組の夫婦の人生模様を軸に、大正、昭和、平成という時代の激変を描き、日本人が忘れかけているものを問いかけていく舞台。戸塚は出征を嫌がり、入営前に屋根で服毒自殺を遂げた三男・三平役を演じる。

舞台は2020年4月に公演を予定している。(ザテレビジョン)

元記事を読む