1. トップ
  2. ファッション
  3. 【ユニクロ】アイテムを使った着こなし特集!大人女性が賢く楽しむプチプラコーデ

【ユニクロ】アイテムを使った着こなし特集!大人女性が賢く楽しむプチプラコーデ

  • 2019.10.18
  • 38877 views

おしゃれ上手さんたちは、プチプラアイテムも、着こなし方で高見えさせておしゃれに決めているんですよ。

そこで今回は、ユニクロのプチプラアイテムを使っているのに、安っぽく見せずおしゃれに決めたコーディネートをいくつかまとめてご紹介したいと思います。ぜひ最後までチェックして、毎日の着こなしの参考にしてみてくださいね。

ユニクロトップス

出典:https://wear.jp/

ユニクロのタンクトップは、シンプルなデザインだからこそ、秋もまだまだ活躍してくれますよ。

アウターなどの羽織物は、袖を通さず肩からさらっとかけると、こなれ感が出ます。

出典:https://wear.jp/

深みのあるブラウンのTシャツは、秋ならではの雰囲気を演出してくれるので、ユニクロでプチプラゲットしておきたいですね。

どんなボトムスとも合わせられるので、着回しが効きます。

出典:https://wear.jp/

シンプルなデザインのトップスは、それだけだと物足りなさを感じることも。

そんな時は、ビスチェなどをレイヤードして、こなれ感をプラスするのがおすすめです。

出典:https://wear.jp/

ボリュームスリーブのトップスなら、ダークなカラーをチョイスしても存在感を演出することができます。

シンプルにデニムパンツと合わせるだけでも、おしゃれに決まりますよ。

ユニクロボトム

出典:https://wear.jp/

ユニクロのワイドパンツを使ったコーディネートです。

ウエストをキュッと絞れるデザインのトップスを合わせているので、膨張感のない着こなしに仕上がっていますね。

出典:https://wear.jp/

今シーズン、ユニクロのパンツの中でもとくに人気なのが、カーブパンツです。

太めのシルエットなのに、ハイウエストだからコーデをすっきりまとめてくれるのが魅力です。

出典:https://wear.jp/

引き締め感のある黒スキニーも、ユニクロパンツの中でマストバイなアイテムですよね。

カジュアルなコーディネートからきれいめなコーディネートまで、幅広く使えて便利です。

出典:https://wear.jp/

ユニクロのパンツを使って、秋らしいブラウンのワントーンコーデを。

足元にレオパード柄のシューズを持ってくることで、ワントーンコーデの地味見えも解消できています。

出典:https://wear.jp/

黒なら、ワイドなシルエットでも引き締め感があるので、クールに着こなすことができます。

ロング丈のノーカラーコートを合わせると、縦のラインが強調され、すらっと見えますよ。

出典:https://wear.jp/

カジュアルコーデの定番アイテムであるデニムパンツ。

ロング丈のシャツワンピースやガウンをさらっと羽織ることで、こなれ感を演出することができます。

ユニクロスカート

出典:https://wear.jp/

黒のタイトスカートは、大人女性らしいきちんとした印象を演出してくれます。

足元をスニーカーにしてカジュアルめに仕上げても、品のある着こなしに仕上がります。

ユニクロワンピース

出典:https://wear.jp/

ユニクロのワンピースはウエストをキュッと絞ることができるので、ふんわりとしたフェミニンなシルエットでも、着膨れや膨張感が気になりません。

出典:https://wear.jp/

モノトーン配色の花柄ワンピースは、シックな雰囲気だから高見え感抜群なんです。

ユニクロのプチプラワンピースとは思えないクオリティなだけでなく、着回し力も高いのでぜひゲットしておきたいアイテムです。

出典:https://wear.jp/

前開きデザインのユニクロワンピースは、羽織としても活用することができます。

いろいろな着回しができ、一枚持っているだけでコーデの幅をぐんと広げてくれます。

ユニクロカーディガン

出典:https://wear.jp/

ロング丈のカーディガンは、いつものコーディネートにさらっと羽織ることでこなれ感をプラスするポイントになってくれますよ。

ベーシックなデザインだから、どんなコーディネートにも合わせられます。

ユニクロのアイテムを高見えさせよう!

いかがでしたか?お好みのコーディネートや気になるアイテムはあったでしょうか?

どのコーディネートも、ユニクロんぽプチプラアイテムを使っているのに、おしゃれに決まっていますよね。ぜひ、お手本にしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む