1. トップ
  2. ダイエット
  3. ぽっちゃり解消にお役立ち?! ダイエットを促進【マイナスカロリー食材】3つ

ぽっちゃり解消にお役立ち?! ダイエットを促進【マイナスカロリー食材】3つ

  • 2019.10.17
  • 17731 views

「食べる=カロリー摂取」というのは当然のことですが、逆に「食べる=痩せる」とされるのが【マイナスカロリー食材】です。このマイナスカロリー食材を簡単に説明すると、“食材自体のカロリーよりも、その食材を消化するのに要するカロリーの方が大きいとされる食材”のこと。例えば、食材自体のカロリーが20kcalで、その食材を消化するのに必要なカロリーが30kcalだとすると、10kcal分逆にエネルギーが消費できてしまうという理屈です。

「たしかに理屈上では可能だけれど、実際にはありえない」と否定する学者もいますが、いずれにしてもマイナスカロリー食材はダイエットを促進する栄養が含まれていることは間違いなさそう。それではダイエットに役立てたい3つの食材をチェックしておきましょう。

(1)キャベツ

ビタミンU(キャベジン)が含まれていて胃粘膜を修復してくれる効果があるので、とんかつなど脂っぽいものを食べるときの付け合わせの定番となっているキャベツ。ビタミンC、Kが豊富に含まれていて疲労回復や肌荒れに効果があるといわれているキャベツは26kcal/100gという低カロリー食材です。ビタミンCやビタミンUは水溶性なので、生のままか軽く炒める程度で食べると含まれる栄養素を効率よく摂取できます。

(2)こんにゃく

5kcal/100gと低カロリーなことから、ダイエット中に大活用する方も少なくないこんにゃくもマイナスカロリー食材の1つ。消化に時間がかかるので少量でも満腹感が続くのも特徴で、脂肪を吸収して体内に吸収させないようにしてくれる効果もあります。

(3)セロリ

食物繊維が豊富なことで有名なセロリは豊富に含まれた食物繊維を消化するための消費カロリーが高いことがマイナスカロリー食品といわれる所以。食材そのものも14kcal/100gと低カロリーで便秘予防やデトックスに効果を期待できます。また、むくみの改善や脂肪燃焼といった効果もあるとされています。

マイナスカロリー食材の真偽については上述したように諸説ありますが、今回紹介した3つの食材はダイエットを強力にサポートしてくれること間違いなし。積極的に摂取してぽっちゃり解消に役立てたいところです。ただし、「消費カロリーが高い=消化が良くない」ということでもあるので、食べすぎや偏った摂り方は控えるように注意してくださいね。<text: kanacasper(カナキャスパ)>

元記事を読む