1. トップ
  2. グルメ
  3. 併設のル・サロンで大丸心斎橋店限定メニューを!関西初登場の「ル・ショコラ・アラン・デュカス」

併設のル・サロンで大丸心斎橋店限定メニューを!関西初登場の「ル・ショコラ・アラン・デュカス」

  • 2019.10.17
  • 200 views

ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋は、フレンチの巨匠、アラン・デュカス氏が手がけるショコラ専門店。産地ごとに異なるカカオの風味が際立つ味わいをタブレットやボンボン・ショコラなどで楽しめるほか、併設のサロンで提供するショコラを使ったデセールは、ここでしか味わえないものも多い。<※情報は関西ウォーカー(2019年22号)より>

【写真を見る】棚にはカカオの産地の個性をそのまま味わえるタブレットが30種以上並ぶ/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋

ショコラティエが作る美しいデセール

ショコラをかけたりフォンデュしたりと、仕上げも楽しい一品や限定の味がデセール。大丸心斎橋店限定の味をチェック!

プロフィットロール ソース・ショコラ バニラアイスクリーム(1700円)/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

75%のショコラを使ったソース・オ・ショコラに、クリームが詰まったシューをフォンデュ。バニラアイスと合わせて。大丸心斎橋店限定。

クープ・オ・グラッセ・オ・カフェ(1900円)/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

グラニテカフェ、エスプレッソのムース、ソルベ・オ・ショコラの上にディスク状のショコラをのせ、ショコラショーをかけて味わう。

モンブラン(1500円)/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

フランス産と国産のマロンを使用。柑橘類のコンフィとクレームショコラの周りにメレンゲを散らし、バニラのシャンティイを重ねた。

テイクアウト可のショコラも

イートインでしか味わえないデセールのほか、種類豊富なショコラを販売。詰め合わせも多く、おみやげにもぴったりだ。

3つのタイプのボンボン・ショコラをそろえ、フレーバーは全部で16種を用意/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

濃厚さや食感の異なる詰め合わせでカカオ本来の風味を比べて。

マカロンやフィナンシェなど、焼き菓子は種類に合わせて異なるクーベルチュール・ショコラを使用/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA
ナッツやドライフルーツをちりばめたタブレットも人気/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

ソフトクリームにも濃厚ショコラ

国内4店舗目にして関西初進出の同店オープンを記念して、ソフトクリームが登場。大丸心斎橋店で先行販売している。

ソフトクリーム(800円)/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

パリの工房で厳選されたカカオ豆から作られたクーベルチュール・ショコラを使用。乳製品不使用のため、ショコラ本来の味を楽しめる。

「ル・ショコラ・アラン・デュカス」とは?

フランス・パリ発のショコラトリー。2018年3月に初の国外店舗「東京工房」をオープン。厳選したカカオ豆からパリの工房で製造されたクーベルチュールを使い、すべての製品を東京工房で手作りする。

アラン・デュカス氏(右)からの信頼も厚く、エグゼクティブ・シェフを務めるジュリアン・キンツラー氏(左)/ル・ショコラ・アラン・デュカス
Photo by Pierre Monetta

ジュリアン・キンツラー氏は、「ベージュ アラン・デュカス 東京」のシェフパティシエを経て、東京工房で腕を振るう。

【写真を見る】棚にはカカオの産地の個性をそのまま味わえるタブレットが30種以上並ぶ/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA
売場に隣接するサロンにはテーブル席のほかカウンター席もあり、1人で買物時の休憩にも利用できる/ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋
KADOKAWA

■ル・ショコラ・アラン・デュカス 大丸心斎橋<住所:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店本館B1 電話:06-6251-9510 時間:10:00~20:30(LO20:00) 休み:大丸心斎橋店に準じる 駐車場:契約駐車場あり アクセス:地下鉄心斎橋駅と直結>(関西ウォーカー・編集部)

元記事を読む