1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「趣味が充実しすぎて恋ができない」危機感を抱いたときの対処法

「趣味が充実しすぎて恋ができない」危機感を抱いたときの対処法

  • 2019.10.17
  • 2115 views

音楽やアイドル、2次元やコレクションなど、学生時代から興味がありつつも、お金がなく手を出せなかったものたち……。

社会人になってある程度ふところに余裕ができ、そんな昔からやりたかったことや、新しい趣味にドップリハマっている人もいるのでは?

特にいまは個人の生きかたが尊重される時代。そのため彼氏がいなかろうと、特にマウンティングされることも少なくなってきましたよね。

でもアラサーに入り、周りが着々と結婚するのを見て「私このままじゃ一生ひとりかも……」とうっすら危機感を抱くことも。

そこで今回は趣味が充実しすぎていて恋ができない人へ、その対処法についてご紹介します。

「趣味が充実しすぎて恋ができない」危機感を抱いたときの対処法

誘われたらとりあえず行ってみる

特にアイドルや2次元にハマっている場合、ついつい現実の男性とキラキラの彼らを比べてしまいがち。

そして「リアルの男なんて興味ないし」「推しのグッズやライブにお金使いたいし」と、さらに現実男性から遠ざかっていきます。

もちろんコンサートやマンガ、アニメは私たちに幸せをもたらしてくれます。だけど悲しいですが、彼らとはそれ以上の関係にはなれませんよね……。

現実の男性を知ることで、趣味とはまた違った幸せを感じることもあります。

無理して男性とデートする必要はありませんので、まずは「女友達に合コンに誘われたら行ってみる」程度からスタートしてみましょう。

最初は推しと比べてしまい、つまらなさを感じるかもしれません。

だけど現実の男性と話していくうちに、だんだん趣味と恋愛の区別がついてくるはず。「別に彼氏がいても趣味は継続すればいいしな」と考えが変わるかも。

恋活する年齢や時期を決めておく

「趣味が充実しすぎて恋ができない」危機感を抱いたときの対処法

あとは〇歳までは後悔しないように趣味に浸かると決めて、タイムリミットが来たら徐々に恋活にシフトチェンジしていく方法。

Aさんは某アイドルの熱狂的なファンだったのですが、「26歳になったら婚活に専念する」と話していました。

それまではCDや雑誌、グッズもすべて買い、コンサートも遠征。でも26歳になってからは、いままでの熱狂ぶりがウソのように、緩く応援する程度に。

その代わり婚活に力を入れ、2年付き合った彼と30歳で結婚しました。

Aさんいわく「本気で好きなアイドルを追いかけられたから、悔いなく婚活にシフトチェンジできた」とのこと。

少しでも彼氏が欲しい、結婚したいと感じるのであれば、自分の人生を逆算してみてはいかがでしょうか。

おわりに

譲れない趣味があっても、恋人がいたり結婚している人はたくさんいます。

まずは理想と現実を切り離して考えることが、恋をするためには必須ですよ。

そしてもう一つ。焦らずに、自分の日々を楽しむことも大切に。いつも眉間にしわを寄せているよりも、どこか余裕のある笑顔でいたほうが、より幸せに近づけますから。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む