1. トップ
  2. メイク
  3. 安達祐実さんの美肌を作る、石けんオフメイクアイテムとは?スキンケア法から“自分メイク”のコツに肉薄!

安達祐実さんの美肌を作る、石けんオフメイクアイテムとは?スキンケア法から“自分メイク”のコツに肉薄!

  • 2019.10.17
  • 7175 views

2年前に刊行された本『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(北島 寿・著 文藝春秋刊)でモデルを務めて以来、クレンジングをやめ、石けんオフメイクをとりいれているという安達さん。

もともと肌荒れがひどかったそうですが、石けんオフメイクをするようになってからは、肌あれが少なくなり、肌が軽やかになったとか。38歳とは思えない美肌で、今では女優としてだけではなく、ビューティアイコンとしても話題を集めています。

そんな安達さんが、9月20日発売された続編となるメイク本『肌がきれいになる石けんオフメイク』(石けんオフメイク研究会・著 文藝春秋刊)に、再びビューティモデルとして登場。今回の第2回のインタビューでは、年々注目が高まっている石けんオフメイクの魅力や普段のスキンケアについてお話を伺いました!

第1回|安達祐実さんの美肌の作り方|クレンジングをやめ“石けん洗顔”にして肌荒れ改善を

 

 

――近年、ミネラルコスメやオーガニックコスメなど、石けんオフメイクが楽しめるアイテムが増えていますが、安達さんが普段メイクされるときには、ベースメイクではどのようなブランドを使用されていますか?

安達:いろいろ使いますけど、オンリーミネラルはもともと母親が使っていて昔から馴染みがあり、愛用していて。あとは、TV&MOVIEやエトヴォスとかも使用しています。

――では、アイメイクやリップで愛用されているブランドは?

安達:石けんオフメイクを始めた頃は、MiMC(エムアイエムシー)のシャドウにすごく色っぽい色があり、すごく好きで。今も時々、気分によって使っています。

あと、この書籍の撮影のときにたくさんいただいたので、最近はその中から使用していますね。自然派なのに、発色がいいアイテムも多くて驚きます。

中でも、今はカラーマスカラにはまっているんです。お湯で落ちるマスカラもすごく増えていて、本当にうれしいです。

最近のお気に入りは、パープルやピンクといった華やかなカラー。黒いマスカラをすることは普段ほとんどなくて、派手なカラーでアクセントを入れて遊んでいます。

――メイクするときに気をつけていることや大事にしていることはありますか?

安達:メイク前の保湿です。昔は基礎化粧品をササッと薄目につけていましたが、今は保湿をしっかりするために、メイク前でも化粧水をたっぷり入れます。そしてクリームも塗るんですけど、クリームにファンデを溶かすようにしていて(笑)。

私、ツヤ肌が好きなので、クリームとファンデーションを馴染ませて、ツヤを出すときもあります。その時々によって使い方を変え、楽しんでいます。

――最近はツヤ肌を作るファンデーションも多いですよね。

安達:そうですね。仕事も自分でメイクすることが多いんですけど、撮影の種類によってアイテムを変えるようにしています。

例えばドラマの現場でメイクをする際は、あまりツヤがないほうがよいので、割とマットな質感になるようにしたり。それでも、よく「テカってます」って言われますけど(苦笑)。

ツヤ肌は長時間たっても、あまり崩れが目立たなくて。ドラマの撮影は早朝から夜遅くまでかかることも多いので、長時間もたせるというのを考えると、ちょっとツヤ感が出るほうが同じトーンでずっといられるのかと。合間に、軽くパウダーを付けてお直ししています。

――お肌の保湿をしっかりされるということでしたが、洗顔後のスキンケア法も具体的にお伺いしたいです!

安達:私、本当に普通なんです。特別なものはあまり使わず、基本シンプル。夜は化粧水をつけ、美容液にクリーム、メイク前の朝は、化粧水にクリームですね。朝はあまり重ねすぎるとファンデがよれることもあるので、調節しながらつけています。

――ちなみに、どこのブランドのアイテムを愛用されているのですか?

安達:化粧水は昔からさっぱりしたものが好きで、ずっと無印良品のものを使っています。化粧水がこってりしていると、その後メイクがしづらい気がして。無印良品の化粧水はちょうどいい感じなんです。

あと、先日“石けんオフメイク研究会”のメンバーにタカミクリニックの化粧水や美容液をいただいて。こちらもとてもよかったです。

――アイテム選ぶときには、どういったところを重視されますか?

安達:化粧品ってやっぱりお肌に合う、合わないかが、すごくあると思います。なので、使用感や香りをはじめ、使っていて心地いいかということは大事にしていますね。いろいろ試して購入しますし、試すことも好きなんです。

――いろいろ試して自分に合うアイテムを見つけていきたいですね。

安達:そうですね。2年前に刊行された前作の『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』では、肌の本来の力を引き出すことが中心でしたが、今回発売された『肌がきれいになる石けんオフメイク』は、石けんオフメイクでどれだけメイクを楽しめるかということが、わかりやすくまとめられていて。

石けんオフできるアイテムの種類や使い方など、これを見ながら真似するところからはじめて、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

――石けんオフメイクでキレイになり、またお肌事態も美肌になれたら一石二鳥ですね!

安達:ゆくゆくはファンデーションをしなかったり、もしくは薄くてもイケるという肌になったら、ステキですよね。

なるべく本来の肌の力を引き出して、理想の肌に近づきつつ、でもメイクもしっかり楽しめるというのも分かっていただけたらうれしいです。

『肌がきれいになる 石けんオフメイク』には、石けんオフできる優秀メイクコスメブランドが一挙紹介されているので、ぜひチェックしてみてください♪ 最終回となる次回のインタビューでは、安達さんに美肌や健康でいるためのライフスタイルで気をつけていることを伺います!

 

【プロフィール】安達祐実
あだち・ゆみ。東京都出身。1981年9月14日生まれ。A型。2歳でモデルとして芸能活動を始め、1994年、ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で注目を集める。その後、多数のドラマ、映画に出演。デビュー35周年アニバーサリーブック『YUMI ADACHI AtoZ』(双葉社)、写真集『我我』(青幻舎)、『肌がきれいになる石けんオフメイク』(文藝春秋)が発売中。プライベートでは、二児の母親でもある。

 

書籍『肌がきれいになる石けんオフメイク』の公式インスタグラム「@sekken_official」では、撮影現場の様子や未収録写真なども公開中。安達さんの人気と、石けんオフメイクへの関心の高まり、発売前に異例の増刷が決まり、発売後10日でたちまち3刷が決定している。

 

シャツ¥42,000、パンツ¥55,000(ともにエンフォルド)、ブーツ¥96,000(アリス アンド オリビア〈ルック〉)、ピアス¥31,000(イサベル ミシェル ビジュー〈ヴィア バス ストップ ミュージアム〉)
問い合せ先/エンフォルド 03-6730-9191。ルック 03-3794-9131、ヴィア バス ストップ ミュージアム 03-5459-1567

撮影/フカヤマノリユキ ヘアメイク/秋鹿裕子(W) スタイリング/船橋翔大(DRAGON FRUIT) 取材・文・構成/高山美穂

元記事を読む