1. トップ
  2. 夏帆、監督からのサプライズメッセージに号泣!「本当に大事な出会いになりました」

夏帆、監督からのサプライズメッセージに号泣!「本当に大事な出会いになりました」

  • 2019.10.16
  • 200 views

新進気鋭の若手映像作家を生みだすプロジェクト「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM」で2016年に審査員特別賞を受賞した企画を映画化した『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(公開中)の公開記念舞台挨拶が16日、テアトル新宿で開催。本作で主人公の砂田夕佳役を演じた夏帆と、兄の砂田澄夫役を演じた黒田大輔、CMディレクターとして活躍し本作で長編映画監督デビューを飾った箱田優子監督が登壇した。

【写真を見る】『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の公開記念舞台挨拶で夏帆が号泣!

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は大ヒット公開中!
KADOKAWA

30歳の自称売れっ子CMディレクターの砂田は、日々仕事に明け暮れながらも心は完全に荒みきっていた。そんなある日、病気の祖母を見舞うため、コンプレックスの根源である大嫌いな故郷へと帰ることになった砂田。幼いころから困った時に必ず現れる自由で天真爛漫な“秘密の友だち”清浦と一緒にたどり着いた故郷で待ち受けていたのは、都会で身につけた理論武装が全く通用しない家族たち。やがて砂田の中で本当の自分が顔を出しはじめ、清浦との別れの時が迫ることに…。

「ずっとこの映画が公開されるのを楽しみにしていたので、うれしいような寂しいような、複雑な気持ちです」と本作が公開された心情を吐露した夏帆は、本作で演じた砂田という役柄を“一番やりたかった役”だと表現。「10代のころからこの仕事をしていますけど、あの時このタイミングで、この砂田という役に出会えたことは、私のキャリアの中でも意味のあること。頑張っていればこういう作品と出会えるんだなと思いました」と、本作に参加した喜びを改めて噛みしめていた。

「すごく思い入れの深い作品になりました」と語った夏帆
KADOKAWA

一方、終始緊張気味の箱田監督は「初監督作品なので、舞台挨拶に来てくれた皆さんや、この風景を絶対に忘れないと思います」とそわそわした様子でコメント。そんな箱田監督に夏帆は「大事な1本目に私を呼んでいただいて、いまこの場所に一緒に立てているのがすごくうれしいです」と笑顔で語りかけ、「ご自身を投影した砂田という役に私をオファーしてくださって、私にとってもすごく思い入れの深い作品になりました」と感謝を告げた。

そんななか、現在韓国でドラマを撮影中のシム・ウンギョンからメッセージが到着。清田役を演じたウンギョンについて夏帆は「本当に素晴らしい女優さんで、才能も豊かでストイック。砂田にとって清田の存在が心の拠りどころになっているのと同じように、私にとってもウンギョンちゃんは心の拠りどころ。撮影中も現場にいないと寂しくて、いるとホッとしていた。ご一緒できて良かったなと思っています」と明かした。

夏帆と箱田優子監督、仲良しな2人が熱烈なハグ!
KADOKAWA

そして舞台挨拶の終了間際、箱田監督から夏帆にサプライズで手紙が。感極まりながら夏帆への熱い感謝を読みあげた箱田監督に、夏帆も思わずもらい泣き。手紙を受け取った夏帆は「お手紙を読んでいただいて、いろんなことを思い出しました。お仕事をしていく中で、箱田さんとの出会いは本当に大事な出会いになりました。これからもお付き合いさせていただけたらと思います」とコメントし、箱田監督と熱いハグを交わしていた。(Movie Walker・取材・文/久保田 和馬)

元記事を読む