1. トップ
  2. ファッション
  3. ティボー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 当たり前は必ずしも正解ではない

ティボー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 当たり前は必ずしも正解ではない

  • 2019.10.16
  • 210 views

ティボー 2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクション - 当たり前は必ずしも正解ではない

ティボー(thibaut)は、Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S3日目となる2019年10月16日(水)に2020年春夏コレクションを発表した。テーマは「ヒューマンズ マーケット」。

undefined
www.fashion-press.net

約2年ぶりに東コレに参加したティボーのショーは、東京・三宿のアンティークショップザ・グローブ アンティークスが舞台。ヨーロッパで買い付けしたインテリアなどが並ぶショップ全体を使って新作コレクションを発表した。

ソフトカラーのリラックスウェア

モデルたちは、ヴィンテージのソファに転がったり、テーブルでくつろいだり、シャンデリアの下で佇んだり…まるでアンティークショップで暮らしているかのよう。

そんなリラックスしたムードを落とし込んでいるのが、今季の新作ピースたち。肌あたりの柔らかいコットンやリネンで仕立てたクルーネックトップスやパンツ、キャミソールドレス、ルーズなソックスなどは、肌着のように優しくボディを包み込んでいる。カラーも、ホワイト、ベビーピンク、ライトブルーなど、優しい色彩が多数チョイスされている。

バレリーナを想起させるウェアも

デザイナー・伴芽衣子が幼少期に習っていたというバレエは、今季もインスピレーションに。レオタードやレギンスが度々登場し、デイリーウェアと組み合わせて提案されている。

既存概念を打破

特徴的なのは“いつもと違う”着こなし。片方だけ袖を通してトップスを着ていたり、トップスの上から下着を重ねていたり、洋服を帽子のようにかぶっていたり。また、男性モデルがフリルたっぷりのブラウスを身につけていたり、トップス一枚だけを纏っていたり、当たり前を打ち壊したスタイルが提案されている。

ここには、心の中にある既存概念を破り、違和感を感じず自分にフィットする形を見つけて欲しいというデザイナーの思いが反映されている。

オリジナルサイトで読む