1. トップ
  2. レシピ
  3. 【ゆず味噌】の簡単レシピと、絶品アレンジ7選

【ゆず味噌】の簡単レシピと、絶品アレンジ7選

  • 2019.10.17
  • 4652 views

上品な香りの「ゆず味噌」で、料理がワンランクアップ!

甘じょっぱく爽やかな香りの「ゆず味噌」。今回はゆず味噌の作り方をはじめ、アイデアいっぱいのアレンジレシピをご紹介します。ゆず味噌はふろふき大根や田楽だけではなく、炒め物の味付けやお肉料理のソースとしても活用できる万能調味料。ぜひこの機会に、ゆず味噌の上品な風味を活かした料理をお試しくださいね。

〈ゆず味噌の基本レシピ4選〉

まずは、ゆず味噌のレシピを4つご紹介します。使う味噌の種類や量のバランスによって味わいが変わるので、お好みのレシピでお試しくださいね。

白味噌で作る、爽やかな自家製ゆず味噌

材料 (200g)
  • ゆず (1個)
  • 白みそ (150g)
  • 砂糖 (40g)
  • みりん (大さじ2)
手順
  1. 保存容器を煮沸しておきます。
  2. ゆずの皮はおろし金などですりおろし、残りは半分に切って果汁を絞ります。
  3. 鍋に白みそ、砂糖、みりんを入れて混ぜながら、弱火にかけます。
  4. ねっとりとしてきたら、1を入れてよく混ぜ合わせ、火から下ろします。
  5. 粗熱が取れたら、保存容器に移して完成です。

まず最初に、基本的なゆず味噌の作り方を4つご紹介します。こちらのレシピでは、まろやかな白味噌(西京味噌)にゆずの皮と果汁を加えて、爽やかな風味に仕上げました。豆腐やこんにゃくなどのあっさりとした味わいの食材によく合います。ゆず味噌の上品な香りが、普段の料理をワンランクアップさせてくれますよ。

undefined

ゆず味噌は焦げ付きやすいので、ゴムベラで混ぜながら弱火で煮詰めることがポイントです。ゆずの皮と果汁は仕上げに加えて、爽やかな風味を活かしましょう。

赤味噌で作る、コクのあるゆず味噌

材料 (200g)
  • ゆず (1個)
  • 赤みそ (150g)
  • 砂糖 (70g)
  • みりん (大さじ2)
手順
  1. 保存容器を煮沸しておきます。
  2. ゆずの皮をむき、白い部分をそぎ落とし、千切りにします。
  3. 1を半分に切って果汁を絞ります。
  4. 鍋に1と赤みそ、砂糖、みりんを入れて混ぜながら弱火にかけます
  5. ねっとりとしてきたら、2を入れてよく混ぜ合わせ、火から下ろします。
  6. 粗熱が取れたら、保存容器に移して完成です。

こちらのレシピでは赤味噌を使い、甘じょっぱくコクのある味わいに仕上げました。甘みと塩気のバランスがよく、特にナスの田楽や焼きおにぎりにはぴったり!お肉との相性もよく、炒め物の味付けや味噌カツのソースとしても活用できますよ。毎日の食卓に、ぜひお試しください。

undefined

ゆずの皮の白い部分には苦味があるので、必ず取り除きましょう。ゆず果汁は大さじ1使用していますが、お好みで量を調節してくださいね。

甘さ控えめ!酸味を活かした爽やかなゆず味噌

材料 (60g分)
  • ゆず (1個)
  • ①白みそ (大さじ2)
  • ①みりん (大さじ1)
  • ①料理酒 (小さじ2)
手順
  1. ゆずは半分に切り、絞り器で果汁を絞り、茶こしでこし種を取り除きます。
  2. 鍋に①を入れよく混ぜ合わせ中火にかけ、沸騰直前に弱火にし、3分程度なめらかになりとろみがつくまで煮詰めます。
  3. 火からおろし1を入れ、全体に味がなじむように混ぜ合わせたら出来上がりです。

ゆずの爽やかな酸味を活かした、甘さ控えめのゆず味噌です。白味噌にみりんとゆず果汁を加えて、甘酸っぱく爽やかな味わいに仕上げました。野菜スティックにつけて食べたり、カルパッチョのソースにしたりと、和風ドレッシング感覚でさまざまな料理に活用できますよ。ゆず味噌の甘味が苦手、という方にもおすすめです。

undefined

味噌を火から下ろしてからゆず果汁を加えることで、酸味を活かした爽やかな風味に仕上がります。お好みですりおろしたゆずの皮を加えてもおいしいですよ。

電子レンジで作る!ジャムを使った簡単生姜ゆず味噌

材料 (200g)
  • 白みそ (150g)
  • ゆずジャム (70g)
  • 生姜 (1片)
  • きび砂糖 (大さじ1)
  • 料理酒 (大さじ1)
手順
  1. 保存容器を煮沸しておきます。 生姜は皮をむいておきます。
  2. 生姜は千切りにします。
  3. 耐熱ボウルに1と全ての材料を入れてよく混ぜ合わせたら、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで1分ほど加熱します。
  4. 一度取り出し混ぜ合わせたら、ラップをせずに再度600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。
  5. よく混ぜ合わせ粗熱が取れたら、保存容器に移して完成です。

よりお手軽にゆず味噌を楽しみたいという方は、ゆずジャムを使ってみてはいかがでしょうか。材料を混ぜ合わせて電子レンジで加熱するだけなので、とても簡単に作ることができます。ゆずと生姜の爽やかな香りがアクセントになり、特に魚料理との相性は抜群ですよ。

undefined

電子レンジを活用すれば、ゆず味噌が焦げ付く心配がなく時短にもなります。ゆずジャムは種類によって甘みが違うので、きび砂糖の量を調節して味を調えてくださいね。

〈ゆず味噌を使ったレシピ7選〉

ここからは、ゆず味噌のアレンジレシピをご紹介します。和え物や炒め物、魚の味付けなど色々な料理に活用できるので、ゆず味噌を作った際にはぜひお試しくださいね。

上品な味わい!わけぎともやしのゆず味噌和え

材料 (2人前)
  • わけぎ (100g)
  • もやし (50g)
  • お湯 (茹で用) (適量)
  • 青柚子 (1個)
  • ①白みそ (大さじ1.5)
  • ①みりん (大さじ1)
  • ①料理酒 (大さじ1)
  • ①砂糖 (小さじ1)
手順
  1. わけぎの根元は切り落とし、長さ4cm幅に切ります。
  2. 青柚子は皮をすりおろし、半分に切って果汁を絞ります。
  3. 鍋にお湯を沸かし1ともやしを30秒程さっと茹で、お湯を切ります。
  4. 鍋に①を入れ、中火にかけ沸々してきたら火から下ろし、2を加えます。
  5. ボウルに3、4を入れて全体に味が馴染むよう和えます。
  6. 皿に盛って完成です。

まず最初に、ゆず味噌と相性のいいわけぎを使った和え物はいかがでしょうか。爽やかな風味のゆず味噌が、わけぎともやしを驚くほど上品な味わいに仕上げてくれます。さっと手軽に作ることができるので、もう一品ほしいときにおすすめです。

undefined

青ゆずの清涼感のある香りがたまらないおいしさ!青ゆずが手に入らない場合は、普通のゆずでも代用できます。ちくわやかまぼこなどの練り物を加えてもおいしく召し上がれますよ。

おもてなしに!ゆず味噌の濃厚ごま豆腐

材料 (1個分(11×14cmの型))

ごま豆腐

  • 葛粉 (50g)
  • 水 (400ml)
  • 白ねりごま (40g)
  • 黒ねりごま (10g)
  • 塩 (ひとつまみ)

ゆずみそ

  • ゆず (1/2個)
  • 白みそ (大さじ2)
  • みりん (大さじ1)
  • しょうゆ (小さじ1)
手順
  1. 鍋にごま豆腐の材料を入れ、木べらで混ぜ合わせます。
  2. よく混ざったら中火にかけ、しっかりとろみがつくまで木べらで混ぜながら10分程煮詰めます。
  3. 型に流し込み、粗熱を取ってラップをかけ、冷蔵庫で1時間程冷やします。
  4. ゆずの皮をすりおろし、果汁を小さじ1しぼり取ります。
  5. 耐熱ボウルに4とゆずみその残りの材料を入れ、よく混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分程加熱します。
  6. 3をお好みの大きさに切り、お皿に盛り付け、5をかけて出来上がりです。

手作りのごま豆腐にゆず味噌をかけて、まったりと濃厚な風味に仕上げました。作りたてのごま豆腐は、香り高くねっとりとした舌触りが魅力です。甘く上品な香りのゆず味噌と相性抜群ですよ。

undefined

ごま豆腐は材料を全て混ぜ合わせたら、ダマにならないように木べらで混ぜながら加熱します。しっかりと練り合わせることで、プルンとコシのある食感に仕上がりますよ。

レンジで簡単!ししとうのゆず味噌和え

材料 (2人前)
  • ししとう (10本)
  • ①白みそ (小さじ1/2)
  • ①ポン酢 (大さじ1/2)
  • ①白いりごま (大さじ1/2)
  • ①ゆず胡椒 (小さじ1/2)
  • 糸唐辛子 (適量)
手順
  1. ししとうはヘタを取り、縦に切り込みを入れます。
  2. 耐熱ボウルに入れて、ラップをかけ、500Wの電子レンジで火が通るまで1分程加熱します。
  3. 別のボウルに①を入れて混ぜ合わせ、2を入れて和えます。
  4. お皿に盛り付け、糸唐辛子をのせて完成です。

よりお手軽にゆず味噌を楽しみたいという方は、ゆず胡椒を使ってみてはいかがでしょうか。ししとうを電子レンジで加熱し、ゆず胡椒、白味噌、ポン酢、白ごまを混ぜ合わせるだけで出来上がり!まろやかな白味噌にゆず胡椒がピリッと効いて、とてもおいしいですよ。

undefined

ししとうを丸ごと調理する場合は、破裂を防ぐため、縦に切り込みを入れてくださいね。ゆず味噌を別で作る手間がなく、電子レンジで簡単に作れるのも嬉しいポイントです。

魚料理の味付けにも! タラのゆず味噌焼き

材料 (2人前)
  • タラ (2切れ)

ゆず味噌

  • ゆず (1個)
  • ①白みそ (大さじ2)
  • ①みりん (大さじ1)
  • ①料理酒 (小さじ2)
  • 笹の葉 (1枚)
  • ゆず (飾り用) (適量)
手順
  1. ゆずは半分に切り、絞り器で果汁を絞り、茶こしでこし種を取り除きます。
  2. 鍋に①を入れよく混ぜ合わせ中火にかけ、沸騰直前に弱火にし、3分程度なめらかになりとろみがつくまで煮詰めます。
  3. 火からおろし1を入れ、全体に味がなじむように混ぜ合わせます。
  4. アルミホイルを敷いた天板にタラをのせハケで3の半量を塗り、オーブントースターで焼き色がつくまで6分程度焼きます。
  5. オーブントースターから取り出し、タラを裏返し、ハケで残りの3を塗り、タラに火が通るまで5分程度焼きます。
  6. 笹の葉を敷いた器にのせ、飾り用のゆずを添えて出来上がりです。

ゆず味噌を魚に塗って焼くと、香ばしく上品な風味の「ゆず味噌焼き」に。プリッと淡白な味わいのタラに、ゆず味噌の甘く爽やかな風味がよく合います。オーブントースターで焼くことで洗い物が少なく、焦げ付きを防ぐこともできます。先にご紹介した「生姜ゆず味噌」でアレンジしてもおいしいですよ。こちらもぜひお試しください。

undefined

上品な風味のゆず味噌は、タイやサケなどの淡白な味わいの魚によく合います。魚は盛り付けたときに裏側になる方から先に焼き、表側は後から焼くことで、見た目もきれいに仕上がりますよ。

肉料理のソースにも!ゆず味噌で食べる、ゆで豚巻きサラダ

材料 (2人前)
  • 豚肩ロース (薄切り) (150g)
  • 水 (豚肉茹でる用) (適量)
  • 酒 (豚肉茹でる用) (大さじ1)
  • 長ねぎ (白い部分) (10cm)
  • 水 (長ねぎさらす用) (適量)
  • ①みそ (大さじ2)
  • ①砂糖 (大さじ1)
  • ①酒 (小さじ1)
  • ①みりん (小さじ1)
  • ゆずの皮 (すりおろし) (1/2個分)
  • リーフレタス (6枚)
  • 大葉 (6枚)
手順
  1. 大葉の軸はとっておきます。ゆずの皮はすりおろしておきます。
  2. 長ねぎは長さを半分に切り、縦に切り込みを入れて開き、千切りにし、水に10分程さらします。
  3. 耐熱ボウルに①を入れ混ぜて、ラップをして、600Wの電子レンジで1分加熱し、ゆずの皮のすりおろしを入れてよく混ぜます。
  4. 鍋にたっぷりの水を入れ強火にして沸騰したら、弱火にし酒を加えて、豚肩ロースを1枚ずつ茹で、色が変わったらザルに上げ、水気をきります。
  5. お皿にリーフレタス、大葉、1と3を盛り、2を添えて、完成です。

爽やかな風味のゆず味噌は、お肉のソースとしても活用できます。豚肩ロース肉をさっとゆでて、ゆず味噌やねぎと一緒にレタスで巻けば、ボリューム満点の巻きサラダの出来上がり!ジューシーな豚ロース肉が、ゆず味噌の風味でさっぱりといただけますよ。お肉と一緒に野菜がたくさん食べられるのも嬉しいですよね。

undefined

豚肩ロース肉は色が変わる程度にさっとゆでて、やわらかな食感に仕上げましょう。メインのおかずにもなるボリューム満点のサラダは、おもてなしにもぴったりです。

炒め物の味付けにも!じゃがいものゆず味噌そぼろ炒め

材料 (2人前)
  • じゃがいも (計200g) (2個)
  • 牛豚合びき肉 (100g)
  • ①料理酒 (大さじ2)
  • ①赤みそ (大さじ1)
  • ①みりん (大さじ1)
  • ゆず果汁 (大さじ2)
  • サラダ油 (小さじ2)
手順
  1. じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
  2. じゃがいもは一口大に切り、耐熱ボウルに入れラップをし、500Wの電子レンジで4分程度火が通るまで加熱します。
  3. 中火で熱したフライパンにサラダ油を入れ、牛豚合いびき肉、1を入れ牛豚合びき肉の色が変わるまで炒めます。
  4. 中火のまま①を入れ、全体に味がなじみ、汁気がなくなるまで5分程度炒めます。
  5. 火を止め、ゆず果汁を入れ全体に味がなじむように和えます。
  6. 器に盛り付け出来上がりです。

ゆず味噌は炒め物の味付けとしても活用できます。こちらのレシピでは赤味噌を使い、甘辛くしっかりとした味わいに仕上げました。ひき肉の旨味とゆず味噌のコクがじゃがいもに絡み、思わずごはんがすすみますよ。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずとしても喜ばれます。

undefined

ゆず味噌の材料は直接フライパンに加え、混ぜ合わせながら炒めます。ゆず味噌を別で作る手間がなく、時短にもなりますよ。ゆず果汁は火からおろして加え、爽やかな香りを活かしましょう。

ごはんのおかずに!豚バラ肉といんげんのゆず胡椒味噌炒め

材料 (2人前)
  • 豚バラ肉 (スライス) (120g)
  • さやいんげん (8本)
  • 玉ねぎ (1/2個)
  • 料理酒 (大さじ1)
  • ①みそ (小さじ1)
  • ①ゆず胡椒 (小さじ1)
  • ①しょうゆ (小さじ1/2)
  • サラダ油 (大さじ1)
手順
  1. さやいんげんの筋を取り除いておきます。
  2. さやいんげんを3cm幅に切ります。
  3. 玉ねぎをくし切りにします。
  4. 豚バラ肉を3cm幅に切ります。
  5. 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れてしんなりするまで炒めます。
  6. 1、3、料理酒を入れて肉の色が変わるまで中火で炒めます。
  7. ①を入れて中火のまま炒めます。豚バラ肉に火が通り、全体に味が馴染んだらひからおろし、お皿に盛りつけて完成です。

最後にご紹介するのは、豚バラ肉といんげんのゆず胡椒味噌炒めです。ジューシーな豚バラ肉と、ピリッと辛いゆず胡椒は相性抜群。ゆず胡椒、味噌、しょうゆのみのシンプルながらも濃いめの味付けが、ごはんのおかずにぴったりです。玉ねぎといんげんのシャキッとした食感がアクセントになり、箸が止まらないおいしさですよ。

undefined

玉ねぎといんげんのシャキッとした食感を活かすために、さっと手早く炒め合わせることがポイントですよ。野菜はナスやピーマンなど、お好みのものでアレンジしてもおいく召し上がれます。

料理の味付けやソースに大活躍のゆず味噌

いかがでしたか?爽やかな風味の「ゆず味噌」は、さまざまな料理の味付けに大活躍。甘みと塩気のバランスがよく、ゆず味噌だけでも味付けが簡単に決まるのも嬉しいポイントですよね。クラシルでは他にもたくさんのゆず味噌レシピをご紹介していますので、ぜひ毎日の献立作りに役立ててみてくださいね。

元記事を読む