1. トップ
  2. ファッション
  3. 代官山のメゾン ド リーファーがリニューアル - ディレクターの梨花が語る、出産を経た“今の私”

代官山のメゾン ド リーファーがリニューアル - ディレクターの梨花が語る、出産を経た“今の私”

  • 2015.3.31
  • 722 views

梨花がディレクターを務める東京・代官山にあるセレクトショップ「メゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)」が、2015年4月18日(土)にリニューアルオープンする。

今回のリニューアルでメゾン ド リーファーは、ディレクターの梨花自身が体現する新たな女性像、伝えたい美しい生活の在り方、 「大人を楽しむ」というシンプルだけど誠実な“メッセージ”を、今まで以上に感じられるようなショップに生まれ変わる。

店内には、アパレルや雑貨など厳選されたアイテムが登場。素材・縫製・シルエットにこだわたショップのオリジナルウェアは、ディレクターである梨花が今、本当に着たいと思うクローゼットを表現した。

セレクトブランドではステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)に加え、15年春夏からはアレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)や、バレンシアガ(BALENCIAGA)のサングラスなどを取り扱う。他にも、梨花自身が上海に足を運んで買い付けてきたプラターヌ(Platane)の食器も登場。

2階のカフェは名前も「グルグル リーファー(GLOU GLOU REEFUR)」に一新。産地直送の新鮮な食材をストレート&シンプルに調理した料理が食べられる。

そんなリニューアルオープンを前に、ディレクターを務める梨花にインタビュー。新しくなったショップについて、そして出産を経たことによる彼女自身の変化について、話を聞いた。

3年前にオープンさせて頂いたときは、今までモデル業で表現してきた“ガーリー”や“可愛らしさ”をお店でも形にしてきました。あれから出産・育児の経験もして、自分自身の生活も変化してきた中で、「今の自分のライフスタイルを表現したお店で新たにスタートしたい」という気持ちがあって。単純に3周年という記念だけではなくて、“今の私”を表現しました。

本当にそうですね。お洋服もそうだし、身の回りも人生設計も“断捨離状態”です。でも、店の内装やお洋服や日常も含めて、厳選されたからこそつまらなくはなりたくないなという思いがあって。“らしさ”だったり、“年を重ねること”だったり、細かなことに価値を見出していけたらなと思っています。

とにかく色んなものを見ます。雑誌、ネット、人、景色、海外・・・“感じたがり”なんです。息子と公園に行ってもただ単純に息子と遊ぶだけじゃなくて、せっかく公園にいっているんだから、“息子と公園にいる自分”の視点から何かを感じようとしちゃうんですよね。

去年の6月くらいからリニューアルに向けて動いていて、本当にありとあらゆる国の本を読んだり、実際にLA、ロンドン、パリを訪れました。

自分の中で新しかったのは、自分の家もそうなんですが、“日本のもの”に今すごく興味があります。店内に飾っているお花も、以前は洋風なものが好きだったんですが、今は枝調の和風なものを飾っています。

本当にこれは「息子に着せたい服」ですね。息子が3歳になって、お洋服を自分の意思で着るようになってきて、自分で「これ!」と選ぶこともでてきました。3歳なりにおしゃれを楽しもうとしていて、母親としてもそうさせてあげたい気持ちもある中で、なかなか着せたい服が見つからなかったりもしていて。じゃあ「自分で作っちゃおう!」と思ったのがきっかけで、今回はオリジナルのキッズラインにも挑戦してみました。

結構入り込んでますね。一緒にお買い物にいって、私が選んでも、(旦那が)自分でコーディネートして「こんな感じになっちゃったんだ」ってことはありますね。(笑)
家族でお揃いのコーディネートをすることもあって、今回キッズラインにも、子供とお父さんがお揃いで着られるお洋服も置いています。

時間の使い方ですね。一人の時と違って、自分の時間が少なくなくなって。でも限られた時間だからこそ、意味のある時間にしようと考えた時に、自分のやりたい事を掘り下げていったり、その一点にエネルギーを注いだり。明確になってきたのかな?自分でも分からないですけど、むしろ昔より達成感や充実感があって「これいいな!」と思ったんです。

“主婦業”ですね。それは色んな意味があって、“感じたがり”の私としては日常の中に色んなヒントがあるんですよね。例えばスーパーへ行っても、今までだったらパパっと買っていて、“旬の食材”とか感じたことあったかなぁ?と思って。そこから日本の四季の事を知りたくなったり、カフェの食材のこだわりにつながったり、日常の中に大切なことがたくさんあるんだなぁと気づくようになりました。

「MAISON DE REEFUR」って本当に遠い所から新幹線や飛行機に乗ってきてくださるお客様が多いんですよね。それってすごいことだなって思っていて。お洋服屋さんなんだけど、アミューズメントのような感覚で楽しんでもらえたらなと思って2階にカフェがあったり、お土産のようなものが売っているキヨスクがあったりするんです。来ていただいたお客様に少しでも「来てよかったな」と思っていただけるお店にしていきたいと思います。

【ショップ情報】
メゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)
リニューアルオープン日:2015年4月18日(土)
住所:東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザビル 1F
TEL:03-3461-0921(11:00〜20:00 不定休)