1. トップ
  2. 恋愛
  3. 長続きする秘訣? ずっとラブラブな二人の思いやりLINEの内容

長続きする秘訣? ずっとラブラブな二人の思いやりLINEの内容

  • 2019.10.15
  • 40651 views

ふたりの仲を深めるための恋愛ツールとしても使えるLINEですが、内容によっては「仲が悪くなる」「逆に距離ができる」という残念な声もあります。関係が長続きするカップルはLINEを上手に使って、お互いの気持ちを繋げ合うことができているのだとか!
今回は男性たちの意見を参考に「ずっとラブラブな二人の思いやりLINEの内容」をチェックしてみましょう!

ずっとラブラブな二人のLINE

1. すぐに返信がなくても気にしない

LINEの返信がないときは「何で?」「変なこと言っちゃったかな?」と気になるものですよね。ですが「返信の催促」をすると「疑われているみたいで困る」「やりとりが面倒だしプレッシャー」という声も目立ちました!

「忙しくて返信できないときに『何で?』と催促されると、すぐに返信しないといけないからプレッシャーに感じる。そのうち返信来るだろう、くらいの感じで放っておいてくれると居心地がいいです。LINEの頻度もあまり多くないほうがベター」(31歳・通信会社勤務)

▽ 忙しくて返信できないんだね、くらいの大きな心で気にしないのが一番! 急ぎの用は電話にしましょう。頻度もあまり多いと「面倒」と敬遠されるので気をつけて!

2. 基本は「短文」でやりとり

長い文章を送られてくると「読むのが面倒」「返信するのも大変」という声が多数! ついつい大好きな彼には色々話したくて、長い文章になってしまいがちですが……それが気持ちを冷めさせる原因にもつながります! 長くても3~4行でまとめましょう!

「すっごい長い文章が送られてくると、読むのが大変だし、重たい感じがします。LINEは気軽にコミュニケーションを取るためのツールだと思うので、サクッと短文でテンポよくやり取りできるほうがいい」(29歳・メーカー勤務)

▽ 長文のやりとりが苦手な男性は多いものです。できるだけ用件をまとめて短文にして「読みやすい内容」にする思いやりも大切ですね!

3. LINEではケンカをしない

LINEのやり取りの中でケンカをすると「文章だけでは表情が見えないからこじれやすい」「そのまま別れに繋がることもある」という声が! ついカッとなって要らないことを言ってしまうこともあるので、話し合いするなら電話か直接会うようにしたいですね。

「お互いの表情が見えないので、言葉足らずでケンカになることがある。LINEでケンカすると、こじれやすい。長続きしているカップルは直接会って話をしていますよね。せめて電話で声を聞きながら話すべき」(30歳・IT関連)

▽ 文章だけだと「本当はどう思っているの?」と要らないことを考えて、ケンカがこじれることも! LINEではケンカしないように気をつけましょう!

4. ねぎらいの言葉をかける

「お疲れさま」「ゆっくり休んでね」など「ねぎらいの言葉」を掛け合うカップルは、長続きするという声もありました。彼女から「今日もお疲れさまでした」というLINEのひと言はものすごくうれしいものなのだとか! 毎日の日課にするのもいいですよね。

「仕事終わった、今帰宅した~と彼女に連絡をしたときに、いつも『今日もお疲れ様でした』って可愛いスタンプと一緒にひと言連絡くれるのが、癒しです。小さなことなんだけど、彼女に支えられているな~って改めて好きになる」(32歳・不動産関連)

▽ 彼にとって彼女からの労いの言葉は「癒し」なのです! 男同士では労い合う機会は少ないので、彼女からの「無理しすぎないでね」「しっかり休んでね」は格別……。

まとめ

こんな内容で彼のことを思いやることができれば、もっと仲が深まること間違いなしですよね!
LINEのやりとりがきっかけでケンカになったり、気持ちが冷めてしまったり……なんて声もあるので、彼が喜ぶ内容を意識してみてはいかがでしょうか?

オリジナルサイトで読む