1. トップ
  2. レシピ
  3. 意外と簡単! ヘルシーな「いか」を使った煮もの5選

意外と簡単! ヘルシーな「いか」を使った煮もの5選

  • 2019.10.15
  • 2734 views
「いかとトマトのさっと煮」
料理:重信初江 撮影:竹内章雄

とうがらしの力で体が温まる!「いかとしょうがの韓国風煮もの」

栄養価が高いにもかかわらず、低カロリーな優秀食材“いか”。胴体や足の部分だけでなく、わたや墨もおいしくいただけますよね。炒めものや刺身などの料理が定番ですが、今回はいかを使った煮ものをご紹介。プリッとしたいかの食感を、煮もので味わってみませんか?

いかとトマトのさっと煮

【材料・2人分】

するめいか 1ぱい、にら 1/3わ、しめじ 1/2パック(約50g)、ミニトマト 8個、煮汁(だし汁 1カップ、酒、しょうゆ、みりん 各大さじ1/2)

【作り方】

1. にらは4cm長さに切る。しめじは小房に分ける。いかはわたごと足を引き抜いて、わたを除く。胴は約8mm幅の輪切りにし、足は2~3本ずつに切り分け、長いものは半分に切る。

2. 鍋に煮汁を煮立て、しめじを入れる。再び煮立ったらいかを加え、混ぜながら約30秒煮る。

3. いかが白っぽくなったら、にら、ミニトマトも加え、にらがしんなりする程度にさっと煮る。ミニトマトは煮くずれるしないように、にらとともに最後に加えて、温める程度に煮て。

(1人分144Kcal、塩分2.3g)

しょうゆとみりんを組み合わせた甘辛い味つけの煮ものです。8mm幅の輪切りにしたいかの形がとてもキュート。ミニトマトは煮くずれしないように、にらと一緒に温める程度加熱します。

いかとしょうがの韓国風煮もの

あらかじめ煮汁にしょうがなどの香りをうつすことで、短時間でもしっかり味がつきますよ。ししとうのシャキシャキ感とほろ苦い味わいがクセになるはず。

とうがらしの力で体が温まる!「いかとしょうがの韓国風煮もの」
料理:藤井恵 撮影:野口健志

豆腐といかの中華風クリーム煮

中華スープの素がベースになっているためご飯と相性抜群。最後に牛乳と片栗粉を合わせてとろみをつけましょう。

「豆腐といかの中華風クリーム煮」
料理:藤井恵 撮影:木村拓

いかとエリンギのさっと煮

いかのうまみをたっぷり吸ったエリンギが絶品です。いかに火が通ったら、かたくならないようにいったん取り出すと◎

「いかとエリンギのさっと煮」
料理:植松良枝 撮影:白根正治

いかと大根のさっと煮

ふんわりした厚揚げで全体のボリュームをアップ。煮汁が濁る原因になるアクはきれいにすくいます。

「いかと大根のさっと煮」
料理:吉田瑞子 撮影:榎本修

透明感がなくなり白っぽくなったやりいかやするめいかは、古くなっている証拠。おいしい煮ものを作るために、色や状態に注意してください。(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む