1. トップ
  2. 恋愛
  3. それじゃ足りない!聞き上手になりきれていない女性の会話

それじゃ足りない!聞き上手になりきれていない女性の会話

  • 2019.10.15
  • 7511 views

彼氏や好感を抱いている人に対して聞き上手になろうとがんばっているけれど、聞き上手になりきれず、惜しい感じになっている人は少なくありません。具体的にどんな風に聞いたり、質問をしたりすれば「聞き上手」と思ってもらえるのでしょうか?具体的なNG会話から、重要なポイントを見ていきましょう。

重要ポイント:彼の言いたいことを聞く

聞き上手な人は、相手が話したいことを掘り下げるのが上手です。「その話、もっとしたいんだろうな」と思ったら、その部分を掘り下げ、質問をするようにしましょう。
あなたが準備してきた質問を順番にするのでは話が膨らみません。例えば以下のような会話の場合です。


A「焼肉食べるの好き?」
B「好きですね、お腹いっぱい食べても太らないんですよ」
A「へー!肉の種類は何が好き?」※1
B「豚肉かな。その店は豚肉が美味しくて、値段も安くて」
A「なるほど。そのお店はどこにあるの?」※2


以上のような会話の場合、質問と回答で話が成り立っていますが、※1,2番はもっと深めることができます。


※1「どうして食べても太らないの?」
※2「美味しいのに、そんなに安いの?」


以上のように質問をしていくと、相手が話したい内容を深掘りできます。会話をしている時に「次は何を質問しよう」とばかり考えていると、自分が質問することばかりに考えがとらわれがちです。相手の話に集中して、そこで感じた疑問を素直にぶつけることで、話が膨らんでいきます。

重要ポイント:彼のスイッチを押す

彼があなたとの質問に丁寧に饒舌に答えていたとしても、本当は別の話をしたいと思っていることもあります。彼が話したい内容についてもっと触れて欲しい時には、感情が動いた言葉を使っています。例えば「嬉しい」「楽しい」などの感情を表す言葉や、「最高」「ものすごい」などの強調表現が出たら、スルーせずに一歩踏み込んで話をしてみましょう。


逆に「悔しい」「残念だった」などの否定的な表現の場合にも、「どう悔しかったの?」と話を促すことによって、相手の本音を引き出すことができます。


B「ドライブが趣味なんだ」
A「へー、どんなところに行くの?」
B「行きたいところは何時間かけてでも言っちゃうけど、こないだの公園は最高だったな」
A「ドライブって何が楽しいの?」※3
B「スピード感かな。走っている時の爽快感が好きで」
A「そうなんだ。車も高いのに乗ってるんでしょう」※4


以上のような会話の場合、相手の心が動いている部分をスルーしてしまっています。以下のような質問に変えると、相手はその時に感じた気持ちを具体的に話してくれます。


※3「何が最高なの?」
※4「そんなに気持ちいいの?」


以上のように質問をしていくと、その時に彼が感じた気持ちを詳しく話してくれるでしょう。

そこを掘り下げてほしい!

彼が何を話したいと思っているのかを想像し、そこを掘り下げてくれると、相手はより饒舌に具体的に話すようになります。いつも自分の好きな話を語らせてくれる人は、一緒にいて居心地がいいですよね。
話を聞く時の意識を変えることによって、「あの子と話すのは楽しい」と思ってもらえる可能性が高まります。ぜひ実践してみてくださいね。


(番長みるく/ライター)

元記事を読む