1. トップ
  2. ファッション
  3. ヨシキモノ 2020年春夏コレクション - ドレスのように着こなす“新感覚”着物

ヨシキモノ 2020年春夏コレクション - ドレスのように着こなす“新感覚”着物

  • 2019.10.14
  • 964 views

ヨシキモノ 2020年春夏コレクション - ドレスのように着こなす“新感覚”着物

Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/Sが、2019年10月14日(月・祝)開幕。オープニングを飾ったのは、X JAPANのYOSHIKIによる着物ブランドヨシキモノ(YOSHIKIMONO)だ。

undefined
www.fashion-press.net

日本の伝統服・着物をアレンジ

伝統と革新の融合をコンセプトに、日本のトラディショナルな着物文化の中に、革新的なデザインを持ち込み、新しいファッションを発信しているヨシキモノ。約3年ぶりとなるランウェイショーでは、これまでよりもさらにモダナイズさせた、新感覚の和服を提案している。

序盤から続くのは、ミニ丈のベアドレスだ。遊び心あふれるアシンメトリーなフォルム、肌を美しく見せるカッティング、波打つように綺麗に寄ったドレープ。どの観点から見ても、和服が起点であることを忘れさせるほど、新しい表情に満ちている。

テキスタイルにのるのは、慎ましやかな和柄を着想源としながらもアレンジを加えた、新しいパターン。ビビッドな赤や黄色、キラキラと光るシルバー、シックなモノトーンなどで色付けされたそれらの模様は、極短のベアドレスの色気をより一層引き出している。

ドレスのように着こなし

クラウンや花のモチーフ、シルバーパーツ、ファーなどでデコレーションしたチョーカーとロングブーツをコーディネート。まるでドレスのように着こなすことでヨシキモノのウェアは、より一層着物文化の発展へとつなげていく。

帯が立体的なデコレーションに

ミニ丈のベアドレス続いて登場したのは、ロング丈のベアドレスだ。箔プリントを纏ったゴージャスなスタイルは、イブニングドレスのようにエレガント。帯を思わす、立体的なバックスタイルの装飾でほんのりと和服の香りを匂わせている。

「進撃の巨人」が着物に

終盤にかけては、ヨシキモノが提案する新しい着物が登場。伝統的なスタイルを維持しながらも、漫画風のコラージュやアニメプリントをあしらうことで、現代のジャパニーズカルチャーを同時に発信している。アニメ「進撃の巨人」が大きく描かれた着物や、YOSHIKIがモデルのマーベル・コミック「Blood Red Dragon」が全面にあしらわれた着物がラインナップした。

最後は、YOSHIKIのピアノ演奏とともフィナーレへ。YOSHIKIが奏でる美音とともに、赤い花々が降り注ぎ、その麗しいムードに合わせるように白色の着物を纏ったモデルがランウェイを舞っていた。

元記事を読む