1. トップ
  2. 恋愛
  3. 12星座で占う今週の恋愛運(10/14-10/20)三連休の最後に見える景色

12星座で占う今週の恋愛運(10/14-10/20)三連休の最後に見える景色

  • 2019.10.14
  • 49275 views

14日はおひつじ座で満月が起こります。

連休最終日なのですが、ここで笑顔になる人もいれば、深く考え込んだり焦ったりする人もいるはず。

三連休が終わる時に見える景色で、今週どう動くかも決まるでしょう。

そんな10/14~10/20の一週間の恋愛運を詳しく見ていきます。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)デートするなら週末に

14日の満月が起こる前後は、自分自身にスポットライトが当たり、「やっと日の目を見る」という感覚があるかもしれません。

好きな人に振り向いてほしくてガムシャラになっていたり、ひたすら出会いを求めてアチコチに顔を出していたりするならホッと一息つけるはず。

自分磨きをがんばっていた人にとっては、理想を実現できるタイミングなので達成感を覚えるでしょう。

17日~19日は、気になる人との関係を進めるには良い時期。

二人きりで会えるなら約束を取り付けましょう。

ただ、今週は仕事が何かと盛り上がりそうなので、そっちばかりに気を取られないように。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)進む方向を間違えるかも

連休明けは衝動的になりやすく、ちょっとキケンな恋にも足を踏み入れてしまうかも。

今まで注目しなかったタイプに目を向ける可能性もありますが、それは一瞬の気の迷い。

本気になると恋が遠回りするので気を付けましょう。

とはいえ、今週は人間関係が基本的に好調! 誰を好きになるのか、どういう関係を求めるのかを正しく見極められれば運気の後押しが期待できるはずです。

異性として意識されるよりも、一人の人間として信頼されることを重視してみてください。

満月が起こる14日前後は、過去のわだかまりを消すきっかけが見つかりそう。

心境の変化があるとしても、それはすべてプラスに働くはずです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)意志を行動に移す

場当たり的に対応するだけでは、思いどおりになりにくいかも。

自分はどうしたいのかをハッキリさせて、意志を行動で示していくようにしましょう。

そうすれば、関係が親密になりやすいはず。

ただ、今週は仕事が忙しくなる可能性もあるので要注意。

デートや合コンなど大切な予定が入っている日は、残業をしないように心がけましょう。

14日の満月のころは、人間関係に動きがありそう。

しっかりと心が重なる人もいるでしょうが、年配の人や男性とは衝突の可能性が。

慎重に振る舞って。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)勝負するなら20日

恋愛に強い追い風が吹く一週間です。

20日は特に、きっかけさえあればトントン拍子にうまくいくチャンスデー。

勝負をかけたいなら日曜日に狙いを定めて。

マイルールや過去の成功例にはあまりこだわらないことが成功のカギになりそう。

満月が起こる14日は、仕事で一段落つくタイミング。

努力していたことが実るかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)自分から仕掛ける

「彼から誘ってくれないかな」「どこかにいい人いないかな?」と期待するより、自分できっかけを作った方が早いでしょう。

ただし、今週は仕事や身内からの頼まれごと、日常生活の雑務で地味に忙しくなりそうなので、アクションを起こすなら計画的に。

20日にデートや婚活パーティーの予定があるなら、それ以外の用事は入れない方が良さそうです。

満月が起こる14日前後は、「別の世界の話」「かなり遠い理想」が意外に身近なものだと気づくかもしれません。

ただしそれは、恋愛ではなく、仕事や勉強の分野の話になるようです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)連休明けは好調!

好きな人とLINEしたり、デートを重ねたりしているなら、14日の満月のころに少し戸惑う展開がありそうです。

自分が想像する以上に大胆な流れになってもひるまないで。身も心も深くつながることができるかもしれません。

あるいは、このころに友人や上司から「気が合いそう」と男性を紹介されたら、とりあえず会ってみてください。

話や写真だけで判断してお断りすると、あとから後悔してしまうはず。

連休明けから運気の追い風が吹き始めるのですが、16日と20日は特に、持ち前の知性を発揮することでトントン拍子に恋が進展できそうです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)関係が深まる

お誕生日を迎えるてんびん座さん、おめでとうございます!

好きな人と仲良くなれるようにがんばってきた人は、満月が起こる14日前後に努力が報われそうです。

そこからさらに関係が深まっていくのかもしれませんが、まずは一安心できるはず。

ただ、他力本願だったり、相手に動いてもらうことを期待していたりすると、「このままじゃいけない」とハッとさせられるでしょう。

方向転換が必要です。

出会いを求めるなら、棚ボタチャンスを待つより自分から動いた方が良さそう。

今週は、仕事に気が向きがちになるかもしれないので、恋と仕事のバランスをうまく取って。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)チャンスデーは16日

新月を迎える14日ころは、じっくり鏡を見てケアが必要なところがないかチェックしましょう。

肌荒れはしていないか、髪はパサついていないか、お腹周りや二の腕はダブついていないか…もしガッカリするポイントがあったら入念なお手入れが必要です。

また、今週はよく話をすることで恋が進展しやすいでしょう。

16日は特にスムーズな流れが期待できるので、連休明けはのんびりしていないで早めに手を打ったほうがいいのかも。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)一歩先へ進む

満月が起こるころ、好きな人と今まで以上に仲良くなれたり、心を動かされるような出会いがあったりするかもしれません。

14日前後は、愛について一歩進むような流れがあるでしょう。

ただ、長くなりすぎた片思いや不倫、三角関係にはピリオドが打たれる可能性が。

実らない恋を手放して、新しい愛を求めて一歩踏み出すタイミングとなりそうです。

また17日から19日は、グループデートやフランクなアプローチに運気の後押しがあるはず。

好きな人がいるなら、気負わないスタンスを取ると良いでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)16日がチャンス!

15日と16日は、積極的になれてもやりすぎるかもしれません。

気を引くことだけを考えると、「ちょっと変わった人」と思われたり、場が白けたりする可能性が。

どうすれば好感を与えられるかを重視してください。

とはいえ、16日は運気の後押しが期待できるので、何もしないのはもったいないでしょう。

行動したら相応の収穫があるはずです。

満月が起こる14日前後は、自分の軸となるものを再確認することになるかも。

家族や身内から急な連絡が入る可能性もあります。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)理想をハッキリさせておく

好きな人にマメにLINEし続けていたとか、マッチングアプリや婚活パーティーで積極的に出会いを求めていた人は、14日の満月のころにがんばりが実りそうです。

カギとなるのは会話。今までどれだけ多くの言葉を交わしていたかで、得る収穫の内容も変わってくるでしょう。

17日から19日は、理想の恋愛が明確な人ほどうれしい展開が実現できるはず。

自分の理想に大きく一歩近づけそうです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)運命の歯車がかみ合う

チャンスデーは20日。

バラバラだったパズルのピースがすべてピタリとハマるような日になりそうです。

関係ないと思っていたことが、実は密接に影響し合っていたり、求めていた答えを予想もしないところから受け取ったりするのかも。

14日の満月は、ずっと欲しかったものを手に入れるような展開があるかもしれません。

物欲が高まるタイミングでもあるので、衝動買いや散財には気をつけて。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事を読む