1. トップ
  2. Gカップリポーターが“ゲラ女王”に! さらにAMEMIYAから重大発表も

Gカップリポーターが“ゲラ女王”に! さらにAMEMIYAから重大発表も

  • 2019.10.13
  • 926 views
出口亜梨沙が第2代ゲラ女王に選ばれた
2018年8月ザテレビジョン撮影

10月12日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系ほか)では、「第2回ゲラ女王決定戦」が開催された。

【写真を見る】“ミスヤングチャンピオン”の青科まきも「ゲラ女王決定戦」で爆笑

ニセ番組の打ち合わせ兼事前収録とアイドルを呼び出し、どんなにつまらないことでも笑う“ゲラ女王”を決める本企画。

ニセオーディションで40人の中から選ばれた「2019ミスヤングチャンピオン」グランプリの青科まき、アップアップガールズ(2)の高萩千夏、“巨乳すぎるリポーター”出口亜梨沙、モデルの森田聖奈の4人が登場した。

前回、相田周二が意外な才能を発揮したため、今回も三四郎が仕掛け人に。

まず、小宮浩信が「滑舌が悪く、『三四郎の滑舌の方』と言われたり、『三四郎の舌がない方』と言われた」や「スマホの音声認識で『新宿三丁目』と言ったら『そんなの関係ねえ』と出た」などと話してアイドルたちを笑わせた後、遅れて相田が登場。

小宮が披露したエピソードと同じことを何度も繰り返したり、Mr.ビーンばりのコミカルな動きでアイドルたちの爆笑を取りまくった。

今回の“ゲラ女王”には、劇団ひとりが「呼吸困難になっていたもんね」と言うほど笑っていた出口に決定。

また、仕掛け人でありながら堪えきれず笑う場面が何度もあった小宮は、矢作兼(おぎやはぎ)から「お前ゲラじゃん」とツッコまれると、「(相田は)誘い笑いがうまい」と相方を褒め、小木博明(おぎやはぎ)も「めちゃくちゃコメディアンだったな」と相田を絶賛した。

ほか、別の日の収録後におぎやはぎ、劇団ひとり、朝日奈央の前にAMEMIYAがサプライズで登場。「皆さんにお伝えしあいことがある」と歌い始め、2020年2月13日(木)に「マジ歌ライブ」をさいたまスーパーアリーナで開催することを発表した。(ザテレビジョン)

元記事を読む