私が写った写真を勝手に投稿する友達、どうなの!?「SNSのマナー」意識調査【後編】

多くの人が使っているだけに、同じ事柄でも「これはアリ!」「絶対ナシ!」と意見が分かれることが多いSNSのマナー。

前回は「コメントはすべて返信すべき?」「有名人の呼び捨てってどうなの?」といったテーマをお送りしましたが、今回はSNSの中でもFacebookに着目。「友達の友達からリクエストが来たらどうしてる?」「私が写った写真を勝手に投稿するのってどうなの!?」など、ちょっと気になるグレーゾーンの多数決の結果を『CanCam』5月号よりご紹介します!

★前編はコチラ→ コメントは返信すべき?有名人は呼び捨てOK?「SNSのマナー」意識調査【前編】

いつかどこかで会うかもしれない「友達の友達」……でも、今は知らない人だからリクエストを承認すべきか無視してもいいのか……どっちだと思いますか?

【もやもや】友達の友達からリクエストがきました。これって承認すべき?

知らない人だから断固スルー! 73%

「その相手が私に興味があるなら、友達から直接紹介してほしい」という声もあれば、「いつかその人に会うときが来て、スルーしてたら気まずい……」という声も。私も、その友達から何度も名前を聞いている人だったら、まあいっか、と思ってしまいますが、基本的に「直接知らない人はスルー」体制でよさそうです。

友達の友達だし、ま、いっか♡ 27%

 

自分を通して友達の輪が広がっていくのって楽しい♪ でも、気づかない間に輪が広がり、さらに自分がその輪に加わっていなかったら……?

【もやもや】知らない間に友達同士がFacebookでつながって、私よりも仲良くなっていた……。

私は気にしません! 70%

気にしない派は「なんでもやもやするのかわからない、単純にうれしい!」と、複雑派は「自分より仲が良かったら寂しいしちょっとひっかかる……」と回答。自分が飛ばされたような気がするとちょっと切ないですよね。でもSNSに有無の関わらず、人間関係にはありがちなこと。友達と友達が仲良くなったからといって、自分との関係が変わるわけじゃありませんから!

ちょっと悲しいかも…… 30%

 

誰にでも年に一度訪れる誕生日。お祝いをタイムラインに書くべきか、それともメッセージで送るべきか……ちょっとしたことだけど、悩みどころです!

【もやもや】誕生日のお祝いは、みんなに伝わるようにタイムラインに投稿したほうがいいの?

タイムライン派 58%

「自分のタイムラインがお祝いで埋まるのってうれしいし気軽に送れる!」タイムライン派、「タイムラインだとあんまり個人的なお祝いの言葉が書けないし、メッセージのほうが丁寧な気がする」メッセージ派。どちらもそれぞれいいところがありますね。

メッセージ派 42%

 

最もあるあるなのではないでしょうか! 自分の写真が突然ニュースフィードに流れてくると、まずはちょっとビックリ。それを見て「うれしい!」と思う人もいれば「えーっ!?」と思う人もいるようです……。さて、多数派はどっち?

【もやもや】私が写っている写真を、友達が勝手に投稿しているのがイヤ……。

私は気にしない! 77%

「友達に写真を撮られるときは、SNSに載るかもと思っているので大丈夫です!」という「載ること前提」という人と、「“SNSに載せていい?”とひとこと聞いてくれればいいのに……」という「載らないこと前提」という人がいるようです。その場で「Facebookに載せるね~♪」などと言っておくのを習慣にすると、困ることも少なくなりそうです。でもたまに映りに納得がいかないものが流れてくると、ちょっとイヤかも(笑)。

私はイヤです! 23%

 

ある人が「これはアリでしょ!」と思っていることが、また別の人にとっては「それはイヤ!」となるのが難しいところ……。

ひとまず、手軽になんでも発信できるからこそ、「それを見る人や関わる人がどう思うか?」という視点を常に忘れないのが、何より最低限のマナーなのかもしれません。でも考え出すと何も言えなくなっちゃったりして……うーん、SNSは難しい!(後藤香織)

★前編はコチラ→

コメントは返信すべき?有名人は呼び捨てOK?「SNSのマナー」意識調査【前編】

(『CanCam』2015年5月号)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。