1. トップ
  2. グルメ
  3. ふんわり&サクサク♪東京駅「アンジェリークNY」のクロワッサンドーナツ

ふんわり&サクサク♪東京駅「アンジェリークNY」のクロワッサンドーナツ

  • 2015.3.31
  • 5527 views

ふんわり甘いドーナツと、サクサク香ばしいクロワッサン。今も昔も愛される2つの魅力をいちどに味わえると話題のスイーツが「クロワッサンドーナツ」です。ニューヨーク生まれのこの新定番スイーツを味わえる、東京駅の地下街にある「アンジェリークNY 東京駅一番街本店」に行ってきました。

東京駅一番街にあります

「アンジェリークNY」はクロワッサンドーナツだけを販売する専門店。東京駅地下1階、八重洲地下中央口改札を出て左に進んだ「東京駅一番街」内にあります。

店内のショーケースには、色とりどりのクロワッサンドーナツが並んでいます。種類は東京駅一番街限定のものを含む9点。スマイルマークの描かれたものもあり、見た目のかわいさに心を奪われます。

パン屋さんが日本人向けにアレンジしました

「クロワッサンドーナツ」とは、バターたっぷりのクロワッサン生地をドーナツ型にして揚げ、クリームを挟んで仕上げるスイーツ。ニューヨークでは、早朝から行列ができるほどの大ブームを巻き起こしました。

そんなクロワッサンドーナツを日本で初めて販売したのが「アンジェリークNY」の原点で、首都圏を中心にパン屋さんを展開する「バンデロール」です。

同店では、ニューヨーク生まれの新スイーツを、日本人向けにアレンジ。生地にはフランス産ゲラントの塩とベルギー産の発酵バターを使い、クロワッサンらしい香ばしさを存分に楽しめるよう工夫しています。また、油をカットするために編み出した独自の製法は、カレーパンがヒントになったのだとか。さすがはパン屋さんですね。

「アンジェリークNY」はそんな「バンデロール」が満を持して出店したクロワッサンドーナツの専門店なんです。

2つの食感が楽しめます

「アンジェリークNY 東京駅一番街本店」には、製法の違った2種類のクロワッサンドーナツが並びます。

1つは揚げずに作る「ノンフライニューヨーク」シリーズ。通常のクロワッサン同様、揚げるかわりに焼いて仕上げることで、ふんわりとした食感が生まれます。ドーナツの穴の部分に、クリームがたっぷり詰まっているのも魅力的。東京駅一番街限定の「ミルキーストロベリー」(320円)や和風の「オグラ キナコ」(280円)などのフレーバーを楽しめます。

もう1つは、クロワッサンのさっくり食感を楽しめる「プレミアムニューヨーク」シリーズ。グレープシードオイルを使って揚げることで、生地の風味を損なわず香ばしく仕上がります。フレーバーは、ホワイトチョコレートとカスタードクリームをコーティングした「スマイル ホワイト」のほか、「クリスピー チョコレート」、「マロン」(いずれも280円)などが人気です。

異なる食感を楽しみながら、2種類を食べ比べてみるのも素敵ですね。

パン職人のこだわりが詰まったクロワッサンドーナツを、ぜひ味わってみて下さい。