1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【手相占い】寵愛線の持ち主は出世街道まっしぐら! 上司にかわいがられる手相ベスト3

【手相占い】寵愛線の持ち主は出世街道まっしぐら! 上司にかわいがられる手相ベスト3

  • 2019.10.11
  • 11706 views

会社員生活の明暗を分けるものの1つに、上司ウケ問題があります。上司のウケが悪いと、いくら仕事を頑張っても報われることが少なく、モチベーションもダダ下がりに。その一方、上司ウケがいい人は何かと目をかけてもらえ、やる気も前途も右肩上がりに発展していくのです。あなたの上司ウケはどうでしょうか? 手相で、上司にかわいがられる運を持っているかどうか、見ていきましょう。

■第1位 寵愛線がある……何かと優遇されやすい
「寵愛線」とは、月丘(小指側、手首上のふくらんだ部分)の下部から運命線に向かって斜め上に伸びる線のこと。2センチ以内の短めの線であることがポイントです。寵愛線が出ている人は、その名が示すように目上の人からの寵愛を受けやすい、ラッキーなタイプ。別名「引き立て線」と呼ばれるくらい上司や先輩から目をかけてもらえ、何かと引き立てられるため、トントン拍子にポジションアップをかなえていけます。あなたがこのタイプなら、優遇されやすい自分を自覚し、周囲にも福徳を分け与えるようにすると、ますます運が開けていくでしょう。

■第2位 運命線が月丘から伸びる……人当たりがよく、かわいがられる
「運命線」とは、中指に向かって伸びる線のこと。「月丘」とは、小指側の下部、手首上のふくらんだ部分のこと。運命線が月丘から伸びる人は、人から好かれやすい魅力の持ち主。コミュニケーション能力にも優れているため、癖のある上司ともうまく話を合わせることができて、かわいがられます。「おじさん(お局)キラー」などと呼ばれることもありそう。あなたがこのタイプなら、上司に対する報告・連絡・相談を日頃からしっかり行っていくとよさそう。さらに目をかけてもらえるようになるはずです。

■第3位 社交線が出ている……ムードメーカーとして重宝される
「社交線」とは、人差し指と中指の間から斜め下に伸びる線のこと。2センチ以内の短めの線であることがポイントです。社交線がある人は、明るく社交的なタイプで、人当たりのよさが抜群です。協調性にも優れているので、デキるチームプレーヤーとして上司からのウケは上々でしょう。「君がいると士気が上がる」など、ムードメーカー的役割を期待されることもありそうです。もしもあなたがこのタイプなら、持ち前の社交性を発揮して、上司を盛り立ててあげると吉。ナンバーツーのポジションで大活躍できるかもしれません。

上司にかわいがられる手相を持っているのに、自分はウケが悪いという人もいるでしょう。そんな人は、仕事に対する日頃の姿勢を見直してみることをオススメします。社会人としての基本を意識すると、上司からの評価もアップしていくでしょう。
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

元記事を読む