1. トップ
  2. 新鮮な生マグロ&濃厚な甘さの本クエを食べまくり!南紀白浜で秋のまんぷく旅

新鮮な生マグロ&濃厚な甘さの本クエを食べまくり!南紀白浜で秋のまんぷく旅

  • 2019.10.11
  • 107 views

白浜温泉で知られる南紀白浜は、マグロなどの海の幸もおいしい。日本三古泉の地で、ご当地グルメを食べまくり!<※情報は関西ウォーカー(2019年21号)より>

【写真を見る】くえ丼(2300円、通年注文可)。本クエの身がたっぷりとのった人気丼。釜飯や小鍋(10~4月)などもあり/海ごはん 山ごはん マルキヨ

丼から寿司までマグロ料理に舌鼓!

「とれとれ市場 南紀白浜」は、堅田漁協直営の西日本最大級の海鮮市場。和歌山近郊をはじめ、全国から旬の魚介が集まる販売コーナーではマグロの解体ショーも実施。場内のとれとれ横丁では、丼や刺身など市場直のマグロ料理を味わうこともできる。

鉄火丼(1200円、通年注文可)。マグロの漬けがたっぷりのとれとれ横丁の人気丼。刺身や寿司もあり/とれとれ市場 南紀白浜
KADOKAWA
1日に1、2回行われるマグロの解体ショー。頭や尻尾、身などその場で購入できる/とれとれ市場 南紀白浜
KADOKAWA
新鮮な魚介はもちろん、和歌山の特産品なども販売する場内。試食などもできるのがうれしい/とれとれ市場 南紀白浜
KADOKAWA

■とれとれ市場 南紀白浜<住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521 電話:0739-42-1010 時間:8:30~18:30、とれとれ横丁17:30(LO) 休み:不定休 駐車場:777台(無料)>

幻の高級魚クエを気軽に味わう

「海ごはん 山ごはん マルキヨ」は、地魚やジビエなど地元食材を使った料理が評判の店。オススメは幻の高級漁と言われるクエの料理。本クエと呼ばれる天然物を使ったクエ料理が丼から定食、鍋、一品まで20種以上。予約なしで気軽に味わえるのもうれしい。

【写真を見る】くえ丼(2300円、通年注文可)。本クエの身がたっぷりとのった人気丼。釜飯や小鍋(10~4月)などもあり/海ごはん 山ごはん マルキヨ
KADOKAWA
カウンターと小上がりから成る店内。地酒なども充実なのでクエ料理と一緒にぜひ/海ごはん 山ごはん マルキヨ
KADOKAWA

■海ごはん 山ごはん マルキヨ<住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1572 電話:0739-43-0640 時間:12:00~14:00(LO13:30)、17:30~22:00(LO21:30) ※水曜は17:30~22:00(LO21:30)のみ 休み:火曜(祝日の場合営業) 席数:30席 タバコ:禁煙 駐車場:3台(無料)>

絶品メニューとナギサビールで乾杯!

「ナギサビアダイニング シラハマ バーリィ」は、白浜の「ナギサビール」直営のレストラン。名水“南紀白浜 富田の水”で仕込んだクラフトビールと、シェフ自慢の料理が人気。元ビール職人のシンドラーさん手作りのハム&ソーセージなど、注ぎたてのビールとの相性抜群。

シンドラーさん5種盛セット(1980円)。生ハム、ベーコンなどがセット。アメリカンウィート、ペールエールなどナギサビールは各650円/ナギサビアダイニング シラハマ バーリィ
KADOKAWA
千畳敷から程近い場所にあるレストラン。開放的な店内で白浜の名物ビールを味わって/ナギサビアダイニング シラハマ バーリィ
KADOKAWA

■ナギサビアダイニング シラハマ バーリィ<住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-557 電話:0739-43-7373 時間:11:00~21:00(LO20:30) 休み:水曜(祝日の場合翌日) 席数:70席 タバコ:分煙 駐車場:25台(無料)>(関西ウォーカー・編集部)

オリジナルサイトで読む