1. トップ
  2. 恋愛
  3. セックスレス解消への道は険しいけれど… 専門家に聞いた5つのポイントとは!(後編)【コソダテフルな毎日 第140話】

セックスレス解消への道は険しいけれど… 専門家に聞いた5つのポイントとは!(後編)【コソダテフルな毎日 第140話】

  • 2019.10.11
  • 1613 views

こんにちわ!オギャ子です。



前回の記事では恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんに、セックスレス解消のために妻が【やってはいけないこと】を中心にお話を聞かせていただきましたが、実はあれで全体の4分の1にも満たないぐらいの内容だったんですよ!


まだまだ皆さんにもお伝えしたいこと満載なので、part2も更新させていただくことになりました!
パチパチパチ~~。




教えて三松さん!
後編もどうぞよろしくお願いいたします!!!


前回はセックスレスに悩む妻の視点で、
レス夫との関係性をあっためて、再び女として愛されるためには「やってはいけない」あれこれを教えていただいたのですが…

そうは言ってもですね…

そもそもセックスレスの状態にある夫婦にとって、
セックスの話を持ち出すのってかなり敷居の高い事なんですよね。

踏み込まれたくない感をむんむん出している夫と、
これ以上傷つきたくなくて何も言い出せない妻との間に
見えない結界がピーーーーーン!と張るような空気が流れます。


夫婦の話し合いってどうすればいいの?

そこでお聞きしたいのですが、
話し合いの際にはどんなテンション&ペースで機会を設けたらいいのでしょうか!?


ドカーーン!と一発大きな話し合いを設けるのがいいのか、
2日に1回ぐらいのペースでちょくちょく思い出させるのがいいのか、
どちらががいいのでしょうか!?



三松さん:「2日に1回は絶対ダメ!(笑)キツイキツイ」


やっぱそうですよね。
絶対嫌になっちゃいますよね。

レス夫にとって、家でじ~~っとアレを期待して妻が待ってる状況ってすごくギクッ…とするものらしいです。


三松さん:「あと、レス夫に対して真面目にアプローチしたらいいのか、もっとゆる~~いテンションでアプローチすればいいのかは、旦那さんのタイプにもよるから、一概にこう!!とは言い切れないわよ~。それぞれのタイプを見極めないといけないから万人これでオッケーっていう方法はないもん」





たしかにそうですよね。

自分の夫に対してどのアプローチが効くかの見極めは大事ですよね。

セクシー会議(夫婦で過ごす時間)が大事
三松さん:「私がよく皆さんにおススメしているのは、第三土曜日に話し合うこと!



私は、第三土曜日は「セクシー会議」って呼んでるんだけど~」


Oh! セクシー会議…(笑)


三松さん:「もちろん第三土曜日である必要はなくって、どの日にするかは自分達で決めればいいんだけど、お互いリラックスして時間が取れる時に話し合いを持つの

なるほど。

たしかにちょいちょい話題に出さないと、夫婦の間でセックスについての話がタブー化されていって最終的に全く踏み込めない領域になってしまいますよね…。



ウーマン編集部:「会議しようっていうと身構えちゃうし、毎回セクシー会議だと煮詰まりそう…なので、夫婦で映画に行ったり、ご飯に行ったりしてそのうちセックスについての話題を放り込む…みたいな方がいいですよね?」


三松さん:「そうそう! それがいいね。一旦子作りとか2人目とかそういうところから離れて夫婦の時間を楽しむのが大事よ。あともう一つ、2人の間でのセックスの定義を決めておくことも大事!

例えばED気味の旦那さんには、あれこれ求められるとすごく怖くなっちゃうらしいのね。うまくいかなかったらどうしよう…とか、失敗したらどうしよう…といった不安を実は男の人は抱えてるんだってことを妻は把握しとくべき」

あぁ~たしかに女性も男性について誤解してる部分はありますよね。

男はみんなオオカミである! とか…

決してそんな事ないし
それこそ千差万別。

私達女性側も男の性について「男ってこういうもの」と一括りにして考えるのをやめた方がいいですね。

セックスの定義は1つじゃない!
三松さん:「中には最初のセックスでうまくいかなかったなどのトラウマを抱えているケースとか、上司に怒られたとか、同僚に負けちゃったとかがきっかけでEDになっちゃう旦那さんもいるし、男の人は意外と繊細なのよ。

だからこそ、夫婦でのセックスの定義を決めておくといいと思う。


必ずしも挿入を求めてないだとか、
添い寝するだけでもオッケーだとか、
2人の間でルールを決めておくと男性側からしたら気が楽になるんだよね」


いやぁ~~~、まあそうなんですけど。
(まだブツブツ言うオギャ子(笑))

そうなんですけど、
そうなんでーすーけーど!
なかなか女性からはこうしてほしいとか言い出しにくくて…。



意外な方向からのアプローチ?!?!
ウーマン編集部:「いろんな事を要求するのは気が引けるけど、ちょっとだけ提案してみるとか?

例えばほら…トイとか!」




乗っかる三松さん。


トトト…トイ!!!!

トイ!!!?


えええええーーー!!!!!



いやそんな!!!



トイなんて!!!
切り出すのむむむむ、難しくないですか?!



ウーマンエキサイト編集部:「聞いてみるのもアリなんじゃないですか?

トイとかどうって?

今、わりと進化していて面白いし、イヤらしいイメージがないやつもあるし普通だよねーーーって」




えーーー!!!!
普通なのかーーー!?


三松さん:「旦那さんに聞いてみたらいいのよ。旦那さんが本当はこういうことがやりたかったけど言えなかった例もあるの。専門家が奥さんに『旦那さんがこういうことやりたいみたいですよ』って伝える事で改善した例もあるし」

専門家に相談に行く…かぁ~~。

行く…かぁぁぁぁ!?(笑)
行くかなぁぁぁぁ!?

連れ出すまでが大変そうですよね。


三松さん:「あとは親族以外の第3者に口添えしてもらうとか。例えば旦那さんの仲のいいお友達夫婦をおうちに招いて、その時に『奥さん大事にしないとね~~』と言ってもらうのよ。



『女性っていつまでも女として見られたがるんだよね~』という男友達からの話で解決した例もあるわよ」



たしかに妻の言う事は聞かないのに友達の言う事は聞くというケースありますよね。
夫の友達っていうのがポイントですね。


ウーマン編集部:「旦那の友達ですかァ…なかなかの高度ですね」


三松さん:「高度だけどやらなきゃ!! あれもこれも無理って言ってたら、そんなに簡単にセックスレス直らないからぁぁぁ!!!!!」

はいーーー!!!(笑)

やるなら本気で!


三松さん:「ただ寂しいの…女として~っていう伝え方では伝わらないからね!

例えばセックスがなければ老けるのが早くなるわよ~とか、あなたに抱かれないことが気になってイライラしちゃうのよ~とか、セックスレスが引き起こしているデメリットを具体的に伝える事で、旦那さんが初めて、あ、そうだったんだ~、そういうことだったんだ~~って納得してくれるケースも多々あるので、まずは話をする時間を作ることから始めましょう!」



セックスレス解消への道は険しいけれど…
というわけで…いかがだったでしょうか。

2回に渡りお届したセックスレス解消への道。
今回のポイントをまとめてみます。

1.セクシー会議(夫婦で過ごす時間)を定期的に設けよう
2.夫婦間でセックスの定義を決めよう
3.現状抱えている問題、今後起こるであろうデメリットを具体的に伝えよう
4.要望をきちんと伝えよう
5.何がきっかけで解消するかは人それぞれ


セックスレスで悩んでいる女性たちにとって何かしら背中を押せる記事となりますように。

以上です!!



▼三松さんVTuberのプロデュースをスタートしたそうです…!
【VTuber 恋路未遊】三松真由美プロデュース「保健室の未遊先生」スタート!

(オギャ子)

元記事を読む