1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 大阪にオープンしたホテルで「大阪チェンジ!」でヒョウ柄バスローブが出てくるサービスが話題に

大阪にオープンしたホテルで「大阪チェンジ!」でヒョウ柄バスローブが出てくるサービスが話題に

  • 2019.10.11
  • 3441 views
中央大通りに面したホテル入り口。ビジネス街のオアシスのような異彩を放つ
KADOKAWA

ゲストルームの一つ、アンビシャスキング

10月1日、大阪市中央区に「コートヤード・バイ・マリオット大阪本町」がオープンした。大阪メトロ・堺筋本町駅からわずか徒歩1分の便利な立地で、心斎橋や難波エリア、梅田エリア、大阪城など大阪の主要なスポットにもすぐ行ける。客室数は全193室。各室にシモンズ社のベッドを導入し、快適な眠りを提供するほか、ワーキングスペースや無料Wi-Fiを備え、ビジネスにも観光にも使いやすいホテルだ。

ゲストルームの一つ、アンビシャスキング
KADOKAWA

ホテル館内や客室のインテリアは、繊維産業で栄えた本町の歴史と伝統を踏まえ、変化していく「繊維」をテーマにしている。糸が絡まり、ほどけるように躍動的なアートの数々も楽しみながらホテルステイを満喫したい。

2階には露天風呂も備えた大浴場がある
KADOKAWA

注目はホテルで初めての試みとなる「大阪チェンジ!」サービス。このサービスではディナーと、客室の備品やアメニティに付いて適用されるものでゲストがスタッフに「大阪チェンジ!」と伝えることにより、大阪感満載のものに交換できる。

「大阪チェンジ!」サービスでバスローブがヒョウ柄にチェンジ
KADOKAWA

たとえば、客室備え付けのバスローブは通常白の無地を用意しているが「大阪チェンジ!」のひと言でヒョウ柄のモフモフのバスローブに交換される。ワイルドなヒョウ柄で、大阪のおばちゃん気分を味わうのも一興だ。

「STITCH オールデイダイニング」の店内
KADOKAWA

館内のレストラン「STITCH オールデイダイニング」ではプリフィックスディナー(4500円、サ別)が「大阪チェンジ!」の対象。

「STITCH オールデイダイニング」のプリフィクスディナー。こちらは大阪チェンジ!前
KADOKAWA

通常はマイクロ前菜5種盛り、イカとウニのカラスミパスタ、チョイスできるメイン(牛ほほ肉の煮込みor シーフードグリル or ポルチーニとトリュフのピザ)、チョイスできるデザート(季節のタルト or チーズケーキ)、コーヒーまたは紅茶の5品が提供されるが、「大阪チェンジ!」で、パスタが「豚の焼きそば」に、メインが「牛ほほ肉のどて焼き」or「本日の海鮮 串揚げ 2度づけOK」or「フォアグラのお好み焼き」に、デザートが「ヒョウ柄の甘いもん」という、遊び心いっぱいの大阪らしいメニューにチェンジする。

大阪チェンジ!後の「STITCH オールデイダイニング」のプリフィクスディナー。フォアグラの乗ったお好み焼きや二度づけOKの串揚げなど、大阪の味がホテル仕様に
KADOKAWA

「STITCH オールデイダイニング」ではそのほか、11:30から15:00まで、平日限定でインスタブランチを提供。思わずインスタグラムにアップしたくなるような、見た目も華やかなインスタグラマブルなワンプレートランチで、カーボ、エッグ、サンド、プロテインの4つのメインからチョイスできて1000円(税・サ込)。コーヒーまたは紅茶は持ち帰りも可能。

また、毎日17:30から22:00まで「HAPPY HOUR FOR LADIES」を実施。大皿料理を囲んでディナータイムが過ごせるセット。小さな前菜盛り合わせ、シェフの気まぐれパスタ、本日の魚料理、肉料理(ラムチョップのロースと、グリルポーク、牛タンの煮込み)、デザート、コーヒー・紅茶で1人5000円、飲み放題プランは1人3000円(120分)、シャンパンフリーフロー付き飲み放題プランは1人4000円(120分)。2人から注文OK。女子会やママ会はもちろん、男性のみの利用も可。

ビジネス街にあるので、昼食や仕事帰りの飲み会などにも便利。ホテルという洗練された空間で、いつもと違うランチやディナーを楽しんでみよう。

カクテルなどを楽しめるバー・ラウンジ「M18」
KADOKAWA

■コートヤード・バイ・マリオット大阪本町 住所:大阪市中央区南本町2-3-7、電話: 06-6266-5580(代)(関西ウォーカー・鳴川和代)

元記事を読む