1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 夏を求めて南へ★秋の沖縄離島旅のススメ【スキマトリップ】

夏を求めて南へ★秋の沖縄離島旅のススメ【スキマトリップ】

  • 2019.10.10
  • 4137 views

一気に涼しくなって、秋らしい気候になってきました。結局夏休みを取り損ねた…、夏っぽいことできなくて夏が少し恋しい…という人もなかにはいるのではないでしょうか。そんなあなたに朗報です。今の時期こそ、安くて人が少なく、夏を満喫できる場所があるのです。それが沖縄の離島!
沖縄なら10月末まで海に入れるので、バカンス気分に浸れること間違いなし。今回は沖縄離島2泊3日の旅をご紹介します!

飛行機で楽ちんフライト、久米島へ

undefined
©GINGERweb

私がオススメしたいのは、沖縄の久米島。理由は、海とサトウキビ畑と美味しいものがあふれているから!

船だと4時間ほどかかりますが、飛行機なら那覇からおよそ40分ほど! ひとっ飛びで、南国感あふれるのどかなエリアに到着!
金曜日夕方に那覇に行き、土曜朝のフライトで久米島に入れば十分に週末旅を満喫できます。久米島空港では、可愛いシーサーがお出迎えしてくれます。

undefined
©GINGERweb

到着して早速楽しみたいのが海遊び。ダイビングが好きな人はダイビングへ。離島だけあり、本島以上に美しいブルーに出合えます。

ダイビング派ではない人にオススメなのが、浜辺での乗馬体験。暴れん坊将軍のオープニングのような体験・・・ではなく、可愛い馬とフォトジェニックな写真を撮りながら、海を堪能できます。都会のあわただしさを忘れるリラックスタイムになること間違いなし。

undefined
©GINGERweb

ちなみに空港近くのリゾート地・サイプレスリゾート横のシンリ浜は緑と浜辺のバランスが最高。到着後すぐ向かってみてもいいかも。

お腹がすいたらフォトジェニックなフードを

undefined
©GINGERweb

海遊びに疲れたら、おいしいものを食べたいところ。久米島で私がおすすめするのは、YUNAMI FACTORY。大きなKUMEJIMAボードが目印!

こちらでは、久米島で有名なエビを使ったガーリックシュリンププレートが名物! お店も黄色が基調で、食事も野菜たっぷりで色鮮やかなので、南国気分がさらにUP!

undefined
©GINGERweb

久米島ではみそが有名なので「久米島みそタコライス」もオススメです。う〜ん! ビールが進みます!

undefined
©GINGERweb

さらに衝撃を受けたのが、「紅芋シュークリーム」。ひとつ¥150なのですが、これが・・・超絶においしすぎる!!!

受け取った時は少し凍っているので、少し溶かしてから食べてみて。暑さのなかで口の中がひんやり、でも味は濃厚な甘さがガツン!
久米島産紅芋を100%使用した濃厚な芋の味の奥に、まろやかなカスタードが絶妙なバランスで入っています。¥150以上の価値あり! 何個も食べたくなる一品です。

さとうきび畑で星空を見上げて

undefined
©GINGERweb

のどかな田舎ムード満載なこの島の雰囲気をまるごと楽しむなら、民家の一棟貸しに宿泊するのも素敵な体験。

キレイにリフォームされているところが多いので、友人とワイワイBBQをしたり、音楽をかけて踊ったり、疲れ果てたらそのまま眠ったり・・・。沖縄なのに、宅飲みしているようなリラックスタイムを過ごせます。

それだけではなく、私が民家泊をおすすめしたい最大の理由は、圧倒的に星空がキレイだから。

undefined
©GINGERweb

ホテル泊だと、灯りが多いので、思ったより星空が見えないことも。しかし、民家泊の場合、近くにさとうきび畑が広がっていることも多く、その小道に入れば・・・そこは満点の星空が。3等星まで見えてるんじゃないかというほどの星の多さに、心が澄んでいきます。

undefined
©GINGERweb

一眼レフで写真を撮影すれば、さとうきびと満点の星空を撮れたり・・・。う〜ん、フォトジェニック!
もちろん、日中のさとうきび畑も圧巻! 周囲に気をつけてドローンを飛ばせば、自分がいかにちっぽけな存在かを感じる “ざわわ”な写真を撮ることもできます。

久米島イチの絶景、ハテの浜へ

undefined
©GINGERweb

久米島2日目。最終日ですが必ず寄っておきたいのが、「ハテの浜」。
こちらは東洋イチとも言われたことのある360度海に囲まれた美しい砂浜です。この世の果てに来てしまった・・・という表現から名付けられた、とも言われている絶景スポット。これは行くしかない!

undefined
Licensed by Getty Images

ハテの浜へはツアーでなければ行けません。ボートに乗り、15〜30分程で透き通る海へ到着! 白い砂浜と、美しすぎるエメラルドグリーンの海は都会にはない絶景。言葉を失ってしまいます。透明度がかなり高く、シュノーケリングするとお魚がたくさん!

undefined
©GINGERweb

私は浮かれたフラミンゴ浮き輪でぷかぷか。それだけでも気分爽快。ウミガメに遭遇できることがあるので、出会えたらラッキー。

ハテの浜はシャワーも何もないので、帰る前に温泉へ。バーデハウス久米島では露天風呂を楽しめます。ただお風呂に行く前にもうひとつチェックしておきたいポイントが! ここの横にあるのが、国の天然記念物でもある畳石。カメの甲羅のような石が続いており、これも一見の価値あり!

夕方の飛行機に乗れば、乗継時間も短く最終の東京行のフライトへ。すると日曜中に帰宅。土日しか休んでいないのにスキマトリップができてしまいます。
それでは最後に、秋でも楽しめる沖縄離島・久米島のまとめです。

undefined
©GINGERweb

★金曜の夕方フライトで那覇へGO! 朝から久米島へ
★久米島に着いたらすぐ、海へ
★海辺で乗馬もオススメ
★空港近くのシンリ浜は、緑と海のバランスが最高!
★YUNAMI FACTORYでは絶品ガーリックシュリンプと紅芋シュークリームを
★泊まるなら、一軒家ステイも◎
★ハテの浜は、360度エメラルドグリーンの絶景
★温泉横の石畳は、天然記念物で一見の価値あり!

見どころ満載なのに、土日休みで楽しめるうえ、ハイシーズンじゃない秋の沖縄。あなたもバカンス求めてスキマトリップしてみませんか?

文・写真/もろたけいこ

元記事を読む