1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 星座グループ別【海外で暮らすなら?】牡牛座は古城が多いルーマニア!

星座グループ別【海外で暮らすなら?】牡牛座は古城が多いルーマニア!

  • 2019.10.10
  • 17496 views

人や物が、世界的に流通するグローバルな時代。あなたもこの先、ずっと日本に住み続けるとは限りません。もしかしたら、今よりも暮らしやすい場所があるかもしれないのです。そこで今回は、星座グループ別に、あなたが海外で暮らすなら、どの国がいいのかみてみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……ラテンの国
ハイテンションな火の星座。おとなしい人が多い日本では、浮いてしまうこともある様子。そんな火の星座が海外で暮らすなら、明るく陽気な、ラテンの国がぴったりでしょう。たとえば、情熱的な牡羊座は、闘牛とフラメンコの国スペイン。獅子座は、甘い言葉をささやいてくれるアモーレの国、イタリア。射手座は、ブラジルのカーニバルで踊り明かしそう!

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……伝統と歴史を重んじる国
大地のエレメントである、地の星座。しっかりと、地に足をつけた生活を好みます。また、長年培われた伝統や芸術などに、造詣が深いタイプ。地の星座が海外で暮らすなら、伝統と歴史を重んじる国が向いているでしょう。たとえば、牡牛座は古い城が多いルーマニア。読書好きな乙女座はイギリス。厳格な山羊座はドイツなど、住めば住むほど味わいが出てくるはず。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……最先端の国
新しいものや、斬新なものを好む風の星座。好奇心旺盛なので、刺激のある場所が合っているでしょう。風の星座が海外で暮らすなら、最先端の国がベター。情報に敏感な双子座は、流行の発信地であるアメリカ、おしゃれな天秤座は、ファッションの都パリがあるフランス。意識が高い水瓶座は、環境問題の先進国スエーデンなど。充実した毎日を過ごせるでしょう。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……アジアの国
共感能力が高い、水の星座。家族や愛する人たちとのつながりを、重視するでしょう。水の星座が海外で暮らすなら、アジアの国がおススメです。家族を大切にする蟹座は、大家族で暮らすモンゴル、手抜きをしない完璧主義の蠍座は、勤勉な国民性のベトナム。ロマンティックな魚座は、幻想的な魅力のインドネシアなど。地元の人との絆も大切にするでしょう。

海外で暮らせば、視野も広がります。また、日本のよさを再認識できるでしょう。機会があれば、ぜひ、あなたに合った海外で暮らしてみるといいかもしれません。
(金森藍加)
※画像出典/shutterstock

元記事を読む