1. トップ
  2. 黒羽麻璃央や山谷花純が仙台牛をアピール! 尾形貴弘も「センギュー!」

黒羽麻璃央や山谷花純が仙台牛をアピール! 尾形貴弘も「センギュー!」

  • 2019.10.10
  • 93 views
10月9日の「仙台牛の日」を記念して開催された発表会に、宮城県出身の黒羽麻璃央や山谷花純らが出席。司会も宮城県出身のパンサー・尾形貴弘が務めた
KADOKAWA

【写真を見る】登壇者一同に仙台牛が振る舞われたが、司会者には渡されず、尾形貴弘は土下座して「食べさせてください!」と懇願

黒羽麻璃央や山谷花純らが、10月9日の「仙台牛の日」を記念した記者発表会に出席。出身地・宮城県の仙台牛をアピールした。

10月9日=1009(せんきゅう)から仙牛=仙台牛の日と定められたこの日の発表会の司会を務めたのは、黒羽と同じくみやぎ絆大使のパンサー・尾形貴弘。

尾形は開口一番、会場に集まった取材陣に「皆さん、センギュー!」と持ちネタの「サンキュー!」をもじってあいさつした。

続いて黒羽や山谷、大食いビューティークリエイターの木下ゆうかが登壇。

黒羽は「こういう記念すべき日に呼ばれるような俳優になれて良かったです。宮城県はお米もお魚もお肉もおいしい、無双状態です!」と、地元の魅力をアピール。

山谷は「ずっと地元の仙台に携わる仕事をしたいと思っていたので、夢がかなってうれしいです」と、喜びの声を聞かせた。

また、自らのYouTubeチャンネルで仙台牛の大食いにチャレンジし、どのくらいの肉を食べたのかと聞かれた木下が「ご飯と一緒だったので、肉だけでどのくらいかは分かりませんけど…合わせて8kgくらい」と答えると、取材陣からどよめきが。

村井嘉浩宮城県知事は「木下さんはご飯を食べながら肉ではなく、ご飯はちょっとだけで、ほとんど肉だけで8kg食べてました(笑)」と明かして、笑いを誘った。

黒羽や山谷、フードファイターでYouTuberの木下ゆうかの他、シンガーの安田レイらも来場した
KADOKAWA
村井嘉弘宮城県知事らと共にモエ・エ・シャンドンで乾杯
KADOKAWA

その後、会場には仙台市中央卸売市場食肉市場で名誉賞を受賞したチャンピオン牛の肉が登場。銀座の有名店のシェフがその場で調理し、モエ・エ・シャンドンで乾杯した後、登壇者や取材陣に振る舞われた。

だが、司会者には配られず、尾形は「食べさせてください!」と、村井知事に土下座して懇願。

知事から「尾形さんのおじいちゃんは(宮城県桃生郡)鳴瀬町の町長だったんですよ。尾形さんには全くお世話になっていませんけど(笑)、おじいちゃんには世話になったので特別に」と言って、肉を渡された尾形は「じいちゃん、センギュー! とろけるー!」とチャンピオン牛を味わった。

【写真を見る】登壇者一同に仙台牛が振る舞われたが、司会者には渡されず、尾形貴弘は土下座して「食べさせてください!」と懇願
KADOKAWA

黒羽も「わさびソースが負けています、この甘さ!」と絶賛。山谷は「こんなおいしいお肉、初めてです」と感動した後、知事に「私もみやぎ絆大使に…」と直訴すると「いいですよ」と、その場で大使就任が決定した。

それを聞いた尾形は「俺が絆大使になるまでにどれだけかかったと思っているんだよ! こんな1分で決まっちゃうのか!」と言いつつ「仲間が増えるのはいいこと」と、山谷を歓迎した。

会場には「全農COUNTDOWN JAPAN」(TOKYO FM)でパーソナリティーを務める歌手の安田レイも登場し、スペシャルライブとして「Brand New Day」「over and over」の2曲を披露。

「歌う前においしいお肉を食べさせていただいたので、のどが潤っていい歌が歌えました」と語った。

終盤には安田レイのスペシャルライブも行われた
KADOKAWA

発表会終了後に行われた囲み取材で、尾形は「MCは普段あまりやりませんけど、皆さんがよくしゃべってくださったので助かりました。これからはMCもやっていきますかね。宗さん(さとう宗幸)もいいお歳ですし」と、地元テレビ局にさりげなくアピールも。

最後に、尾形の「センギュー!」に続いて、登壇者陣が「仙台牛!」と、テレビカメラに向かってコール。淡々と見守る取材陣に、尾形は「そんなに笑いが起こるものじゃないから、こういうの」と苦笑して、発表会を終えた。(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

元記事で読む