1. トップ
  2. 小林幸子、加藤茶夫妻、村西とおるの“大逆転人生”に迫る<シンソウ坂上>

小林幸子、加藤茶夫妻、村西とおるの“大逆転人生”に迫る<シンソウ坂上>

  • 2019.10.10
  • 51 views

10月10日(木)の「直撃!シンソウ坂上 SP」(夜9:00-10:48、フジテレビ系)では、小林幸子、加藤茶&加藤綾菜さん夫妻、そして、「全裸監督」(Netflix)が注目を集めている村西とおるといった、人生で一度どん底を経験したのち、奇跡の復活を遂げた3組を取り上げる。

【写真を見る】結婚に至るまでの過程を語る加藤茶(左)、加藤綾菜夫妻(中央)

事務所スタッフの退社が大騒動に発展

“騒動”について明かした小林幸子
(C)フジテレビ

MCの坂上忍は、都内にある小林の自宅を訪ねる。6月に引っ越したばかりの新居で、今回がテレビ初公開。新居内の衣装部屋には、姉と慕った故・島倉千代子の着物の端切れから作ったはんてんや、10歳の時に恩師である作曲家の故・古賀政男氏にあつらえてもらった着物など貴重な品々がずらり。

さらに、防音設備を完備した部屋や、シャンプー台まであるパウダールーム、大きなサウナを備えた風呂など、坂上はその豪華さに圧倒される。また、以前に住んでいた家と新居である大豪邸の驚きの関係性も明かされる。

小林は、「NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)に33年連続で出場、2011年には結婚し、順風満帆な芸能生活を送っているように見えたが、2012年3月末に長年苦楽をともにした事務所スタッフたちが退社。これが自主退社なのか、小林による解雇だったのかで大騒動に発展。報道によって小林のイメージが悪くなると、レコード会社から新曲の発売延期を通告され、仕事も相次いでキャンセルされてしまう。

小林は悩んだ末、所属していた大手レコード会社から独立し、自主レーベルを設立。「紅白歌合戦」出場を見据え新曲を作ろうとしたが、音楽関係者はイメージが悪化した小林との関わりを避けるかのようだったという。失意の中、小林はある大物歌手を頼る。

他にも、小林はインターネットの世界で“ラスボス”と称されるきっかけとなった「ニコニコ動画」への出演の背景や、彼女の代名詞でもある超豪華なステージ衣装へのこだわり、巨大衣装の裏側に隠された驚くべき仕掛けなどを語る。

4年で5回の引っ越しを余儀なくされる

【写真を見る】結婚に至るまでの過程を語る加藤茶(左)、加藤綾菜夫妻(中央)
(C)フジテレビ

また坂上は、2011年に結婚し、結婚9年目を迎える加藤茶&綾菜さん夫妻を、彼らが出会ったすし料理店で直撃インタビュー。

結婚当初、45歳差ということもあり、世間から想像を絶するバッシングを受けた綾菜さん。自宅が特定され、自転車を木につるされたり、引っ越し直後からいたずら電話をかけられるなどすさまじいほどの嫌がらせを受け、4年で5回の引っ越しを余儀なくされたという。

加藤は「ある番組に出演した際の様子がおかしい」と重病説まで流れたが、この時に手足が震え筋肉の動きが悪くなるパーキンソン症候群を患っていたことを告白。当時、手足が硬直し寝たきり状態となり、体重も38キロまで落ちてしまったことが明かされる。この時も綾菜さんは「毒を盛った」などといわれのない批判を浴びたが、加藤の病の原因は意外なものだった。

さらに、二人は結婚に至るまでの過程を詳細に語る。二人のデートの際には、なぜか加藤の盟友である二人の大物芸能人が同席していたという。当初は加藤の結婚に反対していたという二人の大物芸能人とは。また、加藤夫妻が住む自宅を公開。加藤の健康を気遣う綾菜さんが、加藤を思って作る愛妻弁当の隠し味も明らかに。

懲役370年を求刑

対談を行った村西とおると坂上忍(写真左から)
(C)フジテレビ

坂上は村西とも対談を実施。話題沸騰となったドラマ「全裸監督」で、主演の山田孝之が演じた役柄の元となった人物が、伝説のセクシービデオ監督・村西だった。現在71歳の村西は、まさに波瀾(はらん)万丈な半生を歩んできた。

年商100億円という時代もあれば、会社が倒産し一文無しという時代も。また、撮影方法があまりに過激だったことが問題となり、ハワイでFBIに逮捕された際には、裁判で懲役370年を求刑されたことも。

その後、衛星放送事業に進出するものの、すぐに失敗し50億円もの借金を抱えてしまう。今回は、借金を返済するために奮闘していた頃の村西の撮影現場に密着した超貴重映像をテレビで初公開する。

坂上との対談では、多額の借金を抱えたどん底時代の思い出や、3度の結婚など、ディープな内容が次々と語られる。さらに、現在の村西の仕事ぶりに密着すると、彼が手がける新ビジネスの様子が明かされる。

スタジオゲストには、新木優子、カズレーザー、川田裕美、田中卓志、松嶋尚美、薬丸裕英が登場する。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む