1. トップ
  2. Mattも笑顔に!レッドブルの“おバカ”レースで大盛り上がり

Mattも笑顔に!レッドブルの“おバカ”レースで大盛り上がり

  • 2019.10.9
  • 213 views

10月6日、よみうりランド園外の特設会場(東京都稲城市・神奈川県川崎市)にて、「Red Bull Box Cart Race Tokyo 2019(レッドブル・ボックスカート・レース東京2019)」が開催された。人気動画クリエイターの「水溜りボンド」ら計60チームが出場し、そのレースの“おバカ”っぷりに会場は大盛り上がりだった。

【写真】製作費100万円というゴージャスなカート

【写真】製作費100万円というゴージャスなカート
KADOKAWA

同イベントはユニークな“手作りカート”レース。カーブやジャンプ台などの障害物が設置された、全長およそ300メートルの坂道を“動力を搭載しない自作カート”で走り、そのカートのクリエイティビティやタイム、レース前のパフォーマンスで競うレースとなっている。今回は、動画クリエイター「水溜りボンド」や「東海オンエア」らのチームを含め、計59チームが参加。

動画クリエイター「水溜りボンド」が登場すると黄色い歓声が!
KADOKAWA

そして、今をときめくタレントのMatt(アーティスト)をはじめ、高梨沙羅選手(スキージャンプ、レッドブル・アスリート)、山本雅史氏(ホンダF1マネージングディレクター)、世界No.1B-Girlのami(Red Bull BC One World Final 2018年初代世界女王)、久保田雅人氏(NHK教育テレビ「つくってあそぼ」ワクワクさん)ら、豪華メンバーが審査員を担当。各チームのパフォーマンスを厳しくジャッジしつつ、独創的なチームが登場すると、審査員席も笑いに包まれた。

タレントのMatt(アーティスト)が審査!
KADOKAWA

印象的だったのは、当日は雨が降ったり止んだりといった悪天候だったにも関わらず、多くの人が来場し、各チームに温かい声援を送っていたこと。レース開始直後には、“「奈良」をアピールするため作成した”という、大仏型カートが登場したのだが、意外にもスイスイとゴールにたどり着いて高タイムをマークし、初っ端から大歓声の嵐だった。

意外にもスピーディだった大仏カート
KADOKAWA

また、ゴール手前のバンク(ウォール)でクラッシュするも、あと少しの距離を足でこぎながらなんとか完走したチームや、スタート前にタイヤがパンクしてしまったチーム、カートを約1万円で制作したチームや、「100万円はかかった」というゴージャスなカートを用意したチームなどにより、悲喜こもごものドラマが演出された同レース。

ゲストとしてレースに参加した佐藤琢磨選手も楽しんでいたようで、バンクを攻める際にさすがのハンドリング技術で魅せ、「この道に進もうかな」とジョークを飛ばしていた。

大きな車体でもバランスがよければスピーディだったりする
KADOKAWA
蜂をモチーフにしたチーム
KADOKAWA

(東京ウォーカー(全国版)・平井あゆみ)

元記事を読む